「雲海・ご来光・紅葉」この3つが揃って見れるのがゲストハウスカナメ

こんにちは、縁側ちゃんです。

今回は、昨年10月に泊まった長野にあるゲストハウスカナメです。
え、一年前だって?そ、そうなんですよ、一年温めたんですよ・・・(ただ書かなかっただけ


s_pa181216

カナメは、私がおすすめしているゲストハウス梢乃雪の2号店です。
昨年、大町フルマラソンに旦那が参加したので、前日にカナメに泊まることにしました。


カナメはレトロな昭和のお家。古民家というよりは、ちょっと昔の家というかんじ。
ちょっと昔といっても昭和30〜40年くらい。
懐かしいものがいっぱいあるんですよ。


s_pa181170
玄関を入ってすぐがストープ。これがすごく温かい。


s_pa181186

s_pa181202
フリースペースには、ブラウン管テレビや黒電話。


s_pa181188
このコップとか懐かしい!おばあちゃんの家にこういうのあったなぁ。
小さいときはダサくて嫌いだったけど、大人になったらレトロでかわいいって思うようになったのが不思議です。


s_pa181196
ギターを弾いているのが絵になる!


s_pa181185
ストーブのための薪割りをやっているところ。障子もかわいいでしょ。


s_pa181183
私は縁側で歯磨きを。朝の縁側で歯磨き結構いい。


そして、この時期ちょうど雲海が見えるということで、朝5時に起きて車で20分の小熊山へ!


s_pa181098


絶好の雲海日和で感動!
前日まで、妊婦だしとりあえず寝たい・・・と思っていたけど、こんな雲海見たことなかったので本当に行ってよかったです。
朝日も眺められたし。


s_pa181134


s_pa181149


12182297_938673156222566_1958989073_n
みんなでジャンプしたり。
青春ってかんじでしょ?なかなかこういう写真って撮らないから、なんかすごくほっこりしました。
泊まったらだいたいこういう写真撮ってくれますよ。


ちなみに雲海が出てないパターンは、木崎湖が見えます。(photo by たつみかずき)
14875856_1185561088200437_175878113_o


「雲海見たい」「ご来光見たい」「紅葉みたい」この3つが揃っているんですよ!

カナメに泊まればここまで連れて行ってくれるんです。めっちゃいいでしょ?
冬は雪が積もって車が通れないから1年のうち半年間は登ることができないところ。
11月いっぱいはまだ行けるみたいなので、見たい人はぜひ。
本当にオススメです。

宿も可愛いから可愛い旅もできますよ。

ゲストハウスカナメ

長野県大町市平19755
JR大糸線簗場駅やなばから徒歩5分
1泊2食付き ドミトリー 4,850円

2年連続第1位!女子から圧倒的支持される『ゲストハウス錺屋』の魅力とは?

関西縁側視察の1日目に宿泊したゲストハウスは、ゲストハウス錺屋(かざりや)です。
2009年にオープンし、大正時代に建築された、モダンな町家。


いつもtwitterで縁側写真をみていたけど、ここまでモダンだったとは…!
ゲストハウス錺屋 京都 外観
気付かないで素通りしてしまいました。


もともと江戸時代より続く薬屋さんで、正面の壁には薬の名である「六神丸」
そして「亀田利三郎薬舗」という屋号の入った看板が飾られています。



この玄関みても町家感がない…笑 大正時代って面白い。
ゲストハウス錺屋 京都 玄関


なんだか昔懐かしの病院みたいじゃないですか?
ゲストハウス錺屋 京都 玄関


入り口は町家感まだないですね。
ゲストハウス錺屋 京都 玄関


しかし、入り口の先に行くと・・・

和な空間!ギャップがすごい。
ゲストハウス錺屋 京都

この廊下の先にある暖簾の先が、女性ドミトリーです。

風がひゅ〜って抜けていくかんじがいいですね。


お!縁側だ!ここが1番人気の個室「縁側付きトリプルルーム」
ゲストハウス錺屋 京都 縁側


ドミトリーに泊まる宿泊者でも、中庭に出れて、縁側を眺められる設計で素晴らしいですな。(そんなつもりで設計したかは謎w
ゲストハウス錺屋 京都 縁側


ちょっと薄暗いかんじがこれまたいいな〜
ゲストハウス錺屋 京都 和室


縁側からの眺めも最高だな〜
ゲストハウス錺屋 京都 庭

特別に縁側にも座らせていただき、女将のりょうこさんと立ち上げた経緯を。(写真撮るの忘れてショックすぎる
ゲストハウス錺屋 京都 縁側

旅行と町家が好きで、京都では老舗のゲストハウス「ゲストハウス 和楽庵」で働いたことをきっかけに「ゲストハウスを立ち上げたい!」と思ったそうです。その後、不動産屋さんで物件に巡り合う。

一人旅の乙女でも、安心して、もっと気軽に京都や町家の暮らしを楽しんでもらいたい!そんな思いでこの錺屋を立ち上げました。

最近、ゲストハウスも増え始め、昨年のJAPAN BACKPACKERS LINK AWARD 2014では、女子旅応援ゲストハウスとして大賞を受賞。
それも2年連続!
女性専用ドミトリーがあることから、女性も多く感じました。

あとは、女将のりょうこさんがレトロで可愛いものが好き♡ということもあって
そのセンスもうかがえます。

たとえば、このキッチン!とてもカワイイと思いませんか!?
11110986_530975373751910_2862407499086138756_n

こういうレトロな感じが女子の心をわしづかみにしますよね。

あとは、一番人気な個室は1室8,500円ですが、
3人で泊まれば3,000円もしないのでそういったのも女子に人気な理由かなと思いました。

実は、この日、本当に滞在時間が短くて(泣)
夜1時すぎにゲストハウスに帰ってきて、朝8時まで爆睡。
8時半にチェックアウトするというかなり弾丸なかんじで
もう少しゆっくりできたらここのゲストハウスを満喫できたのかな・・・と反省。

ゲストハウス錺屋

京都市下京区五条通室町西入南側東錺屋町184
地下鉄烏丸線五条駅(徒歩約2分)