縁側と池泉式庭園が美しい…近代和風建築の傑作といわれる石谷家住宅

Pocket
LINEで送る

鳥取県で宿場町として栄えた「智頭宿」にある石谷家住宅に行ってきました。

見上げれば巨木の梁組み、大黒柱の輝き。近世から近代への建築技術の推移を示す歴史的建造物群です。大規模な近大和風建築物として高く評価され、現在は一般公開されています。

大正8年から10年かけて大改修を行い、当時の最高水準の技術を駆使して近代和風建築の傑作と言われています。

早速見て行きましょう

ずーーーーん。でかっ!

ずーーーーん。でかっ!

石谷家住宅
右には、お偉いさんが入る玄関「式台」。家の格を表すために、武家風の式台が作られた。

土間が広い...!高さ14mの広大な吹き抜け空間。

土間が広い…!高さ14mの広大な吹き抜け空間。

土間からちょっと見ただけで興奮する...!

土間からちょっと見ただけで興奮する…!

食堂から見える庭園がすばらしい。手入れもしっかり!

食堂から見える庭園がすばらしい。手入れもしっかり!


館内を見る前に食堂でランチ
豪華〜♪

豪華〜♪


これいくらだと思います?
なんと

850円!!!
安っ!
どれも美味しくて得意の昼寝をしたくなりましたわ笑

ランチを終え、和室応接から。ここはL字形に濡縁があります。
石谷家住宅 縁側

DSC_0225

石谷家住宅 縁側
木は意外と太い。あまり見かけないかも。
石谷家住宅 縁側

さて、メインの池泉式庭園へ。
石谷家住宅 縁側
お〜!!!
すばらしい!綺麗なお庭…

こっちの縁側も素敵〜

こっちの縁側も素敵〜


こちらは江戸座敷。有名なのがこの障子。
このハートがかわいい♡

このハートがかわいい♡

縁側にちょこんと座ってみました。
石谷家住宅 縁側
靴下の赤が目立つ笑
ちなみに履いているのがもんぺフェスで買い付けた(業者か)モールス信号柄のもんぺ
石谷家住宅 縁側
お庭を手入れされているおじさんから話しかけられる。

わーい!カエデもらった♪

わーい!カエデもらった♪

中庭

中庭

上から見た中庭

上から見た中庭

写真をみてもわかると思いますが、
石谷家住宅
こーんなに大きなお屋敷でした。

マイナーな宿場町と思っていたのですが、そんなことはなく笑
まだまだ知らない日本がたくさんあるんだと思うと、嬉しい気持ちと悲しい気持ちが交差しました。

これから知らないところにはたくさん行けるけど(嬉しさ)
私のように知らなかったり、興味がなかったらそこには行けないですよね。(悲しさ)

特に幼少期に古民家や日本の歴史に興味がなければ大人になってから興味を持つのは難しい
と思っているのが私の持論ですが、ここも興味があるから行けたところ。
といっても、全く知らなかったので、まだまだ勉強不足ですね。

日本人はミーハーですから、有名人が紹介すれば興味を持てると思うんですよね。
あとは、朝ドラの舞台になれば一発で観光地(今もだけど)になりますし。

鳥取=鳥取砂丘
頑張ってゲゲゲの鬼太郎
という印象の鳥取県。

ぜひ鳥取県にはもっと頑張って頂きたいですね!
まずは、島根と鳥取がどこにあるのかを認知するところからでしょうか苦笑

住所:鳥取県八頭郡智頭町智頭396番地
開館時間:10時〜17時
休館日:水曜(但し、4月から11月までは無休)
入場料:500円

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA