鎌倉に甲冑を着て忍者が撮影!? CMにも出た古民家「スタジオ忍者」

またまた2ヶ月前の夏に行った古民家を紹介します(汗)

今回は、カロリーメイトのCMに出てた古民家に行ってきました!
まずは、このCMを見ましょう。

20479471_1383248171753235_6518733951344013528_n

どうですか、この縁側。最高でしょう?
はじめてCM見た時、縁側の出るCMの中で一番いいかんじに夏を表現できてて、これこそ憧れの縁側ライフそのものだ…!
と強く思ったほど。
冒頭に出てくる冷蔵庫のシーンは、古民家スタジオ・イシワタリの台所で、どうも話によると鎌倉にある古民家だってところまではわかったのですが、どうやって調べたらいいかわからず…。
そんな時に、こちらの古民家から連絡があったのです!めっちゃ嬉しい〜!
ということで、行ってきました。


場所は、長谷。
スタジオ忍者」というところです。

スタジオ忍者は、鎌倉で『主人を撮影する忍者』をコンセプトにしているクリエーターです。 ご主人に鎧・甲冑を着用していただき、その御身の写真撮影を行います。

忍者が撮影してくれる!?そんで鎧・甲冑が着れる!?なんかすごい外国人が喜びそうなサービスだな。

さて、さっそく中に入っていきます。
大正時代に作られた古民家で、かなり大きい家でした。
玄関を上がって、廊下を抜けたところにCMに出た和室があるんですが
s_P7312951
その途中にある家財とか昔の本が積んである廊下がすごく良くて。
すごい雰囲気が良かったから、あえて写真には撮りたくないと思って、目に焼き付けました。
強いていえば、映画「舟を編む」に出てきそうな家みたいなかんじです。
タイムスリップしたみたいというか、ちょっと涙が出そうになるくらい風がふわっと流れてきて、外の光がちょっと入っているんだけど、昔のまま残っている、というかんじするこの廊下が好きでした。

廊下だけで感動しすぎってかんじですが(笑)
さて、この奥にあるのがCMに出てくる和室と縁側。
s_P7312950
結構広いですね。

s_P7312953
それで、驚いたのが、広縁なんだけど、畳半分と板の部分が半分になっていたんです。
ちなみに、CMの時は、和室もしっかりと美術さんが入り、部屋を作られました。

s_P7312960
引きでみるとこんなかんじなんですが、思った以上に床下が高さがあるんですよ。
CMではそんなかんじしなかったのに!

engawa夏
実際座るとこんなかんじで、足が宙ぶらりん!(笑)

20479471_1383248171753235_6518733951344013528_n
CMでは足ついているでしょ?これ、美術さんが大きな石にするために、モルタルで作ったらしいです。
それも高い脚立で上から撮影しているんですって。

こっちの方が、角度としては似てるかな↓

もともとここを運営しているご夫婦が、鎧・甲冑が好きだったのですが、そういうのが着れるところに行くと、普通のスタジオで着るのはちょっと違和感があった、やるなら古民家とか雰囲気のあるところがいい、と思ったことで、鎌倉で縁があり、鎧・甲冑が着れるスタジオをオープンしたそうです。

撮影してもらう他に、古民家を借りれることもできるので、コスプレ撮影するのにこの古民家はかなり使えると思います。

海外の観光客の人も喜びそうですよね。

鎧・甲冑、コスプレ、イベントで借りたいと思っている人は大きな古民家で撮影もしやすいと思うので、ぜひ利用してみてくださいね!

スタジオ忍者

〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2丁目4−5
長谷寺から直進、文学館交差点そば
https://studio-ninjya.com/

こんなに明るい古民家は珍しい!鎌倉にあるカジュ・アート・スペース

今回は、鎌倉二階堂にある古民家に伺いました!

二階堂ってあんまり鎌倉観光する時には、聞きなじみのない地域ですが、源頼朝の墓が近くにあり、緑に囲まれた静かな住宅街です。

鎌倉駅周辺は、朝から混雑していましたが、二階堂まで来ると観光客もいないので、鎌倉の日常を感じやすいですね。住むならここらへんもいいなと思ったり。

さて、二階堂にある古民家ですが、伺ったのは「Khaju Art Space(カジュ・アート・スペース)

築80年の古民家で、染織工房、防音ピアノ室、貸しスペースを備えた文化施設です。

鎌倉駅から徒歩20分のところにカジュ・アート・スペースはあります。
s_P6122795
門を通り抜け、細い道を進むと、立派な玄関が。

s_P6122794

s_P6122789
入った瞬間、「この古民家、部屋が明るい!」とほかの家よりだんぜん明るい印象を受けました。

なぜかというと、日本家屋というのは、陽が入らないように太陽の位置を考えて、涼しくなるように設計されています。
夏は太陽の位置が高いので、軒で陽が入らないように考えられていて、冬は太陽の位置が低いので、縁側まで陽が入ってポカポカするようになっているんです。
なので、この季節になると太陽が入らないため、部屋が暗い古民家が多いんですけど、それを全く感じさせない家でした。

そして、部屋は、染織工房となってなっていて、織り機がたくさん!
s_P6122790
ここを運営している染織家たなかさんの工房でもあります。

s_P6122787
↑この写真、よーく見て下さい。
普通は、ふすまのところがガラスになっているのです!欄間のところもガラスなんですよ。

部屋が明るく感じたのは、ガラスだったからなんです!
実は、言われるまで気付かず…笑

s_P6122765
もちろん縁側もあります。
風の通りも良く、庭の緑が気持ちいいです。

s_P6122791
ちなみに、縁側はこんなかんじで、建物に対して平行に板を張る「くれ縁」ですね。
築80年〜90年くらいだとだいたい「くれ縁」です。

s_P6122768
こちらが、染織家のたなかさん。

s_P6122777
外から見て、機を織る音を聞いていると、なんだかジブリの中にいるみたい...!と、1人で興奮してました笑

カジュ・アート・スペースは今年で20年目。
20年前、工房を持ちたいと物件を探していたところに出会った古民家がここです。

最初は、ピンとこなかったようなのですが、庭に大きな木があって、その木に惹かれて、ここに決めたそうです。
しかし、1人でここを借りるのは厳しく、知恵を絞り、シェアという形を思いついたのです!
今では、シェアスペース、シェアオフィスなんていう言葉が当たり前のように使われていますが、これが20年前ってことがすごいですよね。

そこで、地域の人にチラシを配り、シェア仲間を募集。
ピアノ教室の先生などが集まり、今では多くの人々がここに集まるようになりました。

たなかさんは、この古民家から学んだことがたくさんある、と仰っていました。

たとえば、「玄関で出会いと別れが決まる」ということ。
s_P6122763
どういうことかというと、昔の家というのは、玄関は少々高さがありますよね。
そうすると、お客さんが来た時、立ったまま対応すると、どうしても上から目線になってしまう。
そのような対応の仕方だと、そこでお別れになってしまうんだとか。
だから、膝をついて出迎えると目線が同じくらいになって、いい縁につながると。

あとは、古民家にいると「ぼーっとしてられない!」と。
やることがたくさんあるの!雑巾がけしたり、家のメンテナンスしたり、庭の雑草取ったり。

「家事は鍛えれば早くなるし、ちょっと面倒なくらいがちょうどいいんです。今は家電に能力を譲っちゃっていますよね。それもいいけれど、ちょっと面倒なことをするのが暮らしていくってことなんじゃないかと思います。」

この「家電に能力を譲る」、響きました…。
毎日ちょっと面倒だけど、ちょっと頑張ってみようかなと思ったフレーズでした。

s_P6122779
庭には、大きな木があり、12月には紅葉が綺麗に咲いて見応えがあるそうです。

貸しスペースとしても、使えるそうなので、ぜひ今度イベントでもしたいなと思いました!

Khaju Art Space(カジュ・アート・スペース)

鎌倉市二階堂57-1
イベントやワークショップのお知らせはこちら
http://khaju.cocolog-nifty.com/eventsworkshop/

古民家スタジオ・イシワタリのこだわり修繕方法とは

こんにちは、縁側ちゃんです。

今回は、鎌倉の古民家スタジオ・イシワタリに行ってきました!
s_P2282361

2014年9月に行った記事はこちら

この家の良さをもっと多くの人に!築87年の古民家スタジオ・イシワタリ

古民家スタジオ・イシワタリは、今年「平成の大修繕」と題して、ある方法をとって古民家を修繕しました。
全国120軒ほど古民家をまわってきた私ですが、その方法を取っている古民家を見るのははじめて…!
s_P2272356
修繕について古民家スタジオ・イシワタリを運営している福井ご夫婦にお話を伺ってきました。

築90年の古民家スタジオ・イシワタリの前身は、福井さんのおじいさまが営んでいた木材店でした。その後、家族が家を受け継ぎ、家を使いながら残すということを選択し、ギャラリー&イベントスペースとして部屋を開放しています。
また、写真家である福井隆也さんは、2階の縁側部分をスタジオにして福井写真室として活用されています。

今回、私が注目したのはこの2階部分の修繕。
s_P2272321
さて、どこが修繕されているかわかりますか?


s_P2272318
ヒントはガラス戸。
よーくみてください。

s_P2272315
正解は、ガラス戸の下の部分の板です。
板を新しい板に張り替え、古さを塗装で演出しているんです!
わからないくらい自然に馴染んでいますよね?
私も近くで見ましたが、これが塗装で演出されたもの、というのは言われないとわからなかったです。

古民家を維持するためには、リノベーションしたり、古家具を変えたりすると思うのですが、この方法があったか!と驚きです。

新しい板から古さを演出している瞬間の投稿はこちら。

この修繕を行ったのはペンキ屋さん。もともと美術を専攻していた職人さんだったこともあり、この演出ができたそうです。

取材中私も撮ってもらったり。どっちが取材してんだか笑

取材中私も撮ってもらったり。どっちが取材してんだか笑

s_P2272322
最近は縁側の張り方を見るようにもなって、この縁側は「くれ縁」ですね。
建物に対して平行に板を張る形式のことです。加工技術も精度を上げ、薄い縁板で間に合うような構造にしたので、近世の民家はほとんどこの形式です。


s_P2272323
こちらはバケツの跡。縁側にはいろんな痕跡が残ったりしますが、バケツの跡をみるのははじめてかも。
雨漏りで、バケツのあとが縁側に残っているのを見るとここで生活している様子が伺えていいですよね。(生活している人は大変だけど…)


次に案内してもらったのは、屋根。
s_P2272327
昔の屋根は泥を敷き、その上に瓦を敷き詰めていくという方法が主流。今回、瓦を剥がし、泥の撤去をして、使える瓦は道路側から見えるところに敷き、新しい瓦は家の後ろ側に敷いたそうです。


s_P2272336
これが建物の後ろ側。
写真ではわかりにくいですが、明るくて白いかんじにみえますね。
古い方が全体的に暗いので、これが建物の前面にみえたらちょっとだけ違和感があったかもしれません。


s_P2272340
使わなかった瓦はお庭に埋めて再利用しているそうです。


s_P2272344
こちらが1階部分。イベントがある時は、ほぼこのスペースで開催されています。


s_P2272342

古くなった家具をそのまま使うのではなく、こうやって古民家を残していく形もあるんだなと勉強になりました。
コスト面ではかかるそうなのですが、古民家を残す手段としては、素敵だなと思ったので誰かの参考になれればいいなと思います。


古民家スタジオ・イシワタリは、イベントが開催されていないと入れないので直近のイベントも合わせて紹介します。
Block Atelier furnitureの展示会
家具の製作販売
日時:3月17日(金)~3月20日(月・祝)
17日は13:00~18:00
18日(土)19日(日)10:00~18:00
20(月・祝) 10:00~17:00

写真に囲まれて歌うMAYAライブ
古民家で一夜限りのライブ
【日時】4月1日(土) 14:30開場・15:00開演(2ステージ)
【場所】古民家スタジオ・イシワタリ
【料金】3000円
【予約・問い合わせ】ポイントAオフィスへメールor電話にて
mail: point-a@asahinet.jp
Tel. 03-6457-0130

古民家スタジオ・イシワタリ

神奈川県鎌倉市長谷1-1-6
最寄り駅 鎌倉駅徒歩10分
古民家スタジオ・イシワタリのFacebookページで最新の情報が見れます。

こんな長い縁側見たことない…!茅葺き屋根3棟が連なっている古民家「万代会館」

こんにちは、縁側なびの縁側ちゃんです。(ちょっと冒頭変えてみた)
今回、神奈川県横須賀市にある万代会館に行ってきました!

場所は、津久井浜駅から徒歩5分。海が近いので、風が気持ちのいい町です。


津久井浜は親戚が住んでいるので、お盆の時期に行ってきました。小さい頃から毎年と言っていいほど夏休みに行っていたのですが、万代会館は初めて!
縁側なびを始めるまで本当に気付かなくて、いつも素通りしていました笑


親戚に「近くに大きくて立派な古民家があるよ!」と情報をもらい、親戚一同でぞろぞろ見学に行ってきました。
この万代会館は、もともとソニーを創立した万代順四郎氏の遺産で、のちに文化事業もしくは社会福祉関係に活用してほしいとのことで横須賀市に寄贈されたものです。


行ってみて驚いたのが、万代会館はかなり広い!敷地面積5,000㎡!
写真で伝わりづらいと思いますが、万代会館を見て行きましょう。

image
万代会館は、住宅街の中にあるのですが、道からは建物が見えないのでちょっと存在が薄い…。

image
門をくぐると、玄関が。
こんにちは〜!と行って見学させていただくことを伝え、庭から入って行きました。

image

image
お、なんかすごい・・・。茅葺き屋根じゃん!


庭からまわって。
image

image
ドーーーン!それも茅葺き屋根が2つ!
実はこの時はわからなかったのですが、写真の右側にもう一つ茅葺き屋根があります笑


IMG_3153
窓は、すりガラスと揺れガラスが使われていて、水色の網戸があったり。
アルミサッシに変わってないのもいいですね。


この家、なんと部屋が5部屋もあるんですよ!
和室が4つに応接間が1つ。

入り口から入ってくると一つ目の部屋があります。
image


曲がると左に和室2つがあるのですが
image

縁側めっちゃ長い!!!!笑
こんな長い縁側見たことありません。

そんなこと言って奥の方は廊下でしょ?と思うかもしれませんが
違うんですよ!奥も縁側なの!!!


ちょうど真ん中に応接間があります。
image
これが茅葺き屋根2棟目。左に庭。


こちらは和室の先、応接間の左側にあるのが縁側。
image


そして、3つめの茅葺き屋根の部屋がこちら。
image
ここにも縁側が。


ちなみに入り口から近い1棟目の縁側の木材はこんなかんじ。
image
2棟目の縁側はちょっとツルツルしてて新しいかんじがした。


最後は夫婦で記念撮影。
image

利用料は、無料で勉強会など開催できるらしいです。
ヨガとかもいいんですか?と聞いたら、そういう動く系はダメらしい。
会議とかだったらいいんじゃないかな?と。
もし、古民家で会議もOKならここはオススメ。

万代会館

時間:午前9時00分~午後5時00分
休館日:月曜日・国民の祝日の翌日(その日が月曜日の場合は火曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)
料金:無料
横須賀市津久井2-15-33
京急津久井浜駅から徒歩5分

新宿から15分!都内からのアクセスがいい築92年の古民家「asagoro」

都内の古民家を開拓するために、レンタルスペースや貸し会議室の予約を運営しているSPACEMARKETで探すこともあります。

そこで、今回見つけたのが築92年のシェアサロン古民家asagoro
スクリーンショット 2015-07-06 18.59.28

東京の古民家スペースだとかなりアクセスいいです!
西武新宿線「高田馬場駅」から急行で1駅目にある「鷺ノ宮駅」が最寄りです。

駅から徒歩10分。道路沿いにあるわけではないので、見つけたとき感動する古民家です。

それがこちら。緑に包まれていて一瞬東京であることを忘れてしまいそう。
東京 古民家asagoro

東京 古民家asagoro

東京 古民家asagoro

東京 古民家asagoro
浅五郎荘

江戸元禄1700年頃、現敷地(元中野区鷺宮)に初代当主が住みはじめ、第14代当主の「浅五郎」により1922年5月(大正11年)に現在の建物を建築しました。その後3代にわたり住み継がれ、2000年頃から借家「浅五郎荘」として貸し出されました。女性シェアハウスとして利用され、2012年3月より一般で利用できるシェアスペースとシェアハウスが併用され建物として運用が開始されました。

中に入ると、ひんやりする空気が。
_DSC8455

貴重な赤い公衆電話もあったり...!レトロ好きにはたまらない

貴重な赤い公衆電話もあったり…!レトロ好きにはたまらない




入るとそこは畳の部屋が2間。
_DSC8475

東京にもまだこういうところがあったんだと感動。
_DSC8484

最近は、企業の会議などにも使われるそう。
鎌倉など人気ですが、都内にこういうところがあるといいですよね!

こちらが縁側。
_DSC8461

実は大家さんの配慮で、フローリングシートに張り替えられていたそうです(笑)
東京 古民家asagoro 縁側

ちょっと残念ではありますが、縁側はかなり気持ちいい空間!

だって、こんなに緑に囲まれているんです!
東京 古民家asagoro 縁側

すごくないですか?
四季を感じる庭なんです。

こちらが館長の渡部さん。
東京 古民家asagoro 縁側

どういう人が利用しているか尋ねたところ
コスプレの撮影地として使う人が多いとか。
実はこの日もコスプレ撮影する人たちが集まっていました。
ちょっと異様な光景・・・笑

最近は、企業の会議利用も増えてきたようです。

恒例ですが、渡辺さんに縁側での写真を撮ってもらいました。
東京 古民家asagoro 縁側

6月には毎月開催される「座話会」というトークイベントで縁側についてお話させていただきました。

P1080075s

みなさん、asagoroに入ってきた瞬間

「おばあちゃんちにそっくり!」
「懐かしい〜」
「東京にもまだこんなところがあったんだ!」
「なんだかまったりできる雰囲気で落ち着く〜」

などみなさん「驚き」というか「感動」を覚えていました。

古民家でイベントしたい人は都内からのアクセスもいいasagoroオススメです!

現在、管理スタッフ募集中!

古民家asagoroでは、「管理スタッフ」を募集しています。
【業務内容】利用者や内覧見学者のご案内および施設説明。清掃や設え等。他管理全般
【勤務時間】朝8時~夜23時のうち、一日1~2時間や週1回なども可です。※ご相談ください。
【勤務形態】アルバイト、業務委託、契約社員
【業務報酬】規定による。時給または月額報酬
【業務条件】交通費別途支給(業務委託は除く)

※フリーランスの方など、ご相談や条件により古民家内の個室を無償でのご利用も可能です。

古民家asagoro

東京都中野区若宮 3-52-5
最寄り駅「鷺ノ宮」徒歩10分

縁側に座って縁側を眺められるコの字型縁側って最高すぎる

先月行った関西縁側視察。のんびりしていたら結構時間が経ってしまいました。
今回訪れたのは、元錦糸問屋だった築120年の京町家、ANEWAL Gallery(アニュアルギャラリー)

twitterでは、交流していたのですが、縁側トークイベントにアニュアルギャラリーを運営している重本さんがいらっしゃって、次の日に視察が決定。

この日すでに4軒目の古民家。
町家 アニュアルギャラリー


暑い中たどり着いた町家は涼しい風が心地よく通り、入った瞬間「気持ちいい〜」と言ってしまいます。

ANEWAL Galleryは「外に出るギャラリー」をコンセプトに地域社会における芸術・デザイン・文化活動のプロデュースを行っていることから、壁が展示物を飾れるような壁になっていたりします。
町家 アニュアルギャラリー


ぬおぉ〜〜〜!コの字型の縁側って初めて!と興奮する私。
町家 縁側 アニュアルギャラリー


斜めからみても最高(笑)縁側に座っているのに目の前に縁側あるって最高じゃん。
町家 アニュアルギャラリー 縁側


苔も綺麗。すでに蚊が出てきていて、蚊取り線香が。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

古民家の夏は蚊との戦いだから、蚊取り線香を4台は稼働させるそう。
一番、渦巻き蚊取り線香が効くとか。あとは「刺されない精神」が必要らしい笑
蚊のことを考えると網戸をつけてしまうわけで、しょうがないけど、網戸なしの古民家は尊敬します。


縁側は黒光りしているかんじで、ツルツル。
町家 アニュアルギャラリー 縁側


麦茶と餅をいただく。縁側に似合うな〜。
町家 アニュアルギャラリー 縁側


こちらが、アニュアルギャラリーを運営している重本さん。
町家 アニュアルギャラリー 縁側 まちくさ博士

京都リサーチパーク町家スタジオの田中館長から「絶対会わせたい!」と言っていたのが重本さん。
重本さんは、別名(?)「まちくさ博士」と呼ばれていて、町に生える雑草に自ら名前をつけて分類する「まちくさ」という活動をし、日本各地を歩きながら図鑑や絵本、エッセイ本を創意自作しているのですが
やっていることがニッチすぎて似ている!ということで引き合わせてくれたのです。

なにがすごいかって、こうやって図鑑を作っているんですよ。
FullSizeRender (3)

すごくないですか!?

タモリ倶楽部とか出れそう。

これを見たとき、上には上がいるな〜と思いましたね笑
なんてったってこの道9年!TVにも出たり。
FullSizeRender (4)

あと、こんなに小さい図鑑も作ったり。
FullSizeRender (2)

もうこれは、「日本えんがわ図鑑」つくるしかない!!!


2階からも縁側が眺めれるし、それもこの部屋に入居できるらしいです。古い文机があって、ちょっとタイムスリップしたみたいな気分になります。
町家 アニュアルギャラリー 縁側


恒例!昼寝姿を撮ってもらう


町家 アニュアルギャラリー 縁側
とにかく気持ちよかった縁側。本当に疲れてたから1時間は寝たかったけど、次の縁側のために退散(泣)


縁側で勉強する女子も。縁側女子は地味に増加中か

[English version at the bottom]今日もぽかぽかと陽気な朝。最近、ANEWAL Galleryの中庭を囲む縁側で勉強をしている学生がいます。今日も朝からやって来て自ら机をセッティング、あっという間に特製縁…

Posted by アニュアルギャラリー on 2015年5月25日


アニュアルギャラリー

京都市上京区実相院町156
堀川今出川バス停近く、白峰神宮北側

北鎌倉にある「たからの庭」で日本の文化や自然に触れる

ついに、北鎌倉にあるたからの庭に行ってきました╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
元々は、来年3月にオープンするイベント会場「鎌倉の邸宅 長谷上町」のプレオープンに参加しようと思って、連絡を取ったのですが、
運営をしている島津さんから「縁側がありません……。」との通達が。


ガーーーーン(´;ω;`)


「たからの庭ならありますよ!」

!!!
島津さんってたからの庭の人でしたか…!
それも縁側なびを知っていてくれました♪

イベントをしている時としていない時ではだいぶ雰囲気も違うだろうなと思い、
今回はイベントをしていない時に伺いました。
ちなみに、ぷらっと行っても誰もいないことがあるので、見学したい場合は問い合わせが必要です!

さて、4年ぶりくらいに北鎌倉駅を降りましたが、北鎌倉はお寺も多いので、ツアーで回っているおばさまがたと修学旅行生が多いですね。ま、平日だったので、混んでるとは感じませんでした。
浄智寺の脇を通って坂道を上ります。
たからの庭に向かう道
たどり着くまでに、日本家屋が立ち並んでいるのですが、こんな日本家屋に住んでみたい!という家ばかりで……。うっとりです。
たからの庭のひっそりとある入り口
お!たからの庭発見♪
たからの庭
これが意外と奥にあるんですわ。秘密基地をみつけちゃうかんじ。


たからの庭
おぉーー!こんなかんじでしたか!

たからの庭は、みんなの古民家をコンセプトにイベント、展示会、ワークショップを開催しています。

この、鎌倉ならではの歴史と文化を感じる「場」を活かして、
鎌倉の文化やアート、生活スタイルの発信拠点を創りたい・・・。
そんな思いで、建物の再生、庭の整備に着手しました。
たくさんの皆様のご協力をいただき、
09年10月、オープンいたしました。

たからの庭 
縁側もあります
たからの庭 縁側
私が縁側に座るのを知っているので、島津さんが縁側をぞうきんがけしてくれました笑
たからの庭 縁側ぞうきんがけ
てか、この日すごいブレた写真しかなくて悔しいです。。。
ちゃんと撮る技術を習得した方が良い気がしてきた(いまさらすぎる)
NiconのD5000を19歳の時に中古4万で購入して、設定そのままで現在に至ります笑

たからの庭 縁側からの風景

たからの庭 庭
もんぺの写真だけいいかんじに撮れている( ;∀;) まぁうまく撮れないのもネタです。
たからの庭の縁側ともんぺ

たかの庭 縁側
和室で薬膳ヨガを開催していたり。
たからの庭 和室

takaranoniwa14
敷地400坪のなかには、窯もあり毎日陶芸体験も開催しています(予約制)
たからの庭 窯

たからの庭 窯

たからの庭 窯

たからの庭 窯
絶対今度行こっ。

たからの庭では作家さんを応援していて、その場所の提供をしています。
この日は苔玉を作っている方でした。
takaranoniwa16

島津さんは約20年前に鎌倉に東京から移住してきて、鎌倉古民家バンクという古民家を大切にして活用する仕組みをいち早くはじめました。

たからの庭でいえば、たからの庭を拠点として活動する人が会員になり
年に数回、施設維持としてみんなで掃除したり。
なんていったて400坪ですからね。夏は雑草、冬は落ち葉。
古民家を維持するのって本当に大変ですけどこうやってみんなで維持していく、というのが愛着もわいていいですよね。
たからの庭開拓ストーリーはこちら↓
http://takaranoniwa.com/story/




そして、今回も恒例のちゃっかり縁側撮影!島津さんに撮ってもらいました。
たからの庭 縁側撮影

帰りはたからの庭の左側にハイキングコースがあるので、知人宅に寄って帰りました^^
北鎌倉ハイキングコース

たからの庭

鎌倉市山ノ内1418-ロ
*スタッフは常駐していません。
最寄り駅 北鎌倉駅 徒歩10分

このしっぽはとなりのトトロに出てくる……?

縁側 トトロ 猫バス

お?

縁側 トトロ 猫バス

なにかが近づいてくるぞ?

縁側 トトロ 猫バス


縁側 トトロ 猫バス

ニャ〜

縁側 トトロ 猫バス


縁側 トトロ 猫バス


縁側 トトロ 猫バス

・・・ストン












猫バスちいさっ!!!

撮影場所:高円寺8890
モデル:猫バス
縁側なびでの記事はこちら↓
「えんがわ」という映画を作った監督に会っちゃったの巻
春の特別企画!ゆる〜り春の古民家料理教室開催

【東京】庭に神社がある古民家のイベントスペース「東京おかっぱちゃんハウス」

今回は上石神井駅から徒歩5分のところにあるイベントスペース兼アトリエである「東京おかっぱちゃんハウス」に行ってきました。

早速みていきましょう♪

見た目は普通の古民家。築50年

見た目は普通の古民家。築50年

おじゃましま〜す

おじゃましま〜す

カラフルな絵が出迎えてくれます

カラフルな絵が出迎えてくれます

お〜!長くていいかんじの縁側

お〜!長くていいかんじの縁側

長い丸太が使われてますね。すばらしい。

長い丸太が使われてますね。すばらしい。

ちょっと変わったランプも

ちょっと変わったランプも

お部屋も拝見

古民家 東京おかっぱちゃんハウス

古民家  東京おかっぱちゃんハウス

この日は「uduの北欧絵織教室 〜赤ちゃん連れ大歓迎!」というイベントをしているところでした。
お子さんが部屋を出たり入ったり笑
古民家 縁側 東京おかっぱちゃんハウス

古民家 縁側 東京おかっぱちゃんハウス
縁側にも座ってみます。
古民家 縁側 東京おかっぱちゃんハウス
なんといってもここのお庭には小さな神社があるんです…!
古民家 縁側 東京おかっぱちゃんハウス
鳥居があるお庭は初です。
今日は、もんぺやで購入したモールス信号柄のもんぺを履いて。
古民家 縁側 東京おかっぱちゃんハウス
恒例の縁側写真を撮ってもらう笑
古民家 縁側 東京おかっぱちゃんハウス


2013年にオープン、その経緯は


おかっぱちゃんハウスのイベント企画、デザイン全般に関わる業務を全て担当しているのがイラストレーターのBoojil​ (ブージル)さん。
旅好きなBoojil​さんは、19歳の頃から現在まで年に1〜2カ国は海外へ訪れていて、その数は20カ国を超えているそうです。
そんな旅先で出会った人たちに親切にしてもらい、人とのつながりがいかに大事かということを実感したBoojil​さんが、今度は人が集まれるような場所が作りたい、ということで帰国後この古民家に出会ったそうです。

この古民家の特徴はBoojil​さんが海外で購入した雑貨などが飾られているので、日本家屋ではあるけれど変わった雑貨たちが異彩を放ちすぎていて、よくある「懐かしい〜」という感覚がなく私自身も楽しませてもらいました。


なぜ古民家は懐かしさを感じるのか


古民家に入れば懐かしさを感じることの方が多い私ですが、そういうのってやっぱり匂いだと思うんですよ。
カビくささがいい感じの匂いになってしまってるんですよね笑
特に夏だと蚊取り線香とか。
でも面白いのが私のマンションでも蚊取り線香炊いたりしましたけど、全く懐かしさは感じられず笑
むしろ、煙いのと、カーテンと家中の服が蚊取り線香の匂いになるのですぐやめました。小さい家は厳しいです…

ということで、イベントも多彩でヨガ教室などここで開催できたらいいなーと思いましたとさ。

東京おかっぱちゃんハウス

東京おかっぱちゃんハウス
http://infoboojil.wix.com/okappachan-house
所在地:〒177-0044東京都練馬区上石神井3−30−8
最寄り駅:上石神井駅

*イベント時以外の訪問は受け付けていません