第11回:突撃!お宅の縁側座りますin品川

人の家の縁側に座りに行くコーナー
「突撃!お宅の縁側座ります」



もう11軒目ですよ!
最近、Twitterで「あの人、民家も行っててこわいよ…」とツイートされてました笑

安心してください、アポは取ってますよ!(ここぞとばかりに使う流行語)


今回は、縁側のある古民家に住んでいるお茶の先生のお宅に訪問してきました。
お茶の先生といっても、若いんですよ。今年33歳の岡田先生です。
古民家 縁側 岡田宗凱

1982年、東京生まれ。表千家の茶道を学び、〝茶会を広めたい〟という想いから「世界茶会」を立ち上げる。東京ミッドタウン、伊勢丹 新宿本館、TORAYA CAFE六本木ヒルズ店等で茶会を開催。〝洗練された日本の美〟である茶の湯の世界に、他国の文化や現代アート、若手作家との積極的なコラボレーションを展開。また海外での活動はNYをはじめ、これまでフランス、オーストリア、チェコなど全7ヶ国(8都市)で開催。2007年よりスタートした初心者向けに茶会ワークショップは延べ2,500名以上の方が参加(2015年8月現在)またTV、新聞、雑誌、ラジオ等、メディアにも多数出演。

では、早速お邪魔しましょう。

玄関を曲がるとそこには・・・


古民家 縁側
こうこうと輝く縁側が!!!(太陽が差し込んでただけや


いや〜、いいですよ〜。素晴らしいですよ〜
古民家 縁側


この縁側撮っている左手にはこのようなスペースが。
ここは岡田さんの書斎っぽくなっています。
古民家 書斎


ここから縁側も眺めることができる設計になっています。(設計者はそんなつもりないだろ
古民家 縁側


外から見るとこんなかんじです。もうめっちゃいいですね〜。
古民家 縁側


お庭も広くて、縁側からの風景も最高。
古民家 縁側


岡田さんと縁側でこの家のことについて伺いました。

なぜ、古民家に住もうと思ったのですか?
「2年前に奥さんがR不動産で見つけてきたんですよ。最初は、わざわざそんなところに住まなくたってと思っていて、ましてやサラリーマンだと日中は家にいないでしょ?土日はお茶のイベントでいないことも多いし、高い家賃を払ってまで…と思っていたんだよね。」

「だけど、奥さんにこれからのことをどう考えているのか聞かれて、いつか会社を辞めると言ったって、自分の人生を考えたとき、お茶の先生としてここに住んでいた方がいいのではと思ったんだよね。毎回部屋を借りるよりも、この家を教室にした方がいいかなって。
まずは2年住んでみようよ。生活が合わなかったらまた考えればいいということでこの家に住み始めました。」

お茶の教室として使っている茶室

お茶の教室として使っている茶室


そして住み始めて2年が経過し、先日更新。

実際、古民家に住んでみてどうですか?
「たまに来る分にはいいけど、たまにでいいんじゃない?笑」
古民家 縁側 岡田宗凱
「縁側もさ、年に数回座るから縁側いいよねって憧れるけど、実際住むのはねぇ。暑いし寒いし、庭の草だってすぐ生えちゃうし。」

こう思うのは古民家に住んでいる人あるあるでしょうね笑
庭の手入れは、教室に通っている生徒さんたちと手入れをしているそう。

この家のいいところってどこですか?
「それは初めて聞かれたかもな〜。見えないところでいえば、オーナーさんの家を大切にしたいという想いかな。見えているところだと、その想いが建具とかに現れていて。」

築100年の古民家を水回りなどをメインにオーナーさんのこだわりがつまったリノベーションがされています。
雨がひどかった時や地震があった時は、オーナーさんから家の状態についてメールが入るようで、そういったやりとりもあり家のことを大切にしていきたい気持ちになっているようです。

古民家 縁側

「古民家をいいなって思う人はいっぱいいるけど、その生活をどう楽しみながらメンテナンスもして生活できるか。古民家に限らず、どこに住んだって与えられた環境でどう楽しく過ごすのか、これが大事だと思う。」

私も縁側のある古民家に住みたいと公言していますが、マンション生活しかしてこなかった私が憧れだけでやっていけるのかという不安も。
だけど、結局どう工夫しどう楽しく過ごせるかが重要なんですよね。

実際、生活している人の話を聞けば古民家のデメリットは必ずと言っていいほど出てきます。
しかし、私が取材してきた人はみんな不便さはありながらも、楽しく暮らしている人たち。

だから縁側への想いが途切れないのかもしれません。

岡田さん、ありがとうございました!

移住する前に試住という選択。鎌倉の古民家で暮らしを体験する


移住の前に試住してみる


最近は数年前と違い、地方ブームといわれるほど移住する人が増え、移住したい人と考えている人も増えてきたと思います。

洋服を決めるときは試着、新しい食材を買う際には試食、車を購入する前には試乗。
なぜ、住まいを決める時にお試しがないのか。

移住する前に、試住という選択があってもいいのでは?
住む場所を試してみる、そんなサービスもでてきました。
それが「microstay」です。

スクリーンショット 2015-09-23 14.22.52

湘南エリアを中心に物件を借りることができます。
今回は、鎌倉に縁側のある「油屋ハウス@材木座」に行ってきました!

九品寺バス停のすぐ裏にあるこじんまりとした古民家。
microstayの川村さんが出迎えてくれました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


うお〜
いいかんじですね!ちゃぶ台もかわいい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


縁側もいいですわ〜。
マイクロステイ 鎌倉 古民家 縁側


夏はここでスイカを食べたりしたい。
マイクロステイ 鎌倉 古民家 縁側


このちゃぶ台小さくてかわいいなぁ。
マイクロステイ 鎌倉 古民家 居間


ここは入り口入ってすぐのところ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


お風呂が懐かしいタイルが。
マイクロステイ 鎌倉 古民家 風呂


私も葉山に一週間いたことがありましたが、一週間住むだけで、だいぶイメージが湧くのとその地域のことを知れて良い機会だと思います。
また、宿泊施設の長期滞在ではわからないこともわかります。例えば、商店街の雰囲気やスーパーなど「暮らす」という視点で滞在できるのも良い点です。

憧れだけで終わらせないのが、試住かなと。

油屋ハウス@材木座

神奈川県鎌倉市材木座6丁目
間取り 1LDK
39.66m2
1週間 89,000〜

普通のシェアハウスとどう違うのか?注目を集めている「ギルドハウス十日町」


十日町にあるシェアハウス

先日、大地の芸術祭が閉幕する前に、新潟県十日町に行ってきました!

十日町では、今、全国から注目されているシェアハウスがあるんです。

それが「ギルドハウス十日町

ギルドハウス十日町

実は、1年以上も前からギルドハウス十日町の西村さんが縁側なびを応援してくださっていて、せっかく十日町に行くならギルドハウス十日町も視察したいなと思っていたので、西村さんにお会いしてきました。


早速、お邪魔しま〜す!
ギルドハウス十日町 

現在、築120年の古民家に9人で住んでいます。
空き家となっていた古民家を、住人や地元の方々とみんなでわいわいセルフリノベーションして再生し、シェアハウスとして今年2015年5月にオープンしました。


居間は薄暗いけど、それがちょうど良く生活感が溢れていて良かったです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


西村さんの指定席はここ。風が通って気持ちいい〜
ギルドハウス十日町 縁側


この先には縁側が…!新潟にきて、やっと縁側に出会えました泣
ギルドハウス十日町 縁側


実は、十日町には縁側がないんです。田舎には縁側はつきものでしょ?って思うかもしれませんが、豪雪地帯には縁側は不要。1階を駐車場や倉庫にしてしまっているので、縁側のない家が多いんです。

この縁側がなくなったことで、縁側でのコミュニケーションは減ってしまったそう。

では、雪の時はどうするのか?
雪の時は、ここの中に板が入っていて、
ギルドハウス十日町 縁側


この柱の隙間に板をはめて、壁にしちゃいます。そうして冬を乗り切るそうです。
ギルドハウス十日町 縁側


西村さんに、家の中を案内してもらいました。
ここは台所で、土砂崩れで半壊だったところをDIYで修復。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


2階には、Barが!ちょっとゲストハウスっぽいですよね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
後述のパーリー建築が企画した3泊4日のリノベ合宿で作ったとか!


Barの椅子は、廃材で。よ〜くみると、階段を横にしたもの。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


このテーブルの下は、機織りの一部。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


個室部屋の壁は、畳で。断熱材として活躍するそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


2階にある大きな部屋は、雑魚寝部屋。ここに旅人がなどが泊まるそう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


壁の一部には、大地の芸術祭に参加しているアーティストさんが描いた絵も。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA



注目される理由

ここまでみてきてわかると思いますが、みんなでわいわいDIYして完成したシェアハウスといっても、完成度が高いと思いませんか?

実は、ここを手掛けたのは旅するリノベ集団「パーリー建築」たち。

人を沢山巻き込みながら、一つの家を直していきます。そうすることにより、箱としての家はもちろん、人の集える場所を作ることを目指しています。これまでは広島、東京、京都で活動を行ってきました。現在は新潟県十日町市の限界集落で、築120年の古民家を改修しています。楽しく改修することによって家に愛着が生まれます。この活動は、日本の深刻な空き家問題の解決の一助となると考えます。



西村さんがオファーをして、パーリー建築たちとともにここを作り上げたのです。

また、ただのシェアハウスにするつもりはなく、住まいを積極的に開放する「住み開き」を取り入れています。
これを取り入れていることによって、シェアハウスという機能では留まらず、地元住人との交流ができたり、ふらっと立ち寄っても視察可能だったり(笑)、イベントスペース、コワーキング、セカンドハウスとしても利用できます。


西村さんの言葉で印象的だったのが
「シェアハウスだけだと、せいぜいルームメイトの友だちくらいしか家に招き入れない。ギルドハウスは、こんな田舎まで来るくらいだから、すでにやりたいことは明確だし、尖っている人たちばかり。旅人も受け入れているから、ゲストハウスみたいな機能にもなっているんですよ。」

オープンしてまだ4ヶ月しか経っていないのに、訪れた人は1000人を超えています。
最近では、ソトコトやTURNSなどよくメディアにも取り上げられていますね。

十日町に行くことがあれば、ふらっと立ち寄ってみてください!

縁側のある家に引っ越したい

[PR]

やっと涼しくなってきて、秋らしくなってきましたね。

こんな感じで気持ちいいと縁側でゆったりしていたいなと思う今日この頃。

先日条件に合う日本家屋平屋縁側付きの物件を見つけましたが、残念ながら臨時貸しで借りられず…。
縁側好きを公言しておきながら、縁側のある家に住めてないのは説得力ないよなーと思っています。
だからこそ、手に入れる過程も縁側なびで紹介できたらいいなと思っているのですが、なかなかね…。

マンションでもいいけど、レトロっぽいかんじがいいし。

そうだ!ひかリノベでマンションの一室を和モダン使用にしてもらったわ!
ひとまず、この物件をリノベしちゃう!?

私「ねぇ、ねぇ、ここをリノベするとこんな和モダンな部屋になるんだよ!よくない?」

夫「す、すごいね・・・。いくらくらいになるんだろうね?」

私「トータル920万円だった。むりや。」

夫「まぁ都内の新築物件買うよりは安いよね。この物件どこの?」

お!?もしかしてリノベに前向きか!?

物件がどこにあるか聞いてみた。

ひ「千葉です!」

千葉・・・。

千葉むりや。

旦那のオフィスから徒歩30分圏内じゃなければいけないのだ。

私「千葉だった・・・。」

夫「残念だったね(笑)」

やはり都内で縁側のある家に住もうと思うと、場所制限はなかなか厳しいものですね。東京の上の方か郊外、もしくは神奈川、千葉。

いや〜、縁側のある家に住みたいと言っておきながら、東京出身東京育ちはなかなか東京から出られないというのも現実(笑)
引っ越さないといけない状況になれば、住めば都なんでしょうけど。

日本人は、職場の近くに住むのを優先しがちなので、住んでいる部屋に不満を抱えている人も多いとか。実はこれが知らず知らずのうちにストレスに。
やっぱりこだわりいっぱいの家に住んでいる人って、本当に幸せそうに暮らしていますよね。

昔は家を建てないと実現しないと思っていましたが、最近は中古マンションをリノベして、快適に暮らしている人もいるので、リノベも悪くないなと思ったり。
img-gallery07

あ〜、早く縁側のある家に引っ越したーい!

BackpackWedding×縁側なび〜古民家フォトウェディング編〜


BackpackWeddingとコラボ


先日(といってももう2ヶ月も前)、ウェディング姿で世界を旅するBackpackWeddingの松永夫婦を撮影しました!

特に有名な写真がこちら↓
スクリーンショット 2015-09-14 15.13.44
もともと知り合いではあったのですが、2人がクラウドファンディングを使って、フォトウェディング本を出版するプロジェクトがあり、支援し(といっても旦那が)
見事プロジェクトは達成( ̄ε ̄〃)b!
支援額に応じて特典がついてくるので、私たち夫婦の写真を撮ってもらうことになりました。

ミーハーな私は、せっかくだから2人を撮りたい!とお願いして、2人の縁側フォトウェディングを撮ることに。


BackpackWedding〜縁側フォトウェディング編〜


古民家フォトウェディング 松永夫婦

古民家フォトウェディング 松永夫婦

古民家フォトウェディング 松永夫婦

古民家フォトウェディング 松永夫婦

古民家フォトウェディング 松永夫婦

古民家フォトウェディング 松永夫婦

古民家フォトウェディング 松永夫婦

古民家フォトウェディング 松永夫婦


撮影裏話


全体的に茶色いけど(笑)、ウェディングドレスでも趣きがあっていいなと感じてます。
(ひまわりの花冠なかったら本当に地味だった…!笑)

撮り慣れている2人なだけあって、カメラを向ければラブラブな雰囲気を醸し出し笑顔を作れる。
もちろん、カメラを向けなくてもラブラブなんだけど。
本当に何度も「すごいわ・・・」と感心。
だって、もうわかんないくらいウェディング写真を撮っている2人が、初めて撮るかのような雰囲気を出せるのだから。
いくら場所が変わったからといったって、私だったら3回で飽きると思うんです。

自分たちで撮る時は、ゆきちゃんがアングルを決めて、まさきさんがポージングを決めるといったかんじ。
1カットのために、何度も撮り直しをし納得いくまで撮影するそう。
私たち夫婦の写真を撮ってもらった時も、ゆきちゃんのカメラマンとしてのこだわりが見えました。

撮影場所はリピート率の高いCorotで。
古民家全体を貸切れて本当に便利。

私たち夫婦の写真も古民家全体を使って、撮影してもらいました。

これからも松永夫婦の活躍が楽しみです(*´ェ`*)

撮影場所:Corot

「家を建てたくなったら」に掲載と理想の家を考えていたら…の話

家を建てたくなったら
先月、WAVE出版から発売された家を建てたくなったらに私が取材した縁側写真が掲載されました!

「縁側」で画像検索すれば、ほぼ私の写真が出るようになりました笑
縁側検索 結果

掲載された写真がこちら↓
家を建てたくなったら

予想以上に大きく掲載されていてので、とても嬉しい!
また、ところどころに縁側の話が出てたり、特に私の写真を使ってくれた次のページで
「部屋をギリギリまで広くした結果、かえって失ってしまう快適さがあります」
という文章には強く共感しました。
これは私自身よく言っていることだったので。

あとは、このように挿絵が入っていてわかりやすく解説されていたり
家を建てたくなったら

例えば、住みたい家をイメージしてみることは、家を建てることに関わらず、家を借りる時にも参考になりました。
・その家で、自分はどんな暮らしをしたいんだろう。
・どんな家だったら、心地よいと感じるのだろう。

この理想の暮らしをイメージすることが意外と重要なのに、パパッと考えて済ませてしまう人が多いようです。

あとは理想を全て書き出すこと。
この全て書き出すことが大事なようです。
私は今、築50年のリノベマンション1LDKに住んでいますが、縁側のある家には必ず住みたいと思っています。

そこで理想の家を書き出してみました(一部だけ公開)
・日本家屋平屋 50平米以上
・縁側付き
・古すぎず、水回りなどは適度なリノベがされている
・南向き
・近くに商店街がある
・銭湯が歩ける圏内にある
・近くに森のような公園がある
・旦那のオフィスから徒歩30分圏内

そうしたら、なんと昨日…!
日本家屋平屋80平米以上
家賃も高すぎない
もちろん縁側付き
森のような公園があり
オフィスから徒歩15分ほどの物件が見つかったのです!

ついに…!縁側のある家に住める…!
と思ったのですが、残念ながら臨時貸し。(自宅建て直しか、リノベ中に限る)
なんなんですか、臨時貸しって!怒
こんなに日本家屋に住みたいのに!

残念ながらどうしても無理そうなので、諦めましたが、強く思っているとそういう物件が近づいてくるんだなと実感しました。
これからも縁側のある家を求めて、強くイメージし続けます!笑


家を建てようと思っている人は、参考書代わりにいかがでしょうか?

マンションに縁側がついたらこんなかんじ!?

[PR]

前回、「マンションに縁側をつけることができるのか」という相談を
中古マンションをリノベーションするひかリノベさんに相談してきたことを書きましたが
今回は、中古マンションの物件を探していただき、その部屋を縁側のある部屋にしていただきました…!


ひかリノベの新商品である「粋(SUI)」は和モダンをコンセプトにこのようにリノベーションするのですが
hika

hika1
私はこだわりが強く和モダン感より日本家屋の雰囲気が出るようにしたかったので、
「全室畳で、田の間構造みたいなかんじで、レトロな台所で、障子があって、欄間がある家がいいんです!!!それをマンションで実現してみたい!」

という理想を伝えました。


では、早速リノベーションされた部屋をみてみましょう!
まずはbeforeのリノベされる前がこちら。
IMG_7497

S__524293

S__524294

S__524295

IMG_7407

昔のマンションってかんじがしますね。
まぁ昔のマンションも味があって好きですけどね。
(といいながらも自分の家は、リノベされた部屋。やっぱり新生活を送る上では新しい方がよかったりする。)


今回は、和モダン仕様では物足りなかったので
「オプション対応でも構わないから、もっと和風にしてほしい」
という要望に対して、大胆にマンションの一室が日本家屋へと変貌しました!


それが、こちら・・・!
IMG_7498

IMG_7410

えーーー!変わりすぎー笑 すごい!めっちゃ和!
IMG_7411

IMG_7412

ちゃんと縁側もある!
マンションのベランダは共有部分なので、ベランダには縁側をつけられないのでこんなかんじに内縁を。
IMG_7413

IMG_7414

IMG_7415

だって、この左の部屋から右に変身するわけでしょ!?
IMG_7416

それも、リノベされた後の方が明らかに部屋が大きくみえますが、beforeの写真は広角で撮影されてないからより広く感じるのだそう。


いやー、新築マンションはもっとこういう和室がある部屋も増やすべきですな。


こんな家に住みたーーーい!
11301547_10204671628899597_133941672_n