大正ロマンを代官山で、のんびり感じる

朝倉

D5000 110

代官山にある重要文化財、旧朝倉邸に行ってきました。

知らない方も結構いるのではないでしょうか?
代官山の駅から徒歩5分のところにありますが、
大体の方は気付かないと思います。

入口がこんなかんじ。
朝倉

建物が見えないので、今どきの若い者には興味を惹きたてられない入口となっております。

旧朝倉家住宅は、東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した朝倉虎治郎氏によって、
大正8年に建てられました。

大正は、昭和の前です。(いらない解説)

縁側

庭園を眺められる縁側です。

そういえば、上から2枚目って縁側でいいんだよな?
実はこれはただの廊下なのかな?

と、縁側なびを書くのに嘘はつけないと思い、
私が家を建てる時は縁側がついている家を既にお願いしている
スターディ・スタイル一級建築士事務所の塚本社長に
縁側かどうかを聞いてみました!

そしたらこれは縁側だそうです!よかった。

ちなみに縁側には種類があって、くれ縁と濡縁があります。
くれ縁は、母屋と切り離れてて、くっつけてつくった縁側
濡縁は、母屋の外側に取付けた縁側

いまいち、パッと思いつきません。
縁側についてまだまだ未熟でした。

2階

朝倉邸

D5000 145

D5000 147

D5000 148

お庭にいきます。
庭園

庭園

D5000 133

D5000 134

D5000 135

庭園

広くて若者に人気な代官山。代官山を忘れるくらい静かです。
平日は写真を撮ることが趣味なおじさんしかいません。

ここで裏話。
受付に行くと、その日私はリュックを背負っていました。

そしたら、受付の方に言われた一言。

「リュックは前に背負うようにお願いします」

ここは海外か!!!!
と突っ込みを心の中でして、私はリュックを前に背負いました。

訪問者は海外の観光客の方のほうが多いので、スリとかあるのかもしれません。

行く時は事前にリュックを前に背負うといいでしょう。

住所:渋谷区猿楽町29-20 (郵便番号:150-0033)
電話:03-3476-1021
交通:東急東横線「代官山駅」5分
一般100円、小中学生50円、年間観覧料500円

梅の咲いていない水戸の偕楽園は穴場

縁側

縁側

水戸の偕楽園に行ってきました。
金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに日本三公園の一つで
梅の名所としてその名が知られています。

ちなみに三大公園といっていますが、
枯山水や茶庭の池泉回遊式以外の形式のものは含まれていません。

三大なんちゃらやたら多いですからね。

私は、はじめて訪れたのですが、とても広くていい気持ちでした。
入場料が無料なのも魅力です。
なので、おじいちゃんおばあちゃんの憩いの穴場スポットでした。

ここで偕楽園の歴史。
水戸藩主第9代藩主徳川斉昭によって造園されました。
江戸幕府第15代将軍徳川慶喜のパパですね。

特徴としては
偕楽園記には、「是れ余(斉昭)が衆と楽しみを同じくするなり」
とあり、藩主や藩士のみならず庶民にも開放する目的を掲げて造園され
近代の公園に近い性格をもっています。

縁側

D5000 026

そして、この好文亭。
好文亭は有料ですが、入る価値ありです。
ほぼ人がいないので、縁側でぼーっとできます。
そして2階は千波湖を眺めらることができて気持ちいいです。

縁側

梅シーズンを外していくのがいくのをオススメします!

〒310-0912
茨城県水戸市見川1丁目1251
029-244-5454
JR常磐線 水戸駅→水戸駅北口偕楽園行きバスで約20分→偕楽園入口下車
常磐自動車道 水戸I.Cより約20分
北関東自動車道 茨城町東I.Cより約20分
北関東自動車道 水戸南I.Cより約20分