折りたたみ式縁側!?

井岡家

井岡家

今回も、川崎にある日本民家園です。生田緑地にある古民家を中心とした
野外博物館です。

井岡家住宅です。
奈良県奈良下高畑町に沿って建てられていた油屋。

井岡家

井岡家

井岡家

縁台と呼ばれるもののようで、商売をやめてからは夕涼みなどに使われたそうです。
縁台

縁台
折りたためるようになってますよね。

井岡家

ちなみに、縁側の定義は
地域差とか流派で呼び名や表現は違うんですけど、ここで紹介しているものは
縁側です!

油屋といわれると、千と千尋の神隠しを思い出しますよね。

川崎市多摩区枡形7-1-1
9時30分 – 17時(3月 – 10月)、9時30分 – 16時30分(11月 – 2月)
毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始などが休園日
入場料金 大人500円
小田急電鉄小田原線 向ヶ丘遊園駅から徒歩約15分

実は蚊帳って子どもからしたら何に使われるかわからないものだったりする

旧原家住宅

旧原家住宅

今回は、川崎にある日本民家園です。生田緑地にある古民家を中心とした
野外博物館です。
まず、入口の旧原家住宅から。
江戸時代の流れを汲む木造建築技術が、高度に発達した明治後半期の建物で、
完成まで22年を費やした豪華な二階建ての民家です。

原家は江戸時代からの有力百姓だったようで、豪邸でした。

旧原家住宅

旧原家住宅

旧原家住宅

旧原家住宅

旧原家住宅

旧原家住宅

この日は、朝から岡本公園民家園→旧小坂家住宅→日本民家園で
猛暑ということもあり、すでにフラフラでしたが、やはり家の中に入ると
涼しくて落ち着きました。

どういったもので生活していたかの展示品もあるので
蚊帳もありました。蚊帳には興奮してしまいました。
初蚊帳。
となりのトトロに出てくるやつ!!

こうして博物館まで来ないと、
蚊帳を間近で見ることもないんだなぁと実感。

もしトトロ観たことない子どもがいたとして、これを最初にみたら
透明のテントだと思いそう。
いや、私はトトロを観てても蚊帳が何物なのかわからなかったから
蚊帳って説明されないと子どもにはわからないものだったりする。

もうそんな時代。

川崎市多摩区枡形7-1-1
9時30分 – 17時(3月 – 10月)、9時30分 – 16時30分(11月 – 2月)
毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始などが休園日
入場料金 大人500円
小田急電鉄小田原線 向ヶ丘遊園駅から徒歩約15分

洋室なのに、障子がある!ひかえめな日本人の良さが出てる旧小坂家住宅

旧小坂邸

旧小坂邸
【読了時間:1分】

前回に引き続き、二子玉川にある旧小坂家住宅です。
旧小坂家住宅は、信濃銀行取締役、信濃毎日新聞社長で、
後に貴族院議員、枢密顧問官を務めた小坂順造(1881年~1960年)が、
昭和12年に別邸として建てた屋敷で、戦時中は日本画家の横山大観も空襲を避けるため、
樹林地の中にあった茶室に一時期移り住んでいました。

ここの洋室は、イギリスの田園住居の趣があるのですが、障子があったりと
日本人のひかえめさが出ています。

旧小坂邸
金色のところには、仏像が置かれていたようで
D5000 074
障子を開けたところには仏壇が置かれていたそうです。
和洋折衷ですね。

旧小坂邸
女中室脇の呼び鈴。各部屋とつながっている呼び鈴が設置されている。
旧小坂邸
台所は、今より低い位置にあって使いづらそう
D5000 089
更衣室
D5000 090
寝室
D5000 091
朝起きたらサンルームで
旧小坂邸
ソファーに座って朝をゆっくり過ごす

ここでは、ボランティアの方々が説明してくれます。絶対聞いた方がいいです。
面白いので。そして、なぜこの建物を残すことができたのか。
それは、小坂さんが生前、自分が死んだらここに住む人はいなくなる。
子どもたちはそれぞれの生活があったため。
そしたら、ここは建て壊すことになるだろう。それを避けるために
世田谷区に死後は世田谷区が管理できるように売却したのです。

明治の中頃を過ぎると、別荘地は東京郊外へと移ってきます。
それが多摩川に程近い岡本から上野毛にかけての国分寺崖線一帯だったので
別荘も多く建てられましたが、現存するのは小坂邸のみです。

未来のために残してくれた小坂さんに感謝です。

〒158-0095
世田谷区瀬田4-41-21
開園時間 9:30~16:30
休園日 毎週月曜と年末年始
入園料 無料
二子玉川駅から徒歩20分

☆5つ!建坪100坪敷地8000坪、純日本家屋の旧小坂家住宅

旧小坂邸

旧小坂邸
【読了時間:1分】
今回は、前回の岡本公園民家園から近い、旧小坂家住宅です。

ここは、本当に感動というか、日本人の良さ、ひかえめな感じと住む人の趣向をよく表していました。
今回は2回に分けたいと思います。

旧小坂邸は、ここが別荘で本宅は奥多摩にあって、東京大空襲で疎開先として
のちにこちらで過ごすことになりました。

まずは玄関でこだわりがわかります。
旧小坂邸
農家のような玄関を思わせる、茅葺風の古民家を意識しています。

旧小坂邸
天井を張らずに、太い和小屋組の梁をみせています。

旧小坂邸
居間
旧小坂邸
茶の間

旧小坂邸
入側といって、濡れ縁と座敷の間にある1間(けん)幅の通路。畳敷きとした場合は縁座敷ともいうようですが、以前ここのことを縁側と紹介してしまったので、もしかしたらそれは縁側ではなく入側といったものだと思います。
ちなみに飲食可だそうです!
でも、ここが縁側ではなくても、扉を開け
D5000 080
ここに座り
D5000 084
庭を眺めることができて、いい気持ちです。
D5000 085

旧小坂邸
縁桁といって、10.6mもある1本ものの京都北山杉の磨き丸太。

今日はここらへんまでにします。次回お楽しみに!
場所は最終回に!このままで2回では終わらなそうです。。。

※入側と縁側は同じでいいらしいです!!

衝撃!高級住宅街にある涼しく気持ちいい古民家

岡本公園民家園

今回は、河内文雄さんに紹介していただいた、世田谷区二子玉川にある岡本公園民家園です。

二子玉川から徒歩で20分ほどだったので、歩いていくと、、、
高級住宅街なんですが、ちょっと田舎っぽさも残っていたり。

例えば、、、
岡本公園民家園
3世代でザリガニ釣りをしていました。
これが田舎かと聞かれば、そうでないと思いますが、ザリガニ釣りして遊んでる子も、最近はいないなと。
川が流れていると歩いていても気持ちいいですよね。

岡本公園民家園

D5000 012

岡本公園民家園に着いた!と思い、入口に興奮!
と思いきや、ここは自然保護している広場?でした。

岡本公園民家園

D5000 022

D5000 027

くつろいでみる。
D5000 028

縁側。
D5000 029

D5000 030

D5000 032

D5000 033

ま、まけない!
D5000 036

D5000 040

D5000 043

旧加藤家住宅主屋で、江戸時代後期に見られる典型的な農家の間取り形式(整形四ツ間取り)を持つ。
家の内外には、養蚕を行うための造りが多くなされてる。

風が通って、暑いのに涼しかったです。

何が衝撃的かというと、とにかく涼しかったこと。
30度は超していましたが、公園が木で生い茂ってたのでとても気持ちよく
昼寝できそうでした。

昼寝はやめたほうがいいでしょう。

〒157-0076 
東京都世田谷区岡本2-19-1
東急田園都市線二子玉川駅より 小田急成城学園前行きバスで「砧工業高校」下車徒歩5分
又は 生育医療センター行きバスで「民家園」下車徒歩1分
年中無休
民家園:毎週月曜日(月曜日が祝日に当たるときは翌日が休園日となる。)と年末年始(12月28日から1月4日)が休園日(ただし、元旦は、特別開園)

タイムスリップしたみたい!と興奮気味のおば様たち

昭和くらし博物館

昭和くらし博物館

今回は、権田和司さんに教えていただいた、大田区久が原にある昭和くらし博物館です。

建物は、昭和26年に建った住宅で、政府の住宅金融公庫の融資を受けて建てた、公庫住宅で、それも初期のものです。
昭和33年の暮らしを再現しています。

残念ながら中は撮影禁止でしたので、外観をお楽しみください。

昭和くらし博物館

昭和くらし博物館
ここの2階は、手前が子ども部屋で、展示部屋なのですが
この部屋が風通しがよくて、白いカーテンが揺れ、
夕陽が部屋に差し込み、6畳の部屋がとても居心地がよかったです。

展示は、当時子どもの時に流行ったふろくやメンコが飾られていて
懐かしい!という感情は私には起こらず、むしろこれ何!?って思ったものもありました。

印象的だったのは、美空ひばりの双六(スゴロク)ひばり。
双六が読めませんでした。。。

そういえば、子どもの頃から活躍していたんだったと。
私が生まれる前に亡くなったので、、、

昭和くらし博物館

おばさま方が、『タイムスリップしたみたーい♪』とまるで子どものようでした。
縁側に座ってくつろいでいました。
「ラムネもあるー♪」などなど。楽しそうでした。
昭和くらし博物館

意外とどこにあるかわかりません。
昭和くらし博物館
のぼりもあるのですが、ぼーっとしてると見逃します。

右に注意しながら歩いたほうがいいでしょう。

〒146-0084 
東京都大田区南久が原2-26-19
TEL&FAX : 03-3750-1808
◆東急池上線「久が原」駅より徒歩約8分
(「久が原」・・・JR京浜東北線「蒲田」より乗車6分・JR山手線「五反田」より乗車15分)
駅前より「ゆうやけ通り商店街」を抜け、「野津原医院」の左脇の小さな路地を通り抜けた2軒目。

ソーシャルニュースに掲載!?

縁側なびで検索してみたところ、見覚えないのないページがあがっていました。

ソーシャルニュースCeron.jp

そして、そのサイトに『縁側なびとは』が引用されていました。
こちら↓↓
http://ceron.jp/url/engawanavi.com/about/

Twitterやはてなブックマークで注目されたニュースを集めています。

そんなに注目されていないのでは?と思ってしまいましたが。。。
なんだか嬉しいのには間違いないです!

あと、FacebookページのPhotos Japanにも昨日シェアされていました。

嬉しいです。

そういえば、もうすぐ甲子園ですね。
私は、畳の部屋(なぜか昔から和室と呼べない)で
甲子園を見るのが好きです!
甲子園
(サマーウォーズより)

熱い戦いが今年も始まりますね!