人気記事ランキング

縁側なびをはじめて1か月が経ちました。

ありがたいことに、好評のようです。

1か月どの記事が一番よかったか、Facebookのいいね!数で
ランキングにしてみました。

堂々の1位は、、、
築百年を超える文化財、クロスケの家
クロスケの家
いろんなところで告知したこともあって、134いいね!いただきました。

第2位は、、、
日本が好きな人が住みたい家
64いいね!でした。

第3位は、、、
2・26事件の現場是清邸で、2・26事件をググる
是清邸
実はこれ、50いいね!は超えていたはずなのですが、なぜか今は反映されていません。ショック。

第4位は、、、
都心にある古民家カフェ、DADA CAFE
dadacafe
49いいね!でした。

第5位は、、、
古民家は今では建てれないの?
40いいね!でした。

一応、5位までにしておきますが、
違う端末で記事をあげると、いいね!が反映されないという悲しい出来事がおこったり
URLを編集し直すと、それが反映されてなかったり?と、絶対いいね!されてもいいはず!
という記事がされてないとショックを受けたりしました笑

特にスタバの記事。
縁側のある鎌倉スタバ
スタバ
1いいね!なんですけど、私の端末だけでしょうか???笑

このように、なにかを続けていくことの難しさを実感していますが
とても楽しいです!!

これからも日本にある素敵な縁側を求めて
津々浦々日本各地を周れたらいいなと思っています。

東北最大級の野外博物館、かやぶき屋根の家がたくさん

みちのく民俗村

みちのく民俗村

今回は、岩手県北上市にあるみちのく民俗村です。
竪穴式住居から武家屋敷、商家、南部曲り家など、丘陵全体が歴史的建造物の展示場になっています。

ちなみに、これは4年前に行ったので、写真もたいしてうまくないのと
記憶があいまいなのですが、自分でも驚いたことに縁側の写真がありました笑

みちのく民俗村

みちのく民俗村

みちのく民俗村

みちのく民俗村

みちのく民俗村

Exif_JPEG_PICTURE

みちのく民俗村の中は、谷間と丘陵地からなる約7万平方mあり
四季を感じることができます。
みちのく民俗村

Exif_JPEG_PICTURE

たくさん建物があったのですが、19歳の時のことで、
記憶があいまいですが、人生ではじめてこのような立派なかわぶき屋根の家を見て
感動したのを覚えています。

Exif_JPEG_PICTURE
2日間の旅の中で、1番きれいに撮れたのではないかと思う写真。

024-0043
岩手県北上市立花14地割59
午前9時~午後5時(ただし、入館は4時30分まで)
一般500円 高校生240円 小・中学生170円
・団体20人以上(一般400円 高校生180円 小・中学生120円)
JR北上駅発-江刺バスセンター行 または、熊沢行で約15分、展勝地下車、徒歩2分

なぜ今は古民家を建てれないの?

main_02

今日は、古民家イノベーションPRJ主宰の赤峰さんにインタビューしました!

『今は古民家って建てれないんですか?』

多くの人からこの質問をいただきます。
正確には古民家というよりも、昔の様な民家ということですね。

みんなにわかるように簡単に説明すると、3つの要因があります。
①材料
②技術
③法律

大きくこの3つの要因があるために昔の様な民家は建てることができません。

①材料

昔は国産の良質な木材がたくさん山にありました。

今でも多くの国産の木はありますが、樹齢が少なく昔の様な大径材(太い木)はほぼありません。昔の民家は壁や柱が少なく、大きな梁や柱で作られていました。

今は大径材は国内に流通するほどないのです。

②技術

今現代では、工業化が進み何でも機械で生産するようになりました。

そのおかげで、昔の古き良き技術の伝承が行われずに、その技術や知恵が失われかけているのです。

③法律

昔の古民家と今の家では構造自体が違います。昔は伝統構法。 現代では木造軸組み工法といって構造の考え方が違います。
中には例外的な計算方法を用いた工法もありますが、基本的には今の建築基準法では 昔の様な木組みで建てることはできません。

上記のように今では昔の古民家と同じ民家は建てることは出来ませんが、近い民家を建てることはできます。

古民家には素晴らしい技術や知恵、考え方が詰まっています。

無理に古民家と同じように建てるのでなく、その存在を大切にし、古民家を作った先人たちに学び、今の家づくりに活かせることができればこんなに素敵なことはないですね。

私が、古民家建てたい!という発言から、でも今は建てることができないんだよー
と衝撃的発言を受けたので、今回掲載しました。

赤峰さん、ありがとうございました!!
また、インタビューさせていただきます!

今どきの縁側恐るべし

20130727-173144.jpg

今の市場には、どんな縁側があるんだろう?と思って調べたところ

これがいまどきの縁側らしいです!!
ベランダに縁側。

もし、友人宅のベランダにこれがあっても、おしゃれな縁側だねー!とは言えない気がします。

むしろ、え!?これ、縁側なん!?笑
今どきの縁側は、、、

と、今どきの若者は、、、のように言ってしまいそうです笑

ちなみにこれは6900円です。

日本が好きな人が住みたい家

main_02

面白いデータがあったので紹介します。
愛国消費 欲しいのは日本文化と日本への誇り』、消費社会研究家の三浦展さんよる書籍です。
以下ピックアップです。

「日本が好きな人が住みたい家」

「あなたは以下のような家に住んでみたいと思いますか」という質問では、日本好きな人でも
・建築家に頼んで作った個性的なデザインの家
・地中海風のリゾートマンション
・都心の超高層マンション
が、それぞれ3割台と人気がある。しかしこれは、「日本が好きでも嫌いでもない以下」
(「好きでも嫌いでもない」「あまり好きではない」「好きではない」の合計)
の人との差があまり大きくない。

確かに私もリゾートマンションには憧れのようなものがありますし
個性的な家もこれまたいいな、と思い、お台場に行けば
レインボーブリッジの見える高層マンションにもちょっぴり憧れがあります。

ここから面白いです。
対して、日本好きな人は「京都などの町家」も約35%が住みたいと答えており、
「昭和以前に建てられた木造の一戸建ての古民家、トトロの家のような家」も
21%いる。しかし「日本が好きでも嫌いでもない以下」の人は約9%しかない。

差がありますよね。
なぜでしょうか。。。
うーーーむ。。。
そりゃ日本が好きでも嫌いでもないからだろ!という声が聞こえてきそうですが。

クロスケの家(母屋)

冬は寒くて暮らしづらいですが、
やっぱりいいですよね~
古民家。

忘れがち、お寺の縁側

妙福寺

D5000 065

意外と忘れがちな地元のお寺、妙福寺(大田区)に行ってきました。
登録有形文化財で、弘安5年に創建しました。

D5000 067

妙福寺

実際、この縁側に座ってのんびり、なんてことはできませんが
建物として楽しむのはありかなと。。。

お家になくても、近くのお寺だったらあります。

中をうろうろすると、、、
なんと、、、

縁側

縁側発見!!!
ちょっと薄暗いところで夕方以降は絶対怖い気がしますが
お昼ごろだったので

D5000 082

こんなかんじに座って上をみると緑がわっさーとあります。
隣は洗足池がみえます。

誰もいないので、ここに座ってぼーっとしちゃいました笑

妙福寺

最近、縁側のために外に出歩いていたので、何回か熱中症になりました。。。
そして、行きたいところには未だに行けず。。。

お寺は、蚊がたくさんいるのでご注意を。

東京都大田区南千束2-2-7
最寄駅
洗足池駅(東急池上線) 174m
長原駅(東急池上線) 549m
北千束駅(東急大井町線) 585m

夏は蚊取り線香の匂いがする縁側のある家

main_02

鎌倉のスタバに行ったとき
母の友人(きんちゃん)が鎌倉に住んでいるということもあり、1年ぶりに再会を果たした。
その時、きんちゃんが縁側の起源であることを思い出した。

どこで縁側の良さを知ったんだろう?
思い出そうとしても中々思い出せない。
幼少期に起源があるはずなことは確か。

三つ子の魂百まで、というし。

その時、もう22歳か~(あと数日で23歳)
という話から、昔話に入る。

きんちゃんの実家は鎌倉市材木座にあった。

小さい頃(3歳)からお盆になると行っていて、おばあちゃんの家みたいだった。

玄関に行くまでは
弦巻茶屋
こんなかんじだった気がする。

入ると蚊取り線香の匂いがして、セミが鳴いている。

居間は小さいが、縁側があったことを思い出した。
広い庭ではないが、庭には犬がいて、緑が生い茂っていた。
暑いから扇風機で涼み、知らない間に寝ている。

D5000 046
確か縁側はこんなかんじだった。これより小さかったけど。

小さい頃に体験していた、縁側。
立派な家とかではなく、小さいけど縁側があって
庭が広いわけでもなく、庭の手入れがされているわけではなく
わっさーっと緑がいっぱいあった記憶。

言葉では現しずらい記憶。
これぞ日本の夏。

やはり、小さい頃に素敵な縁側を体験していたんだ。

と、思い出したというお話。

縁側のある鎌倉スタバ

スタバ

スタバ

今回は、鎌倉にある縁側のあるスタバです。
日本全国に現在8軒しかない、スターバックス コンセプトストアの一つです。

D5000 010

D5000 009

スタバ

D5000 018

スターバックスコーヒー御成町店は、広々した一戸建てのお店。
昭和に活躍した漫画家、横山隆一の邸宅跡に建てられています。

いつも通る時、混んでいる印象があったので
午前から行ってきました。

さすがに午前は地元の人が本を読んだり。仕事をしたりしてました。
天井が高くて、店内は明るく開放感があります。

縁側のあるスタバ。素敵でした。
観光客が多いのですが、窮屈さを感じない。
夕方以降は観光終わりに立ち寄る人が多いので
午前に行くのをおすすめします。
今日のような涼しい日はテラス席での読書最高でした。

スタバ

いやー、本当に1番好きなスタバです。

ノマドワーカーは平日行ってみるといいでしょう。

●スターバックスコーヒー鎌倉御成町店
鎌倉市 御成町15-11  TEL 0467-61-2161
営業時間 8:00~21:00
不定休

日本の家についてインタビューしました

main_02
(画像はOzmallより)
【読了時間:1分】

この画像めっちゃいいですよね。
こういうカバー画像作れる人募集中です。
私に力を!!

今回は、、、
スターディ・スタイル一級建築士事務所の小林一朗さんに勝手にインタビュー!!

Q「日本の家は昔は、開かれた家、個室という概念はなかったと思うのですが、
最近は個室があって当たり前な家が多くなってきましたよね。
対して、欧米は小さいときから自分の部屋があって、寝る時も1人、という文化がありますが、
なぜ日本は個室文化が合わない(私は合わないという認識)のでしょうか?」

A「日本人は一つの部屋を居間や食卓、寝室と、布団の上げ下げを行って、
寝るときは川の字に寝てという生活を行っていました。
まぁ、庶民の話ですが。
その中で家族とはいえ、プライバシーを確保することがとても難しい状況があったわけです。
一方、アメリカなど欧米では、本当に幼い頃から個室が与えられて、
物心つく前から個室があることも珍しくないくらいの、日本とはとてもかけ離れた生活があったわけです。」

Q「私は、個室も必要だと思いますが、個室が何部屋もある家ってどうなのだろう?って思います」

A「日本人は集団の中で、もしくは家族の中で、そのまま居られる特性を持っています。
今の日本人はちょっと違うかもしれないですが、もし感じるのであれば、
そういった側面から「個室」に違和感を感じるのかもしれないですねー」

Q「昔の日本の家は、外と内が曖昧で、人を招き入れやすかったと私は思うのですが、
どういった時代背景で縁側含め、閉じた建築になったのでしょうか?」

A「意外とシンプルに家主が家にいる時は、家のカギが開いていて、ご近所さんは勝手に入ってよかったってのがあります。
縁側は庭や景色を楽しむ装置だけど、外から見れば家に人が居るかどうか分かりやすいって効果はあるかもしれないですねー。
どちらかといえば、建築的な効果よりは、地域社会というコミュニティの効果の方が大きく、そもそも知らない人が自分の町中にいることがイレギュラー(要は交通手段に乏しい)な時代背景も関係してます。
公共交通機関や車の登場で、町の行き来が簡単になり、町に本当の他人が入り込むようになったことが、境界線を明確にし、家にカギをかけ、防犯を気にするようになった一番の要因で、それに伴い建築物も閉じていった訳です。」

Q「日本の家はどんな役割をしていたのでしょうか?」

A「日本の家は地域社会と密接な関係を持つ空間構成が成されてたってことですね!
都心部になればなるほど、地域社会が薄れているのは日本の社会問題であり、建築の問題でもあるわけですね。」

本当は事例含め、詳しく説明していただいたのですが
抜粋して載せました。
一朗さんありがとうございました!!

今度は勉強してから、突っ込んで行きたいと思います!!笑