えっ!なんで石垣島に?飛騨高山から移築された古民家が異空間すぎ

石垣島の古民家の2軒目も地元の人に教えていただいたのですが
これが本当にすごかった!

もう「すごい」とかしか言えない語彙力もすごいわ・・・。

タイトルにもあるように、石垣島に飛騨高山から移築された古民家がある!
と地元の人から情報をもらいました。

今回訪れたのは、1週間滞在型の宿、Le Lotus Bleu(ル ロチュス ブルー)
Le Lotus Bleu シーサー
白保という地域にひっそりと建っていて、隠れ家的お宿。

みてください、この外観!石垣島にいるとは思えない・・・。
Le Lotus Bleu 外観
2012年にオープンしたこの宿は、もともと30年前に飛騨高山から移築してきてもの。
専門家によれば明治時代の商家の建物で、築100年強。以前は、工芸館として使われていました。
Le Lotus Bleu

DSC_1287
早速、中を拝見していきます〜
Le Lotus Bleu
もうね、飛騨高山にいる気分なんだけど、外は南国なんですよ笑
Le Lotus Bleu
そして、ここを運営しているのが、フランス人の旦那さんと日本人の奥さん。
なんで、ここで宿をやろうと思ったんだろう!?と興味津々。
Le Lotus Bleu
フランスと日本での生活をして、なんで石垣島に移住したんですか?という質問には
奥さんの麻依子さんは
「私、バリバリに働くサラリーマンだったんですけど、この物質社会、消費社会から抜けて全く違うライフスタイルに変えようと思ったんですよね」と、物質的に豊かになった日本なのに、人は本当に幸せに暮らしているだろうか?ということを考えたという。

自然の中で、心と体と環境に優しい生き方を強く望むようになり

〝家族がいつも一緒に仲良く健康に暮らし、自然と共存していけるように”と、あれこれと模索しながら、生活しています。

(ホームページから抜粋)

バリバリ働いたからこそ「そこには何もない」景色が広がっていたのではないでしょうか…

/////////////
もちろん、縁側もあります!ここが広縁で
Le Lotus Bleu 広縁
このあとが衝撃的!






なんと
Le Lotus Bleu ガラスの縁側
ガラスの縁側…!もともとここには縁側はなく、広縁から庭に行くには段差がありすぎるということで、作ったようなのですが、クリエイティブすぎる!

それも、涼しい〜。ひんやりする縁側初めて!こんなに感動した縁側は久しぶりです。
Le Lotus Bleu ガラスの縁側
日本家屋の良さを残しつつ、自分たちが「イケてる」姿(和洋折衷)に変えて快適に過ごせる。

2階が客室で、全6部屋。どの部屋も大きさが違い、なんと全室にシャワー、トイレ、クーラー、冷蔵庫、電子レンジ等の設備されているという。
外国では、旅はもっとのんびりとひとつの場所に長く滞在するスタイルが多いのに、日本ではそういうニーズに対応した宿はあまり多くないことから、快適性も重視。
宿泊費もリーズナブルで、1週間57,000円〜。

時間も、場所も、国も飛び越えたチャンプルー空間。

素敵でした!
最後はお二人と写真を。
ご夫婦とともに
来年の石垣島マラソンはここに泊まりたい。

Le Lotus Bleu

石垣市白保148
0980-87-5567

【鎌倉】ゆったりとした時間を過ごしたいなら「亀時間」

今回は、古民家好きの佐藤奈津美さんに教えてもらった
鎌倉にあるゲストハウス「亀時間」に泊まってきました。

「亀時間」は“鎌倉の暮らしを亀時間で旅する宿”をコンセプトにしたゲストハウスです。鎌倉時代に港町として栄えた材木座に、宮大工によって建てられた築88年の歴史を持つ古民家をゲストハウスに改装しました。材木座商店街は魚屋さん、酒屋さん、お米屋さん、八百屋さんなど古くからの個人商店が残り、コンビニはありません。鎌倉の中でも特にゆるりとした時間が流れています。

材木座は小さい頃よく行っていたので、久しぶりの材木座!と思って鎌倉駅から20分かけて歩いてきたけど、思ったより懐かしさが蘇らなくて(´・ω・`)

やはり鎌倉駅周辺とは違い、鎌倉に暮らしている人たちを垣間見える。

お!あれかな?
古民家ゲストハウス 亀時間 外観
亀時間に到着!早めの15時半にチェックイン。
古民家ゲストハウス 亀時間 外観
今までの古民家でこういう玄関をみたのは初めてかも!
古民家ゲストハウス 亀時間 玄関
夏はここで花火とかしたい(できるのかは別)
古民家ゲストハウス 亀時間 縁側
リノベーションする前は、ステーキハウスだったみたいで、食器やフライパンなど残ったまま空き家になっていたらしい。週末はカフェとしても利用できる。月に2回だけBarになったり。
古民家ゲストハウス 亀時間 カフェスペース
入るとそこには縁側が…!
古民家ゲストハウス 亀時間 縁側
入り口で料金を支払い、部屋へと案内される。
この日はおそらく2人しか泊まってなくて、男女混合ドミトリーということを夜まで忘れていた笑

この右に8畳部屋がある

この右に8畳部屋がある


古民家ゲストハウス 亀時間 カフェスペース
さて、鎌倉中心部で唯一残っている銭湯にでも行くか!
と思ったら、その日は休み・・・。
フリースペースで自由な時間を過ごすことに。
本当に時間の流れが遅く感じた

本当に時間の流れが遅く感じた


亀時間から抜粋

ゆっくりとした時間の中にこそ大切なことがあると、宿泊するお客さまに感じてもらえるように。大量生産と大量消費が良しとされた前世紀的なやり方ではなく、今あるものを大事に使い、すべてが循環する社会になるように。

よく沖縄にいくと、時間の流れが遅いなんて言われているけど
こういうところに来るだけでもゆっくりできるな、と思う。

おかげで私は9時に就寝。
部屋にいた人もびっくりだったろうな笑
もう寝るのかよ!みたいな。
それで7時半まで爆睡です。
いつもはテレビをみて過ごすけど、(かなりのテレビっ子)
時計もないし、本を読むくらいしかすることないから、なんか健康的!(寝過ぎではあるが)

ゲストハウスは基本的に食事は自分で買ってくるとか食べてくるとか、基本的にセルフサービス。
だけど、亀時間は朝ご飯500円を予約できる◎

手作り天然酵母パン二切れ、ゆで卵、寒い季節はスープ

手作り天然酵母パン二切れ、ゆで卵、寒い季節はスープ

朝ご飯を食べた後は、フリースペースで朝からまったり
古民家ゲストハウス 亀時間 カフェスペース

古民家だから寒いんだけど、ゆっくりとした時間を堪能できたかな。
縁側で何かをすることはできないけど、夏は縁側でのんびりできるのかしら?
ってかんじで夏になったらまた行ってみたい!

亀時間

〒248-0013
住所:神奈川県鎌倉市材木座3-17-21
TEL:0467-25-1166
チェックイン15:00
チェックアウト10:00
ドミトリー
・普通サイズ(4台):3,500円 身長が高い方でも安心の大きなベッドです。
・小さいサイズ(通称ドラえもんベッド 2台):3,200円
和室4.5畳
1泊9,000円
和室8畳
1泊16,000円

cafe kamejikan
土日祝祭日の12時〜16時半
亀時間BAR「ヨルカメ」
毎月第1、第3土曜日の19時〜22時