実は蚊帳って子どもからしたら何に使われるかわからないものだったりする

Pocket
LINEで送る

旧原家住宅

旧原家住宅

今回は、川崎にある日本民家園です。生田緑地にある古民家を中心とした
野外博物館です。
まず、入口の旧原家住宅から。
江戸時代の流れを汲む木造建築技術が、高度に発達した明治後半期の建物で、
完成まで22年を費やした豪華な二階建ての民家です。

原家は江戸時代からの有力百姓だったようで、豪邸でした。

旧原家住宅

旧原家住宅

旧原家住宅

旧原家住宅

旧原家住宅

旧原家住宅

この日は、朝から岡本公園民家園→旧小坂家住宅→日本民家園で
猛暑ということもあり、すでにフラフラでしたが、やはり家の中に入ると
涼しくて落ち着きました。

どういったもので生活していたかの展示品もあるので
蚊帳もありました。蚊帳には興奮してしまいました。
初蚊帳。
となりのトトロに出てくるやつ!!

こうして博物館まで来ないと、
蚊帳を間近で見ることもないんだなぁと実感。

もしトトロ観たことない子どもがいたとして、これを最初にみたら
透明のテントだと思いそう。
いや、私はトトロを観てても蚊帳が何物なのかわからなかったから
蚊帳って説明されないと子どもにはわからないものだったりする。

もうそんな時代。

川崎市多摩区枡形7-1-1
9時30分 – 17時(3月 – 10月)、9時30分 – 16時30分(11月 – 2月)
毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始などが休園日
入場料金 大人500円
小田急電鉄小田原線 向ヶ丘遊園駅から徒歩約15分

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA