第11回:突撃!お宅の縁側座りますin品川

Pocket
LINEで送る

人の家の縁側に座りに行くコーナー
「突撃!お宅の縁側座ります」



もう11軒目ですよ!
最近、Twitterで「あの人、民家も行っててこわいよ…」とツイートされてました笑

安心してください、アポは取ってますよ!(ここぞとばかりに使う流行語)


今回は、縁側のある古民家に住んでいるお茶の先生のお宅に訪問してきました。
お茶の先生といっても、若いんですよ。今年33歳の岡田先生です。
古民家 縁側 岡田宗凱

1982年、東京生まれ。表千家の茶道を学び、〝茶会を広めたい〟という想いから「世界茶会」を立ち上げる。東京ミッドタウン、伊勢丹 新宿本館、TORAYA CAFE六本木ヒルズ店等で茶会を開催。〝洗練された日本の美〟である茶の湯の世界に、他国の文化や現代アート、若手作家との積極的なコラボレーションを展開。また海外での活動はNYをはじめ、これまでフランス、オーストリア、チェコなど全7ヶ国(8都市)で開催。2007年よりスタートした初心者向けに茶会ワークショップは延べ2,500名以上の方が参加(2015年8月現在)またTV、新聞、雑誌、ラジオ等、メディアにも多数出演。

では、早速お邪魔しましょう。

玄関を曲がるとそこには・・・


古民家 縁側
こうこうと輝く縁側が!!!(太陽が差し込んでただけや


いや〜、いいですよ〜。素晴らしいですよ〜
古民家 縁側


この縁側撮っている左手にはこのようなスペースが。
ここは岡田さんの書斎っぽくなっています。
古民家 書斎


ここから縁側も眺めることができる設計になっています。(設計者はそんなつもりないだろ
古民家 縁側


外から見るとこんなかんじです。もうめっちゃいいですね〜。
古民家 縁側


お庭も広くて、縁側からの風景も最高。
古民家 縁側


岡田さんと縁側でこの家のことについて伺いました。

なぜ、古民家に住もうと思ったのですか?
「2年前に奥さんがR不動産で見つけてきたんですよ。最初は、わざわざそんなところに住まなくたってと思っていて、ましてやサラリーマンだと日中は家にいないでしょ?土日はお茶のイベントでいないことも多いし、高い家賃を払ってまで…と思っていたんだよね。」

「だけど、奥さんにこれからのことをどう考えているのか聞かれて、いつか会社を辞めると言ったって、自分の人生を考えたとき、お茶の先生としてここに住んでいた方がいいのではと思ったんだよね。毎回部屋を借りるよりも、この家を教室にした方がいいかなって。
まずは2年住んでみようよ。生活が合わなかったらまた考えればいいということでこの家に住み始めました。」

お茶の教室として使っている茶室

お茶の教室として使っている茶室


そして住み始めて2年が経過し、先日更新。

実際、古民家に住んでみてどうですか?
「たまに来る分にはいいけど、たまにでいいんじゃない?笑」
古民家 縁側 岡田宗凱
「縁側もさ、年に数回座るから縁側いいよねって憧れるけど、実際住むのはねぇ。暑いし寒いし、庭の草だってすぐ生えちゃうし。」

こう思うのは古民家に住んでいる人あるあるでしょうね笑
庭の手入れは、教室に通っている生徒さんたちと手入れをしているそう。

この家のいいところってどこですか?
「それは初めて聞かれたかもな〜。見えないところでいえば、オーナーさんの家を大切にしたいという想いかな。見えているところだと、その想いが建具とかに現れていて。」

築100年の古民家を水回りなどをメインにオーナーさんのこだわりがつまったリノベーションがされています。
雨がひどかった時や地震があった時は、オーナーさんから家の状態についてメールが入るようで、そういったやりとりもあり家のことを大切にしていきたい気持ちになっているようです。

古民家 縁側

「古民家をいいなって思う人はいっぱいいるけど、その生活をどう楽しみながらメンテナンスもして生活できるか。古民家に限らず、どこに住んだって与えられた環境でどう楽しく過ごすのか、これが大事だと思う。」

私も縁側のある古民家に住みたいと公言していますが、マンション生活しかしてこなかった私が憧れだけでやっていけるのかという不安も。
だけど、結局どう工夫しどう楽しく過ごせるかが重要なんですよね。

実際、生活している人の話を聞けば古民家のデメリットは必ずと言っていいほど出てきます。
しかし、私が取材してきた人はみんな不便さはありながらも、楽しく暮らしている人たち。

だから縁側への想いが途切れないのかもしれません。

岡田さん、ありがとうございました!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA