縁側ウェディングやってみた:その7「親族紹介がメインコンテンツ」

Pocket
LINEで送る

乾杯をした後、ケーキ入刀もないまま歓談へ。

歓談が終了したあと、まずは自分たちの紹介を自分たちで笑
新郎新婦がパワポを使って自己紹介

普通は、司会が2人のことを紹介したり
生い立ちムービーがありますよね。

私たちはそこにも違和感を感じていたわけです。
新郎新婦が趣味を紹介

司会者とは事前打ち合わせをした上で
式の司会をしてもらいますけど、
2人のことをそんなに知らないのに
「おめでとうございます」がわざとらしすぎるし
「心から拍手を」と言っているあなた!
心から思ってないでしょ!笑

今回、司会を頼んだのは友人でもある佐藤さんです。
会の進行はしてもらいましたが、自己紹介と2人の歩みを自分たちで。
新郎新婦の2人歩み
あ、お色直しはありません。
とにかく削ぎ落とし、削ぎ落とし。

禅のような結婚式であります。

そして、親族紹介も自分たちでしました。
新郎自身が親族紹介
親族紹介って、式が始まる前に大きな部屋に集められて
両家の父親もしくは家族それぞれが
┏○))ペコ
て挨拶して終了。

そして、新郎新婦が緊張しているせいか空気も張りつめているし
挨拶の順番が来ると思うと、私みたいな人は余計に緊張するし。
新婦が親族紹介

エピソードを加えながら、アドリブで親族紹介をしました。

主人がアドリブがうまいこともあって、私もその雰囲気に合わせてアドリブで話していました……。

1つ思ったことは、
アドリブの方が緊張しない!

アドリブ力があるなしに関わらずなので、オススメです笑

その後は、各家族と縁側で記念写真を撮ったり
縁側で記念写真
雨もやみ、富士山が見えるとかいって、参列者の半分くらいが海岸へ笑(自由すぎる)
Nowhere but hayamaから近い葉山の海

そして、最後に新婦からの手紙を読んで
新婦からの手紙

無事、結婚式は終了しました。
納得のいく縁側ウェディング。
こういう形でできたことが幸せでした。

ここまでお付き合いいただきましたみなさまにも感謝致します。



Special thanks
司会 佐藤政樹
ディレクター 田中健人
音響 志村智彦
配膳 矢島一樹 三浦智絵美
カメラマン 岩本和也 小坂達広
Nowhere resort 堀部桃子




そして、この縁側ウェディング


まだまだ終わりません!

縁側ウェディング「つなぐ」へ
IMG_8308


つづく。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA