古民家を活かしつつ古さを再現、鎌倉にある築92年の古民家カフェ「Y’cafe」

鎌倉には古民家カフェが多いのですが、知る人ぞ知る古民家カフェを見つけたのでご紹介します。

今回訪れたのは、坂の下付近にあるY’cafe(ユカフェ)
大正15年頃の古民家を利用した小さなお店です。
s_P3302434

お店は住宅街の中にあって、本当にひっそりと佇んでいます。
お客さんも「あれ!?こんなとこにお店あるんだ!?」みたいなかんじ入ってくることもあるそうです。
知る人ぞ知る古民家で、基本メディアには出ていないのですが、今回は特別に取材させていただきました!

実は、この古民家、古民家再生協会が手掛けた物件なんです。
外観がとてもいいですよね。
鎌倉で店舗を探していたところ、たまたまこの物件を見つけ、古民家再生協会の古民家鑑定士の方に古民家をみてもらったところ、とても保存状態がいい、ということで当時のものを出来る限り利用して、必要な補修・補強をして再生したそうです。

なので、この外観ももともと古かったのではなく、漆喰塗りに下見板張りで仕上げて、古き良き古民家の雰囲気を再現しています。

では、さっそく中に入ってみましょう。

s_P3302435
玄関を上がると、縁側と小さな空間が。

s_P3302436
小さな空間も席になっていて、もちろんこちらの席がおすすめです。
庭も眺められて、これからの季節はアジサイも見られそう。

s_P3302459
店内は、テーブル席が4席。

s_P3302452

店内は北欧家具があって現在にあった柔らかい雰囲気です。
s_P3302449

s_P3302453

縁側がみえる奥のテーブル席もおすすめ。
s_P3302438

s_P3302455
縁側の床や天井は柿渋に天然塗料を混ぜた柿渋ペイントという天然塗料を塗っています。
柿渋は平安末期からさまざまなモノを長持ちさせるために防水防腐剤として使用されていました。
戦後はほとんど使われなくなったのですが、天然素材の安全性が見直され、最近注目を集めているそうです。

s_P3302442

s_P3302456
天井は、「うづくり」が際立っている杉板で、より古民家の雰囲気を出しています。
うづくりとは、木材の加工方法の一種で、木の表面を丁寧にこすり、年輪を浮き上がらせるもの。

杉板の木目は目に優しいとされ、眠る時によく見る天井板にはいいそうです。
そんなことを聞いたら、無性にこの天井を見ながら寝てみたい…!と思ったり(笑)
最近、こういう天井を見ることもなくなりましたよねぇ。

s_P3302445
縁側でデザートとコーヒーをいただきました。

そういえば、先月実施した縁側ツアーで訪れた古民家のうちの一つだったのですが、デザートを食べた後、参加者のみなさんで縁側写真撮影を実施しました。
s_IMG_5297
小さな空間のところの窓から縁側を撮ると、とてもいい雰囲気に。
ここからの角度もいいけど、後ろ姿も雰囲気があっていいですよ。

s_PIC_0148
参加者のみさなんとも集合写真を撮りました。

これから6月となるとアジサイの時期で、鎌倉は大混雑に!
Y’cafeも混むようなので、空いている日に行きたい!という方は、アジサイが咲く前か(笑)雨や寒い日がオススメです。

Y’cafe

〒248-0021 
神奈川県鎌倉市坂ノ下24-20
0467-91-4326
営業時間: 11:00 – 17:00
定休日: 第1,3日曜日、毎週月曜日
※お子様連れ、大人数での来店NGです。
http://ycafe-kamakura.com/

昭和の名残ある蕎麦屋をカフェへ、今も地域の人々に愛される場所として存続する「蓮月」

こんにちは、縁側ちゃんです。

今回は、東京大田区池上にある古民家カフェ蓮月にお邪魔しました。



s_pa191778
地元ということもあって、前から気になっていた古民家。
前は、地域の人に愛されているお蕎麦屋さんでした。

大将がご高齢で納得のいくそばが打てなくなり、地域の人に惜しまれながらも閉店。
昭和初期に建てられたこの家を地域の人々が残したいという想いでプロジェクト化し、カフェにすることに。

それでは、早速店内をのぞいてみましょう!


s_pa191766
結構広い!
お蕎麦屋さんだったとは思えないおしゃカフェになっている…!

実はここ、小泉今日子さんと二階堂ふみさん主演の映画「ふきげんな過去」のロケ地でもあります。


s_pa191764
でも入り口付近のテーブルは、ちゃんとお蕎麦屋さんの雰囲気が残ってるところもいい。
だって、地域に愛されていたお蕎麦屋さんなのに全く雰囲気が変わっちゃったら常連さんだった人もちょっと寂しくないですか?

ザ昭和に憧れがある私は、昭和の雰囲気というか名残、もしくはそういう演出がされた空間って私は好きです。
タイムスリップした気持ちになるっていうか。


s_pa191754
店内にはカウンター席も。


そして、奥に進んで行くと・・・
s_pa191769
お庭が眺められる縁側の登場です!


s_pa191755
なんといっても縁側からの風がすごく気持ちよかった!!!


s_pa191788
この角度からが一番いいといって撮ってもらったのですが、めっちゃいいですよね!
なんか昭和っぽいというかトトロに出てきそう!いや、トトロがでてきそう。


s_pa191757
他にはソファ席もあったりして落ち着いた雰囲気がありました。
いいかんじにリノベーションされてて、席と席の間も広く居心地がいい。
私は、古民家カフェでも目一杯にテーブルが配置されているのはあまり好きじゃないんです。
オーナーの輪島さんは「家を作るようにカフェを作った」とのこと。
確かに、普通のカフェってお家なわけじゃないけど、古民家ってお家を改造してお店にしているわけだから、お家みたいな雰囲気が一番いいですよね。

オーナーの輪島さん

オーナーの輪島さん




s_pa191807
ちなみにお蕎麦屋さんだったのは、写真中央にある観葉植物まで。観葉植物からカウンター席はご自宅だったみたいです。
なので、席数はすごく少なかったみたいですよ。


s_pa191773
2階は、純和風の広いお座敷になっていて、レンタルスペースとして貸し出されてます。
旅籠や結婚式などの宴会場として使われていた時代もあったそうです。


ここ、中学生と高校生に向けて、放課後自習室としても利用できるんですが、ドリンク50%オフになるらしくなんとお得な勉強室なの!自分が中学生だったら絶対利用していた…!と思いました。


s_pa191808
デザートも地元の料理研究家の方が監修されたみたいで、めっちゃ美味しかったです。
この前は、ランチメニューが大田区から表彰されていたほど。

池上って本門寺があるわりになんもないからつまんないと思っていたんですが、素敵なカフェができたので地元の友だちとまた行きたくなりました!
ランチ時は混むようなので、ぜひオープン時間の10時ごろ行くとまったりした雰囲気が流れてオススメですよ!

古民家カフェ蓮月

東京都大田区池上2-20-11
03-6410-5469
OPEN : 10:00~22:00 (21:30LO)
不定休

そよ風を感じながら食べる母の味は最高に美味しい「やまもりカフェ」

もう先週になりますけど、ゴールデンウィーク最終日に国立市になる「やまもりカフェ」に行ってきました。
やまもりカフェは、母めしをコンセプトにする健康食堂。

熱い生産者から厳選した旬の食材や調味料をとり入れ、お母さんの知恵と工夫を生かして丁寧につくる「母めし」。
そんな自然の恵みと人の温もりを享受した母めしは、健全なからだと豊かなこころを育みます。

昔の佇まいを残した店内から季節感あふれる庭をのぞむと、
日本人の安らぎがそっと戻ってきます。

さて、今回はすごいことがおこったんです…!
縁側って小さい頃に座ったことがないと大人になっても興味を持てないんですよ。
その良さを知らないから。
で、今回仲の良い友人がこんなことを言ってきました↓↓
IMG_6865
あんだけ縁側には興味持てないとか言ってた人が、自ら縁側連れてってなんて(´_`。)
感動です。発信してきたかいがありましたよ、ほんと。

最近は、instagramで調べた方がいい縁側情報ってあるんですよ。
#古民家で調べると、やまもりカフェの古民家の玄関に一目惚れ…!
絶対縁側も気持ちいいところなはずだ!と思い、連休最終日に行ってきました。

オープンは11:30。だけど縁側のために11時着の私。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
人気なカフェそうだったので、早めに到着。
さすがに1番乗りでした(笑)


みてください!この玄関!懐かしい感じが漂ってて好きです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


OLYMPUS DIGITAL CAMERA


なんといっても窓枠がアルミサッシじゃないところがいいですよね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

11:20くらいになるとお客さんがチラホラ。
予約をしないできてしまった私はそわそわ・・・
これで縁側の席が予約されてたら泣くな不安になる私。

多分この人が1番目に入るんだろうなという雰囲気を醸す。

11:30 執念で縁側の席をゲット!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
縁側には3テーブルあって、私たちは端の席に。
予約すると縁側の真ん中の席に案内されるみたいです。


店内はこんなかんじ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA



庭が広いし、窓も大きいから風がすごく気持ちよくて。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


日替わり定食を2種類頼みました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
定食がきたころには店内は満席。
みんなこういう普通の和食を求めてきているかな・・・

素朴な味でどれも美味しかったのですが、どちらかといえば
「これを毎日作るのとか無理じゃない!?」とか
「毎日肉じゃがとかありえるよね・・・」とか
料理できない目線でずっと話してました笑

そよ風が気持ちよくて眠くなる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
基本、どこでも眠くなる私ですが、縁側での眠気ってちょっと違いますよね。
癒されてる中眠くなる心地よさがあって。

縁側って心のデトックスする場所だと思う

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
パワースポットとはちょっと違うだけど、疲れが取れるみたいなのはあって。
今まで縁側は癒される場所って言ってましたが、心のデトックスってすごくしっくりきました。
何もするわけじゃないんだけど。

やまもりカフェ

東京都国立市谷保5119
JR南武線「谷保駅」北口より徒歩5分
11:30~15:00(木曜定休)

カフェから自動車屋まで!? 実家を小さな町のようにした「Senkiya」が面白い

ある日、高校時代の部活の先輩から連絡が入り
LINEのやり取り

埼玉県川口市にある古民家カフェSenkiyaに行ってきました!


もともと植木屋さんだった


ここは、もともと家業である植木屋「千木屋」を息子さんの高橋さんが
実家を改修して、古民家カフェSenkiyaとして運営。
古民家カフェ senkiya
うわぁーーー!素敵だ。

築40年くらいなので、農家さんの家のような日本家屋じゃないけど
昭和っぽさというか、かわいいけどしっかりした家、という印象。

「こんな田舎にカフェあるのかな?」

というくらい、周りは民家しかないし、古い家も多いから田舎感があって
東京の若者からするとTHE☆田舎

といっても、目黒駅から南北線で56分で着くんですよ。
埼玉ってだけで遠いイメージあるけど、意外と近い。

縁側でランチしているカップルがこれまた絵になるんだわ…!

お邪魔しま〜す♪
古民家カフェ senkiya
え!オルガンある!左には黒板も。
古民家カフェ senkiya
懐かしー!なんていって、入り口から惹かれます。
大人は久しぶりにオルガンなんてみるもんだから、ついつい弾いちゃったり。

店内に入れば、良い距離感で置いてある机の配置がこれまたいいんだ。
DSC_1359
都心部のカフェは、とにかく人を多く入れたがるから、隣との席が近くて落ち着かないけど
適度な距離感で、入った瞬間「良い空間だ!」と思いました。

もちろん、縁側の席でランチを。
DSC_1362
縁側の窓ガラスの上の柄とか、なかなかみない柄じゃないですか!?この柄は初めてみたけど、こういうのもかわいい。
DSC_1367
店内の雰囲気はこんなかんじ。
DSC_1364
写真の奥のところが仏間だったそうで、ここを改修してより広く。
DSC_1369
ランチは1000円。14時で売り切れてました。
DSC_1382

DSC_1380


色々な人が集まる場所を作りたい


もともと植木屋さんだった実家を改装していますが、
お家はこんなに広いため、ここにポツンと古民家カフェができても
「わざわざ来てくれることは難しい・・・」と考えたオーナーの高橋さんは
DSC_1428
2階を古本屋
DSC_1427
珈琲豆焙煎工房
DSC_1431
革小物制作工房
DSC_1433
左が建築事務所で右がvolkswagen、裏に観葉植物園
DSC_1432
などがあって、色々な人が集まる場所を作りました。

IMG_6035
車乗らないけど、こうやってかわいい車が置いてあると欲しくなるし運転したくなりますね。

試しに、検索してみたけど
IMG_6147

・・・人気だから中古車でも高いということが判明。


小さな町のテーマパーク


Senkiyaに来た時、
小さな町みたいで、かわいい!

と思ったんですよね。

ここにはいろんなお店があって、
この町で生活している人が行き交っている感じがしたんです。

隣に駐車場があるから、ここに寄らない人でも人や車が行き交っているので
生活感があるし。
あとはベンチがあったり、シーソーがあったり、かわいい犬たちがいたり
カフェを利用しなくても、ぷら〜っといれる場所ですね。

いろんなものがいーっぱいあるわじゃないけど

小さなテーマパーク
みたいで楽しいんです。

結局3時間半くらい滞在して、Senkiyaを堪能しました。
いい感じのほっとかれ具合というか、お客さんと近からず遠からずなので、ちょっと落ち着いたところに行きたい人は
都心から川口まで1時間もかからないのでオススメ。

Senkiya

埼玉県川口市石神715
048-299-4750
南北線直通 埼玉高速鉄道「戸塚安行駅」3番出口からバスで約5分
川19 安80・川口駅東口行き「新町東」下車 徒歩3分
Facebook 

古民家カフェはいつから増えた?オープン時期からわかること

ここ数年で、古民家カフェが増えましたが、
「いつ」増えたのか調査しました。

まずは、私が行ったことのある縁側のある古民家カフェ。
私は、2011年の震災以降、自分の働き方や生き方を見つめ直す人が増えたから
古民家カフェも増えたのでは?と仮説をたてました。

都心にある古民家カフェ、DADA Cafe 
→DADA CAFE(代々木)2005年11月
dadacafe

一度は行っておきたい縁側の良さが出ているカフェ「手ぬぐいカフェ」
→手ぬぐいカフェ(鎌倉)2007年
tenugui

平日でも満席になる人気店!葉山にある縁側カフェ
→ENGAWA CAFE(葉山)2008年5月
縁側カフェ 玄関

『最後から2番目の恋』でモデルになったカフェ
→カフェ坂の下(鎌倉)2008年
鎌倉 カフェ坂の下 外観

縁側で日本一になったコーヒーを
→ツキコヤ(横須賀)2010年
ツキコヤ 古民家カフェ 縁側

小さな庭で縁側をみながら美味しいコーヒーを飲む、至福な時間
→OMOTESANDO KOFFEE (表参道)2011年1月
縁側なび オモテサンドウコーヒー

四国で1番人口が少ない町、上勝町で古民家を利用したシェアカフェ
→シェアカフェ(上勝町)2012年
kamikatu

お茶と美味しい田舎料理が300円!静岡の山奥にある縁側カフェに行ってみた
→縁側カフェ(大沢町)2013年6月
osawa

ゆったりとした時間が流れる、西荻窪のブックカフェ&ギャラリー「松庵文庫」 
→松庵文庫(西荻窪) 2013年7月
syoan

縁側のあるチーズケーキ屋さん@学芸大学
→AzzurroCafe(学芸大学) 2014年5月
aworks

家が文化財、、、趣きある縁側カフェ「昭和の家」で思い思いの余暇を
→昭和の家 縁側カフェ(竹の塚)2014年
縁側カフェ 昭和の家

築100年の古民家でマクロビランチ
→穀菜カフェ ソラフネ(鎌倉)2014年2月
雑穀カフェ 古民家

2015年3月、オープン予定
HUG CAFE(横浜)

震災は関係なさそうですね。安易すぎました。

私が行ったことあるところだけだと限られているので、
縁側あるなしに関わらず、縁側なびでは紹介していない「古民家カフェ」の年も調べてみました。

tenement 2002年
カフェ紅 2004年
mois cafe 2004年
English Teahouse Peko 2005年
こぐまカフェ 2006年
花想容 カフェ 2006年
iriya plus cafe 2008年
senkiya 2009年
keats 2010年
Re:gendo 2011年

全てを調べたわけではないですが、10年前に古民家カフェが増えだしたというかんじでしょうか。
確かに、10年前くらいからカフェブームができた気がします。

そして、これだと共通点がみつからないので余計にわからなくなりました笑

他になにか時代が変わるきっかけがあったんじゃないか?と調べてみました。

すると、2007年に「社会起業家 元年」と呼ばれていたようで
社会問題に取り組む起業家が出始めていました。
私は、この2007年の社会起業家 元年と少なからず関係しているのでないかと思っています。
古民家を残さず、取り壊し新築にしてしまうのではなく
リノベーションして残す流れになりはじめた頃なんじゃないかな、と。
それが世間的に「いいこと」ととしてうつった。
メディアもそういう取り組みを取り上げた。
そこから古民家カフェや古民家を使ったお店が増えたのではないかと私は考えます。

2007年なんて、私は
「花より男子2」「のだめカンタービレ」「イケメンパラダイス」など
ドラマの豊作年だったことしか覚えていません笑
そう思うと高校生にはまだ社会の流れなんてわからないもんだなと・・・。

古民家カフェにする経緯は人それぞれ違いますが、
時代の流れもあって、社会起業家元年がきっかけとなって後押ししたのではないかと思いました。

『最後から2番目の恋』でモデルになったカフェ

2012年に小泉今日子が主演した「最後から2番目の恋」
人気で昨年に続編も。その舞台が鎌倉なんです。

1話まで見た覚えがあるのですが、「なんかつまんない!」と思ってやめてしまいました。
結構面白かったみたいなのですが、ドラマは1話で決めるたちでして笑

カフェ坂の下は、”カフェ・ナガクラのモデルになったカフェ”みたいです。

で、平日14時でも満席で約20組待ちだとか…。
10時オープンということでこういうところはオープンと同時に入るのがいいから、と思って、亀時間から直行!
この日は雨ということもあって、オープン30分しても私だけでした笑
鎌倉 カフェ坂の下 外観
入ると、そこには縁側が…!古民家カフェとは聞いていましたが、縁側ないと思っていたんですよね。もちろん縁側の席へ。

土日にここに人がいっぱいいるんですね...

土日にここに人がいっぱいいるんですね…

鎌倉カフェ坂の下

鎌倉カフェ坂の下

鎌倉カフェ坂の下

鎌倉カフェ坂の下
そして、ここの名物はパンケーキ!

ドリンクセット1160円

ドリンクセット1160円


いや〜食べ応えあった。

今の時期、縁側は足が寒いので、ストーブの近くがオススメ!
鎌倉は1月〜2月が観光客が一番少ない時期なので、暖かい時期よりは今の方が待ち時間は短いかもしれません^^

カフェ坂の下

神奈川県鎌倉市坂ノ下21-15
平日10:00~16:00
休日10:00~17:30
ランチ営業、日曜営業
定休日 月曜日 火曜日

縁側で日本一になったコーヒーを

今回は、京浜急行の追浜駅(横須賀市)から徒歩20分のところにある
ツキコヤというカフェに行ってきました〜

食べログの口コミ欄では「眺めがいい!」とか
「タクシーの運転手はそこまで行くのに嫌がる」とか
どんなところよ…!と思っていたけど

確かに眺めがよかった
ツキコヤに向かう途中

でも、坂道ではあるけど運転手が嫌がるほどでもないっしょ?
て思ってたけど、お店の手前の坂がありえないくらい急だった笑

そして、到着〜!早足だったのもあって15分くらいだったかも。
ツキコヤ 古民家カフェ 外観

玄関もいいかんじ〜

玄関もいいかんじ〜

入ると平日の15時にも関わらず、店内はほぼ満席!

テーブル席に案内される

テーブル席に案内される


おそらく、ランチからデザートまで堪能するとこの時間までおばさまたちがいる模様。
私はあの縁側の席に座りたい...!

私はあの縁側の席に座りたい…!


14:30以降はデザートのみで、フレンチトーストとドリンクセットを注文。
ブラジルコーヒーを注文

ブラジルコーヒーを注文


実はこのお店、2014年の夏に、焙煎したコーヒーが日本一に!
NHKでも取り上げられるほど、注目のカフェ。
会計の時に「NHKみて、ここの来たの」という人が何人かいたり。
古民家カフェ ツキコヤ コーヒー
そして、名物はフレンチトースト972円
こんなに美味しいフレンチトースト食べたの久しぶりだ...

こんなに美味しいフレンチトースト食べたの久しぶりだ…


5分くらいでペロっと食べ終わっちゃった(´・ω・`)

15時半くらいになるとパラパラと帰り始める主婦たち

よし!縁側席空いた!

縁側の席に移動成功〜♪

縁側の席に移動成功〜♪


縁側席は足が若干寒いけど、店内で1番明るい場所。
ツキコヤ 古民家カフェ 縁側
おそらく1番人気な席だとみた。私が最初に座った席は若干暗くて。
残ってた席も奥の角で暗そうで。縁側に座って思ってけど、店の雰囲気が変わる。
古民家カフェツキコヤ 縁側からの景色

眺めがいいテーブル席

眺めがいいテーブル席

光が入って優雅な席

光が入って優雅な席

古民家カフェ ツキコヤ 

障子に布が貼ってある

障子に布が貼ってある

入り口近くには座敷もある

入り口近くには座敷もある

結局私もフレンチトーストを5分で食べたわりに2時間ちかくいて、最後は貸切状態に笑
古民家カフェ ツキコヤ
15時から18時が穴場とみた。

こんな玄関がいい♡

こんな玄関がいい♡


あ、ちなみに玄関で靴をぬぐかすごく迷って焦った〜
玄関に他のお客さんの靴がなくて、みんなどこに閉まったの!?というくらい下駄箱の存在感のなさ笑

ツキコヤは人気店ということもあって、ランチでも予約をしておいたほうがよさそう。

帰りは富士山を眺めながら帰れていい気分♪
富士山

ツキコヤ cafe tsukikoya

神奈川県横須賀市浦郷町3-51
追浜駅 徒歩20分
046-876-8988
[月~金]
11:00~23:00(L.O.22:00)
[土・日]
11:00~17:00 18:00~24:00(L.O.23:00)
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

平日でも満席になる人気店!葉山にある縁側カフェ

縁側ウェディングが終わった次の日は、念願の葉山の人気縁側カフェ
engawacafe&restaurantへ(`・ω・´)

平日しかランチ営業してないので(たまに土曜もあるけど)
なかなか行けませんでしたが、やっとこさってかんじです。

葉山御用邸から徒歩5分ほどのところにあるカフェはひっそりと佇んでいました。
三ヶ岡通りにある葉山の縁側カフェ

縁側カフェの玄関

縁側カフェの玄関

ロゴがかわいいー♡

ロゴがかわいいー♡

縁側カフェが満席だったので、外で待ったり。
縁側カフェの外で待つ3人

私のイメージはこんなかんじだったのですが、
engawacafeのHPのスクリーンショット 縁側
中に入ると、この縁側の場所は普通の高いテーブルと椅子になってました(´・ω・`)
縁側カフェのテーブル席

縁側カフェの店内の雰囲気

最初は、テーブル席だったのですが、大人数だったこともあり、和室へ移動。
縁側カフェの縁側
やっぱり和室は落ち着きますな
縁側カフェの和室

縁側カフェの縁側
オムライスを頼んで、
縁側カフェのオムライス
ワイワイ食事♪
縁側カフェの和室でワイワイおしゃべり

暖かい時期も気になるなー


engawa cafe & restaurant


〒240-0111
神奈川県三浦郡葉山町一色1664
JR逗子駅もしくは京浜急行新逗子駅からバス
神奈川県立近代美術館葉山館より徒歩1分
tel 046-827-7188 
URL:http://www.engawa-hayama.com

営業日/火曜日~金曜日
ランチ/11:30~15:00(LO 14:00)
ディナー/18:00~21:00(貸切限定)
定休日/土日(※毎月一回週末営業あり。営業日は毎月HPでお知らせ)

Address
1664, Isshiki, Hayama-machi Miura-gun, Kanagawa, 240-0111, Japan
神奈川县三浦郡叶山町一色1664