住宅街にひっそりと佇む、弦巻茶屋

弦巻茶屋

【読了時間:30秒】
今回も雑誌などで多く取り上げられている古民家レストラン、弦巻茶屋に行ってきました。
鈴木健太さんからのご紹介)

今回、痛恨のミスをおかし建物全体の写真を撮り忘れました(泣)
ショックすぎます。
そしてちゃんと縁側の部分も撮れてないです(泣)
縁側あります。

桜新町はサザエさんと住宅街というイメージで
まさに弦巻茶屋は住宅街の中にありました。

弦巻茶屋
特にこの看板は歩いていると見えません。

では、入って行きます。
弦巻茶屋

お庭での食事も可能です。

D5000 018

D5000 019

弦巻茶屋

ちなみにここはスペイン料理のお店で
建物は純和風の建築なのに、どこか異国情緒が漂うこのカフェは、
元貿易商のオーナー・中村さんが、日本人だけではなく、母国を離れて日本に来ている外国人の方にも、落ち着いてゆっくりとしてもらえるにと、2004年5月にオープンしたお店です。
オーナーの中村さんは、貿易商としてフランスで生活していたときに、仕事やプライベートでモロッコへ出かけることが多く、そのときにキャンドルの灯りをより美しく演出してくれる、モロッコランプの輝きと日本家屋との融合に強い魅力を感じたのだそう。

弦巻茶屋
畳ではなく、石畳になっています。

D5000 026

弦巻茶屋

ちなみに料理の写真も撮り忘れました(泣)
一番おいしかったのは、パエリアでした!4人くらいで食べるのがちょうどいいです。

店内は、女性客や家族連れが多く、予約していった方がいいでしょう。

 

Access・東急田園都市線「桜新町」駅から
 徒歩12分
・目黒方面~都バス
 「弦巻中学校前」下車
・渋谷方面~都バス
 「新町1丁目」下車
・Address
 〒154-0016
 東京都世田谷区弦巻2-18-2
 2-18-2 tsurumaki setagaya-ku tokyo
・Tel / Fax
 03-5799-3257

縁側自慢大会とかやってみたい件

古桑庵

【読了時間:20秒】
縁側なびをはじめて、
驚いたことがある。

それは、縁側があったことや縁側の家に住んでいること

を自慢される。

おじいちゃんの家にあったよー
実家にあったよー
昔は銭湯にもあって鯉もいたんだー
私の家にも縁側があって、取り上げてもらえませんか?

特に最後。
このサイトに感動してくれたようで、ぜひ1度来て下さい!
と言われた。
とても嬉しくて今年中に行くことを約束。

お家の自慢をされることってあまりない。
新築だったり、注文住宅だったら
自慢するかもしれない。最初の何年かは。

むしろ、家の自慢されたら、
なに、自慢??
と妬みに変わりそうだが
縁側を自慢されてる時はそれを感じなかった。

縁側っていいですよね~!
という話になってむしろ盛り上がる。

やっぱり、縁側いいよね~と思っているのは
私だけではなかったらしい。

NHKのど自慢のように
縁側自慢大会があってもいいなーと。

みんなの前で発表ではなく
ツアー式。
津々浦々。大会だけどお互いの縁側を褒め合う。
平和な大会。そんな大会もあっていいのでは。

本当は教えたくない、自由が丘古民家カフェ

古桑庵

D5000 015

【読了時間:20秒】
今回は、自由が丘にある古民家カフェ、古桑庵。
本当は、本当に教えたくないんです!!
が、雑誌には多く取り上げられている所ですし
古民家感めっちゃあります。とても落ち着く場所です。

では、入っていきます。
D5000 004

古桑庵

玄関に入ると蚊取り線香の匂いが香ります。。。
おばあちゃんの家に帰ってきたかんじ。

古桑庵

D5000 011

入って右側はこんなかんじで、行ったのは11時すぎだったので
左側の座敷はまだ空いていませんでした。
ここ↓
古桑庵

この日も35度あったので、もちろんかき氷!を注文。
古桑庵

ちなみに、おすすめはあんみつです。

古桑庵は、自由が丘にあるだけあって、2時を過ぎると、
待たないと入れない場合があります。
それくらい女性には大人気!
だけど、私は混んでるときに来るとここの良さが
薄れるというか、良さを感じることが難しいので、
土日なら11時半ごろ。
平日なら11時半ごろ。
どちらにせよ、2時頃に行くと激混みで夏は暑いです。
冬はそこまで混んでいないですが。

古桑庵

お昼前に行くのがいいでしょう。

今回は、、、ちょっと趣向をかえて

自由が丘の正面口を出て、みずほ銀行を右にまがり
そのまま直進すると、目の前にわっさーと木が生い茂ってるのがみえます。
その木のところです。
走って2分。

古民家マンションみたいなのできればいいのに!

Exif_JPEG_PICTURE

【読了時間:30秒】

今日は縁側での過ごし方の理想を話します。

縁側は縁側だけあっても楽しめない。
そこには庭や景色があってはじめて成り立つ。

祖母の家にも一応縁側はあるが、目の前がグレーの壁。
風も通らずそこで座ってぼーっと。なんてことにはならない。

最近は古民家カフェなどもでてきていいとおもう。
だけど、古民家の持つ風合いというか雰囲気がない。
もちろんリノベしてビジネスとして成り立っているのだから
素晴らしいと思う。

でも私はなぜか心は弾まない。
自分でいうのもあれだが、
平成生まれながらにして昭和の良さを知っていると思う笑

なぜ縁側に惹かれるのか。
ただ単に落ち着くから。
でもそこには縁側と畳と景色が必要。

Exif_JPEG_PICTURE

あと1か月もすれば甲子園が始まる。
畳の部屋で甲子園を見ながら感動し
縁側でスイカを食べて
夕方は相棒の再放送を観ながら昼寝。
夜は友達がきて、庭で花火。

なんて最高な夏!

ちなみに、相棒って何回もこれ観たって思っても観ちゃう。
だけど大抵35分くらいのところで寝はじめる。

昔は縁側があった、とか、縁側のある家で育った、
と、これをはじめてから縁側自慢をされることが多くなった。

いいことだと思う。お家自慢。
家のことを自慢できる人ってあまりいない。

なんというか、、、
古民家マンションみたいなのができればいいのに!!笑
日本独特の曖昧なかんじの。
境界がないつくり。

誰か作ってくれないかなー。安く笑

自分の信条を貫いた、イケメン白洲次郎邸

武相荘

武相荘

東京都町田市にある旧白洲邸の武相荘に行ってきました。
以前、クロスケの家でお会いしたジモネットの平山さんから教えていただきました。

白洲次郎は、日本人ではじめてジーンズを履いた男などといわれていますよね。

あとGHQとの折衝など。

武相荘は、武蔵と相模の境にあるこの地にちなんで、
また彼独特のひとひねりしたいという気持ちから無愛想をかけてるみたいです。

残念ながら家の中は撮影禁止となっていたので
外の風景のみに。。。

武相荘

D5000 047

D5000 028

お、縁側。。。
座って。。。ぼーっと、緑をかんじる
D5000 051

D5000 052

自分の信じた原則(プリンシプル)には忠実であっただけあり
それを感じる文があった。

『無駄のある家』 縁あって 思うこと より

綿密な計画を立てて、設計してみたところで、住んでみれば何かと不自由なことが出てくる。
さりとてあまり便利に、ぬけめなく作りすぎても、人間が建築に左右されることになり、
生まれつきだらしのない私は、そういう窮屈な生活が嫌いなのである。

俗に言われるように、田の字に作ってある農家は、その点都合がいい。
いくらでも自由が利くし、いじくり廻せる。

ひとくに言えば、自然の野山のように、無駄が多いのである。
原始的な農家は私の気ままな暮らしを許してくれる。

これを読んだ時は私はしっくりきてしまいました。

どうして農家に惹かれるのか。
原始的な暮らしがしたい、のかもしれないですね。
東京に住んでいるので緑を感じることがなく
たまにあえて、明治神宮など緑の多いところに行って
ゆっくりしたりします。

武相荘

それにしても暑かったです。。。

帰りに
金環

キンカンつけて帰りました。。。

虫よけスプレーしたほうがいいでしょう。

〒195-0053 
東京都町田市能ヶ谷7丁目3番2号
10時~17時(入館は16時半まで)
税込 1,000円
最寄駅 鶴川駅

松江で感じる武家屋敷、小泉八雲邸

小泉八雲

以前、訪れた小泉八雲旧居です。

『怪談』や『骨董』などの著作で知られる小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)と
元松江藩士の娘セツが、明治24年5月から11月までの約6ヶ月間新婚生活を過ごした邸宅。
江戸時代中後期に建てられた松江藩士の武家屋敷で、
母屋を取り囲むように、自然の山水を絡めた造りの日本庭園があります。

D5000 137

D5000 138

こじんまりとした部屋が何部屋かありました。
屋敷なのですが、屋敷と感じさせないというか。。。

写真をあまり撮っていなかったので
伝えることができませんが、
松江に行かれる際は
出雲大社ももちろんですが
小泉八雲旧居へも訪れてみてはいかがでしょうか。

島根県松江市北堀町315
3月~11月 9時~17時(受付は16時40分まで)
12月~2月 10時~16時40分(受付は16時30分)
JR松江駅よりレイクラインバスで小泉八雲記念館前バス停下車
大人350円 小人180円

銭湯にも縁側。出た後は縁側で涼みたい。

子宝湯

D5000 064

今回も江戸東京たてもの園です。
行ったのは子宝湯という銭湯。
昭和4年にできたみたいです。

銭湯は個人的に好きで
毎月2回は行っています。

子宝湯

D5000 062

縁側があったことが驚きで!

でも、そういえば大田区の日の出湯さんにも
縁側があった気がしたなぁと。

以前、仕事旅行の番頭さんになる旅
でモニターをした時に日の出湯さんで体験させていただきました。

銭湯のお掃除をした後は、太田区名物の黒湯温泉に入り
出た後は銭湯の歴史などを聞いたりしました。

銭湯も少なくなってきている中での
縁側のある銭湯。

縁側のある銭湯って素敵。

子宝湯

D5000 069

そういえばなんで子宝湯なのか
ちゃんと資料を見てこなかったです。。。

ここに行けば子どもを授かることができる
みたいな感じでしょうか。
多分そうでしょう!!!!

子宝湯

たまには、銭湯に行くのもいいでしょう。

〒184-0005 
東京都小金井市桜町3-7-1
042-388-3300
最寄駅はJR中央線「武蔵小金井」駅か、「東小金井」駅、または西武新宿線「花小金井」駅
入園料 400円 65歳以上 200円

江戸時代の農家、畳が気持ち良くて

天明家

D5000 029

今回も江戸東京たてもの園です。
江戸時代の農家さんの家。

農家さんの家は広くて気持ちいいです。

D5000 031

農家

ここは資料を展示しているわけではないので
畳に座ってのんびりできます。

D5000 038

農家

風の通りもよく、涼しくて最高でした。

蚊取り線香の香りがしたらもっと最高だったなぁと。

D5000 046

ボランティアのおばあちゃんたちが風車を子どもに教えていたのですが
私もやりたくて隣にちょこんといましたが
やめときました笑

耳を澄ませば観ると無性に夏の図書館行きたくなる。

〒184-0005 
東京都小金井市桜町3-7-1
042-388-3300
当園最寄駅はJR中央線「武蔵小金井」駅か、「東小金井」駅、または西武新宿線「花小金井」駅
入園料 400円 65歳以上 200円

2・26事件の現場是清邸で、2・26事件をググる

D5000 008

小金井市にある江戸東京たてもの園に行ってきました。
小金井市ということもあり、
ちょっと遠いのが難点でしたが、
ずっと行きたかった場所です。

江戸東京たてもの園は、江戸東京博物館の兄弟で
たてものだけを扱った博物館です。
失われてゆく江戸・東京の歴史的な建物を移築保存し
展示する目的で東京都小金井市の都立小金井公園内に設置された野外博物館。

まずは是清邸から。

高橋是清

D5000 006

こんなかんじでとくに縁側に座って楽しむ
みたいなことはできませんが
是清さんの歴史はわかります。

ここで事件が起こったのかー

2・26事件てなんだっけ?
と思いながら、家の中を見学。

2•26事件は
日本の陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、
「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こしたクーデター未遂事件。

ちなみに、ウィキペディアに読み方が書いてあり
ニニロク事件というよりは
二ー二ーロク事件と呼ばれている。
と書いてあり
確かにそうだなと納得。
でも、もし海外の方になんで伸ばすのか?
と聞かれたら、なんて答えればいいのだろうか。

感覚で。雰囲気。

とか言っても納得はしないと思う。

ニホンゴムズカシイヨ
オナジイミデイントネーションダケチガウノナンデヨ。

是清邸

D5000 020

とにかく広かったです。
たくさんの畳の部屋がありました。

縁側を楽しむ、というよりは
歴史を感じるたてものでした。

日曜でしたが、そこまで混んでいなくて
気持ちよかったです。

高橋是清について調べていくのがいいでしょう。

〒184-0005 
東京都小金井市桜町3-7-1
042-388-3300
最寄駅はJR中央線「武蔵小金井」駅か、「東小金井」駅、または西武新宿線「花小金井」駅
入園料 一般 400円 65歳以上 200円