古民家マンションみたいなのできればいいのに!

Exif_JPEG_PICTURE

【読了時間:30秒】

今日は縁側での過ごし方の理想を話します。

縁側は縁側だけあっても楽しめない。
そこには庭や景色があってはじめて成り立つ。

祖母の家にも一応縁側はあるが、目の前がグレーの壁。
風も通らずそこで座ってぼーっと。なんてことにはならない。

最近は古民家カフェなどもでてきていいとおもう。
だけど、古民家の持つ風合いというか雰囲気がない。
もちろんリノベしてビジネスとして成り立っているのだから
素晴らしいと思う。

でも私はなぜか心は弾まない。
自分でいうのもあれだが、
平成生まれながらにして昭和の良さを知っていると思う笑

なぜ縁側に惹かれるのか。
ただ単に落ち着くから。
でもそこには縁側と畳と景色が必要。

Exif_JPEG_PICTURE

あと1か月もすれば甲子園が始まる。
畳の部屋で甲子園を見ながら感動し
縁側でスイカを食べて
夕方は相棒の再放送を観ながら昼寝。
夜は友達がきて、庭で花火。

なんて最高な夏!

ちなみに、相棒って何回もこれ観たって思っても観ちゃう。
だけど大抵35分くらいのところで寝はじめる。

昔は縁側があった、とか、縁側のある家で育った、
と、これをはじめてから縁側自慢をされることが多くなった。

いいことだと思う。お家自慢。
家のことを自慢できる人ってあまりいない。

なんというか、、、
古民家マンションみたいなのができればいいのに!!笑
日本独特の曖昧なかんじの。
境界がないつくり。

誰か作ってくれないかなー。安く笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です