奈良で築160年の豪商の家「NARAMACHI HOSTEL & RESTAURANT」に泊まる

Pocket
LINEで送る

先月、私の大好きな街、奈良に行ってきました!

2年ぶりの奈良。京都よりも奈良派です。

京都よりのどかで静かで好きです。

奈良駅周辺には「ならまち」と呼ばれる歴史的町並みを有する地域があります。
狭い街路に、江戸時代以降の町屋が数多く建ち並んでいて、縁側のある町家も多くあります。
今回は、4軒ほど町家を巡ってきたので、順に紹介していきます。

s_IMG_5789
まずは、今回泊まった宿泊施設は「NARAMACHI HOSTEL & RESTAURANT」

奈良市指定文化財である築160年の商家の母屋の部分をそのまま残して、2016年4月にオープンされました。

s_P6142816
フロントを抜けた先にあるロビー。
歴史を感じる厳かな空気が漂っていました。
青田家住宅と呼ばれていたこの家は、数年前まで住居として使われていたところ。
それも、代々醤油の製造販売を行ってきた商家でした。

でも、館内に流れている音楽は洋楽だったので、そのギャップがすごかった。

s_P6142815
建物の規模も大きく、作りも立派。
使い込まれたそのままの形を活かしているので、当時のままの生活空間を味わえます。

s_P6142817
こういう建物って、保存されて見学するという建物が多いですが、宿泊施設になっていると、よりその暮らしぶりを体験できて、タイムスリップ感が出るので好きです。

s_P6142812
宿泊者、レストラン利用客だけが入れるゲストルームで、チェックイン。
ロビーの厳かさとは違い、落ち着く懐かしい雰囲気。

s_P6142822
豪商だっただけあって、お庭も立派です。
この縁側を通って、部屋に向かいます。

ちょっとわかりづらいですが、建物はこんなに大きいです。

4つの蔵があり、うち3つはドミトリー、一棟貸しの蔵で宿泊できます。

s_P6152831
今回は私はテラスを抜けて、奥蔵のドミトリーに宿泊。

s_P6152830
蔵の中が部屋になっているって、新鮮でした!

夜は、ならまちにあるカフェで夕食を済ませ、銭湯に行き、宿でまったり過ごしました。

次の日は、朝食を頼んでいたので、蔵へ取りにいきます。
s_P6152833
縁側に木漏れ日がさしているの、清々しい気持ちでした。
こんな朝を毎日迎えたい…。

s_P6152832
蔵の前の景色。ちょっとお寺っぽい雰囲気も。

s_IMG_5806
テラスで食べてもいいということで、テラスで朝食を。
これがまた気持ちよかった。
6月なのに、すでに暑かった奈良ですが、朝晩はまだ涼しかったです。

s_P6152834
朝食は3種類から選べて、私は「”HISHIO”Magic(醤の世界)」を注文。
醤を駆使した和朝食。朝から健康的な朝食を取れて、幸せな気分に。


奈良って日帰り観光が多いので、宿泊施設も少ないですが、日帰りにせず、ぜひここは泊まって欲しい宿でした!

NARAMACHI HOSTEL & RESTAURANT

奈良県奈良市高畑町939−1
奥蔵ドミトリー 4,000円
近鉄奈良駅から車で10分 / 徒歩20分
http://www.naramachihostel.com/hostel/

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA