お好み焼き、銭湯、喫茶店と大阪下町を堪能!縁側のある古民家宿「ゲストハウスおどり」

こんにちは、縁側ちゃんです。

今回は、大阪にある古民家ゲストハウスおどりにお邪魔してきました!
大阪って、奈良や京都と比べると古民家が少ないイメージ。
実際「古民家 縁側 大阪」と検索してもあまり出てこなかったです。

s_pb141931
そんななか、ザ大阪を感じられる下町に縁側のある古民家宿があります。
ずっと気になっていたところ。

場所は美章園。通天閣から一駅のところにあります。
泊まる日は私は予定をつめすぎて、夕方の到着。

近くに銭湯があるので、旭湯というところへ。(写真ありません泣)
大阪三大銭湯といわれていたところらしく建物も立派でした。東京みたいに古いかんじというよりは、洋館のような昭和モダンなかんじで、天井も高く、露天風呂もありました…!
あと、脱衣所で普通にたばこ吸っている人がいて、東京ではなかなか見ない光景だったので、カルチャーショックも笑

そのあとは、美章園駅の高架下にあるお好み焼き屋さん「甘辛や」へ。
s_img_4143
大阪何度か行っているのですが、初めてお好み焼き屋さんでお好み焼きを食べるというベタなことができて満足。
それも、店員のおばちゃんがパンチパーマ!!!ザ大阪ってかんじで感動しましたわ。

さて、おどりですが、ちょっと変わっています。
s_pb141932

s_pb141933
玄関がめっちゃ家!!!笑
引き戸とかではなくて、人んちに来ちゃったかな?と一瞬間違いそうになった笑

それでは入って行きましょう。

玄関の奥が共有のリビングで、そこに縁側があります。

s_pb141955

s_pb141935

s_pb141940
おどりの庭は、表庭・中庭・坪庭があるんですが、こちらは中庭。

s_pb141938
市松模様の壁が特徴的。

さて、今回は家族で泊まったので、2階の個室を予約。

img_4350
広々としていてよかったです。

img_4352
ちなみに、この部分、2階だと縁側といえるのか?
いつも疑問に思っていました。
外に出れるから縁側ではないのか。
だから、2階にあるのは縁側とは言わないのではないか。

そんなことを思っていたのですが、私が師と仰いでいる大工さんに聞いたところ、ここも「縁側」だそうです。

縁側の語源は、縁は家と外の境界のこと言い、側はその辺という意なので、縁側らしいです。



s_pb141961
こちらがおどりの女将さん。
印象的だったのは、ここの古民家をどうやって見つけたの聞いたら
「不動産屋さんに、自分の想いを熱く語ったら、不動産屋さんの若いお兄さんが頑張って見つけてきてくれた!」
と言っていて、やはり熱い想いはちゃんと伝わるものだなぁと思いました。


ゲストハウスなので、ご飯は各自で用意するのですが、朝ご飯だけ何も決めてなかったので、女将さんに聞いたら
「ここらへんは喫茶店があるから、モーニングがオススメ」と何軒か喫茶店を紹介してもらいました。

そこで、食べた卵焼きサンドイッチがこちら。
s_pb141926
こういうの食べたかったんで、満足満足。甘いかなと思ったら、しょっぱい系でした。
当たり前か。甘いのは東京だけか。

ゲストハウスに滞在している時間は短かったけど、ザ☆大阪の街を体験できてとてもよかったです。
下町らしい大阪を感じたい!と思っている人にはぜひおすすめなゲストハウスです。

銭湯もお好み焼きも喫茶店も大阪らしさが詰まっていますよ。

古民家ゲストハウスおどり

大阪府大阪市阿倍野区美章園3-6-6 
最寄り駅 美章園駅
ドミトリー 2,500円/1人
個室 3,500円〜4,000円/1人
HP:http://odori-osaka.com/index.html