お茶と美味しい田舎料理が300円!静岡の山奥にある縁側カフェに行ってみた

Pocket
LINEで送る

縁側カフェ 大沢

縁側カフェ 大沢
今回、静岡県にある「縁側カフェ」が人気ということで、静岡駅から車で1時間ほどのところにある大沢村に行ってきました。
全方位を霧深い山と茶畑に囲まれた、戸数23のちいさな集落です。

縁側カフェといわれると、古民家を改装したところでおしゃれな食べ物とか出てくるのかな?と想像していたのですが、ここは月に2回(第2,第4日曜日)各家庭の縁側でカフェをするんです。
去年から始まった取り組みらしいのですが、参加している家も多く、静岡県のTV、新聞はほぼ取り上げているみたいで有名な村になったようです。

縁側カフェ 大沢
どの家も茶畑があり、自分のところで作ったお茶を出してくれるので、各家庭ごとに味が違っていてそれもまた面白い。
夏なので、お漬け物や畑で取れたとうもろこしなど出してくれたり、
磯辺焼きや柏餅などなど3〜4品出していただき、それでお値段なんと300円…!安っ!
安いからついついいろんなところを回るのですが、大抵3軒目くらいでお腹いっぱいになります。

温かく迎えてくれるのでまた行きたいって思えて、人気になっているのではないかと思います。
縁側カフェ 大沢
縁側に犬…!縁側に犬がいることはなかなかないので、初めてみて興奮しました笑
縁側カフェ 大沢

縁側カフェ 大沢

縁側カフェ 大沢

縁側カフェ 大沢
各家庭で出てくるお茶や野菜、手作りお菓子が美味しいというのもありますが、
ここの人たちがコンテンツとなっているのが強みだと思います。

よく喋るおばあちゃんもいれば、まったりしているおばあちゃんもいたり、とにかく食べ〜!って言ってとうもろこし2つもくれるおじいちゃんがいたり、話していて飽きないし、とにかくまったりできる。

縁側が憩いの場、交流の場になっているいい例だと思いました。

静岡県静岡市葵区玉川地区大沢

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA