天文台にある旧官舎を「星と森と絵本の家」に。子供から大人までまったりできる

今回は、インスタで発見した絵本がたくさんある古民家らしき施設。

調べてみると、三鷹市が運営している、「三鷹市星と森と絵本の家」というところ。

なんで星と森?と思ったのですが、

なんとここ、国立天文台にあるんです!

s_P7122906

天文台の森の中にある大正時代の建物で、もともと官舎だったところを絵本の家としてオープン。

天文台内に官舎は何軒かあったらしいのですが、その中でも、一番保存状態がよかったこの旧官舎を残すことになったようです。

s_P7122884
玄関からは入れないようになっているので、旧官舎にくっついている新しい施設側から入り、縁側部分につながるようになっています。

s_P7122885
すぐに右側の部屋は、地球儀が置いてあって、すでに天文台らしい空間です。

s_P7122896
手前は、広々と遊べる大きな和室。
ここで、1歳児くらいの子がハイハイしながら遊んでいました。

私は、ここまで来るのに疲れたので、この部屋でゴロゴロしました笑

s_P7122889
奥に進むと、絵本展示室。
縁側はそのまま残っていますが、展示室はリノベーションされていますね。

この絵本展示室は、1年ごとの企画展で、「見る・知る・感じる絵本展」と題し、絵本を通じて天文への興味を広げる体験型展示になっています。

s_P7122890

平成29年度は、「もののもと ぼく・わたしのできるまで

わたしたちのまわりには「もの」がたくさんあります。
「もの」たちは、それぞれなにからできているでしょうか?
材料をさぐり、その材料がどこからやってきたのか、
それは何でできているのか…

「もののもと」をさがしに、宇宙のはじまりまでさかのぼっていきましょう。

s_P7122893
これは、もう小学校や中学校に置くべきでは!?と思ったものや

s_P7122894
地球のロッカーを開くと、また展示物が見えたり

s_P7122899
元素の周期律表!これも理科室にあるべきものだと思います…!

s_P7122898
軒の部分には、月の満ち欠けの様子まで。さすが。

s_P7122891
もちろん展示室の奥にある部屋には、絵本もたくさんあります。
その数、2,500冊!

s_P7122905
本棚は「ほし」「ちきゅう」「もり」「しょくぶつ」「どうぶつ」「ひと・くらし」の6つに分かれていて、こんな絵本あるんだ!?と初めてみる絵本ばかり。
名作もありますが、絵本だからこそいろんな物事がわかりやすいような本ばかりが揃っています。

本は貸し出していませんが、家の中ならどこでも自由なところで読むことができるんですよ!

s_P7122904
そして、奥の小さな部屋は、子どもが遊べる部屋も。
印象的だったのは、子どもたちがこの施設にきたら、一目散にこの部屋に行っていたこと。
児童館代わりにもなっているようでした。

s_P7122900

s_P7122892
ちなみに、ここの縁側は、くれ縁。
だけど、上と下、板の大きさが違うのが印象的です。
上の方は比較的、縁側の板も細いし珍しいと感じましたね。


建物の様子は、こちら。結構広いです。

自然にも触れられて、古い建物で遊べて、知的好奇心を刺激するような絵本たちばかりで、子どもだけでなく、大人も楽しめるところだなと感じました!

まだ、自由研究が終わってないお子さんをここに連れていって、レポートを書くのもいいのかもしれませんね!笑

三鷹市星と森と絵本の家

三鷹市大沢2丁目21番3号 国立天文台内
電話 0422-39-3401 
開館時間: 午前10時~午後5時
休館日:火曜日、年末年始(ほかにメンテナンス休館あり)
その他:飲食可能なスペースあり

縁側の建具が素敵!ステンドグラスのような建具があるうつわと雑貨のお店「器人器人」

今回は、前回紹介したkoharu cafeの隣にあるうつわとざっかのお店「器人器人(きときと)」です。

s_P6142811
店舗の入り口が縁側になっているのですが、かなりハイカラな建具で目を引きます。
ステンドグラスみたいですよね。

s_P6142809
店内に入ると、外からみた風景とはまた違った雰囲気。

こちらの建具、オリジナルなんです。

お店の方は、普通にしたかったらしいのですが、大工さんがこういう方が絶対いいよ!ってことで、オリジナルでこういう建具を作ったそうです。

結果的には、この建具があることでお店と認識してくれるみたいで、よかったと言っていました。

s_P6142808
古民家を改装した静かな店内は、縁側から靴を脱いで入ります。

新しい作家さんからベテランの作家さんまで、取り揃えてあって、なおかつ手頃な価格で購入できます。
箸置き ¥315〜
茶碗 ¥1500〜3000
マグカップ ¥2000〜3000
カトラリー ¥350〜

ちなみに私は、風鈴を買いました!

素敵な器もたくさんあったので、器好きさんはぜひ訪れてほしいお店です。
ぜひじっくり自分のお気に入りの雑貨を見つけてくださいね。

◆そして、お知らせです◆
縁側のある家で暮らしたい人が参考になるような本を作ろうとクラウドファンディングに挑戦します!
縁側のある家に住んでいる人メインに作る予定です。
8月3日に公開予定ですので、ぜひお力をいただければと思います!
よろしくお願いいたします。

器人器人

11:00~18:00
定休日/木曜日
駐車場有り
0742-26-8102
奈良市東包永町61-2
近鉄奈良駅から北へ徒歩約15分

小川のせせらぎを聞きながら縁側でまったりできるギャラリー「ゆこもり」

こんにちは、縁側ちゃんです。


今回は、長野県松本市にある古民家ギャラリー「信州・松本の手仕事扱い処 ゆこもり」にお邪魔しました。


s_pb101811
場所は松本市にある浅間温泉街の中にあります。
一見普通の家にみえるけど・・・

ゆこもりのオーナー瀧沢さんからは「庭の奥に入ってきて下さい。」と伝えられていたので、私はてっきり庭仕事でもしてるのかな?と思って、庭の奥に。

s_pb101814

お庭にある階段を下ります。途中ここかな?と思うところがあるんですが、そこではなくもっと下ります。

s_pb101836

あった!

s_pb101866

振り返るとこんなかんじ。

縁側がギャラリーの玄関なので、縁側から入ります。
お邪魔しまーす。


s_pb101865
お、縁側に絨毯引いてる。まぁ寒いですからね。
でも、お目当ての縁側はここではありません。


s_pb101818
中へ入ると、11月の企画展トザキケイコ展が開催中。
岐阜の作家さんで、今週末には糸かけ曼荼羅ワークショップも開催されます。


s_pb101820
壁の色がかわいい。


さて、この障子の奥にお目当ての縁側があります。

障子をあけると・・・

s_pb101822


紅葉ドーン!!!
真っ赤に染まった紅葉がきれい。


s_pb101827
そして、庭が広すぎる…!
家の端には小川が流れていてその音もいい癒しを与えてくれていました。


s_pb101824
ちょっと広めの縁側。

縁側が気持ちのいい季節は、ギャラリーのお客さんがここでお茶を飲んでまったりしているのだとか。
いいですな。


s_pb101828
縁側にこの板は珍しいですな。

こちらは、昭和10年に建てられたのですが、板は昭和40年ごろに張り替えたのかな?

オーナーの瀧沢さん

オーナーの瀧沢さん

ゆこもりは、13年前にオーナーの滝沢さんがギャラリーに作りかえてオープン。
ゆったりとした空間が流れています。


s_pb101831
縁側の左側には廊下が。

そう、この家増築増築で、建物が4つくらいあってそれがつながっているんですよ!


s_pb101833
廊下も斜めになっていたりして、岩手県にあるお寺みたいだった。
家の増築はよくみるけど、こんな増築の仕方は初めてみましたよ。


s_pb101847
実は一番最初の家がここで、元々せんきの湯という湯治場だったんです。
こちらは築年数が不明とのこと。


s_pb101850
常設展示もされていて、作家さん100名以上の陶磁器、ガラス、木工、漆、金属、布の食器、酒器、茶器、花器、置物などなど、様々な作品が展示されます。
12月は「庫出し市」が開催されるそうです。


s_pb101860
素敵な器が多くて、この急須に一目惚れしてしまい、西山光太さんの作品を購入しました。
すてきでしょ〜?


他にも素敵な作品がいっぱいありました。
s_pb101856

s_pb101857

s_pb101859

最近若い女性でもうつわ好きさんが増えたような気がするんですよね〜。
好きなモノに囲まれていたい、こだわりのあるものがいいという考え方がありますよね。


うつわ好きさんは素敵な作品に巡り会えるギャラリーだと思うので松本に行った際はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

手仕事扱い処GALLERYゆこもり

松本市浅間温泉3-11-4
0263-46-2066
※休み 木・金曜日