移動する美術館がすごい!フランスでも建築用語化している「縁側」

Pocket
LINEで送る

いつも縁側なびにきてくださって、ありがとうございます!

このサイトは、
◎縁側で日向ぼっこしたい人
◎縁側でスイカ食べたい人
◎縁側のある家に住みたい人

のために縁側のある家を紹介したり、
縁側を切り口に、思い描いている生活や縁側でしたいこと(縁側で昼寝したい、とか笑)など、ゆるく発信しています。

また、縁側のある家に住むことを目標にしているので、手に入れるまでの過程もつづっていきます。
未来型移動式ミュージアム

縁側なびを応援してくれている方から「縁側」について書いてある面白い記事を紹介してもらいました!

美術万華鏡

フランスでは新しいアートフェスティバルが誕生したようです。

私たちが美術館に行くのではなく、美術館がみんなのところに来てくれるのです。

サーカスみたい!

さて、この移動する美術館。

特徴は、外とのつながり。わざと扉を設置せず、通り掛かりの人が自然に中に足を運び、気がついたらアートと向き合っていた、という気負いないアート空間を目指しています。

まさに縁側!

屋内でありながら外にいる、今やフランスでもほとんど建築用語化している日本の「縁側」を意識したコンセプトだとか。

フランスの美術館がこのように縁側を取り入れはじめたのはなんだか嬉しいことですよね。

屋内でありながら外にいる

みないなのが海外で注目されたら
日本はなぜこんなにいいものをなくして家を建てるのだろう?
と思われると思うと

日本ダサッwwwwwww

なんで縁側を逆輸入することになるんだよwww

あー、そう思うといやです。

海外の人から
「縁側っていいよな」って言われるの。

発信しているものからしたら
それに気づいていたのに、先をこされて、、、みたいな。

無駄なスペースこそ日本人に必要だと思います。

最近思うのが
日本、特に東京って
なんでこんなに窮屈な世界なんだろう!

満員電車疲れるし…

それが東京だから仕方のないことかもしれないし、それが嫌だったら地方行けって話なんですけど、それじゃずっと東京は窮屈なままじゃん!

田舎は田舎で人づきあいとか
その町で生まれた、生まれてない
というだけで窮屈なことがあるし。

これは私の問題なんですけど、
私、口呼吸で、苦しくなって鼻から一気に吸うようにしているんですよ。

その変な呼吸法に気づいたら
空気は汚く感じるし、窮屈な世界にみえちゃったんですよ!

縁側は窮屈とはほど遠い世界にある

もし、日々の生活で窮屈だと感じている日本人がいたら
縁側の魅力に気づいてそういう家を建てたり、リノベする人が増えて欲しいなと思いました。

=================================
縁側愛好家Twitter:@natsumi_285
縁側なびYouTube:縁側チャンネル

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA