松江で感じる武家屋敷、小泉八雲邸

Pocket
LINEで送る

小泉八雲

以前、訪れた小泉八雲旧居です。

『怪談』や『骨董』などの著作で知られる小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)と
元松江藩士の娘セツが、明治24年5月から11月までの約6ヶ月間新婚生活を過ごした邸宅。
江戸時代中後期に建てられた松江藩士の武家屋敷で、
母屋を取り囲むように、自然の山水を絡めた造りの日本庭園があります。

D5000 137

D5000 138

こじんまりとした部屋が何部屋かありました。
屋敷なのですが、屋敷と感じさせないというか。。。

写真をあまり撮っていなかったので
伝えることができませんが、
松江に行かれる際は
出雲大社ももちろんですが
小泉八雲旧居へも訪れてみてはいかがでしょうか。

島根県松江市北堀町315
3月~11月 9時~17時(受付は16時40分まで)
12月~2月 10時~16時40分(受付は16時30分)
JR松江駅よりレイクラインバスで小泉八雲記念館前バス停下車
大人350円 小人180円

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA