古民家を後世に残す方法「古さを演出して修繕」

こんにちは、縁側ちゃんです。

鎌倉にある古民家スタジオ・イシワタリさんでは、現在平成の大修繕と題して、屋根瓦を修繕しているそうです。
その中でも、なるほどなと思った投稿があったので、ご紹介します。



昭和2年頃に建てられた古民家は、屋根に泥を敷き、その上に瓦を敷き詰めていくという方法が主流だったようです。
今の時代は屋根を軽くすることが耐震にはよいそうで、泥を一度取ってから、使える瓦と使えない瓦に分けて、また敷き詰めていくようです。


また、築90年の古民家を保つために、ガラス戸の板を新しい板に張り替え、古さを塗装で演出しています。

投稿によれば、ほとんど変えず、後世に残すという方法を選んでいるとのこと。
古くなった家具をそのまま使うのではなく、こうやって古民家を残していく形もあるんだなと勉強になります。

誰でもできる仕事ではないので、コスト面ではかかるそうなのですが、古民家を残す手段としては、素敵だなと思ったので誰かの参考になれればいいなと思います。

新しくなるイシワタリも気になるので、また行ったらレポートします^_^