古民家を活かしつつ古さを再現、鎌倉にある築92年の古民家カフェ「Y’cafe」

鎌倉には古民家カフェが多いのですが、知る人ぞ知る古民家カフェを見つけたのでご紹介します。

今回訪れたのは、坂の下付近にあるY’cafe(ユカフェ)
大正15年頃の古民家を利用した小さなお店です。
s_P3302434

お店は住宅街の中にあって、本当にひっそりと佇んでいます。
お客さんも「あれ!?こんなとこにお店あるんだ!?」みたいなかんじ入ってくることもあるそうです。
知る人ぞ知る古民家で、基本メディアには出ていないのですが、今回は特別に取材させていただきました!

実は、この古民家、古民家再生協会が手掛けた物件なんです。
外観がとてもいいですよね。
鎌倉で店舗を探していたところ、たまたまこの物件を見つけ、古民家再生協会の古民家鑑定士の方に古民家をみてもらったところ、とても保存状態がいい、ということで当時のものを出来る限り利用して、必要な補修・補強をして再生したそうです。

なので、この外観ももともと古かったのではなく、漆喰塗りに下見板張りで仕上げて、古き良き古民家の雰囲気を再現しています。

では、さっそく中に入ってみましょう。

s_P3302435
玄関を上がると、縁側と小さな空間が。

s_P3302436
小さな空間も席になっていて、もちろんこちらの席がおすすめです。
庭も眺められて、これからの季節はアジサイも見られそう。

s_P3302459
店内は、テーブル席が4席。

s_P3302452

店内は北欧家具があって現在にあった柔らかい雰囲気です。
s_P3302449

s_P3302453

縁側がみえる奥のテーブル席もおすすめ。
s_P3302438

s_P3302455
縁側の床や天井は柿渋に天然塗料を混ぜた柿渋ペイントという天然塗料を塗っています。
柿渋は平安末期からさまざまなモノを長持ちさせるために防水防腐剤として使用されていました。
戦後はほとんど使われなくなったのですが、天然素材の安全性が見直され、最近注目を集めているそうです。

s_P3302442

s_P3302456
天井は、「うづくり」が際立っている杉板で、より古民家の雰囲気を出しています。
うづくりとは、木材の加工方法の一種で、木の表面を丁寧にこすり、年輪を浮き上がらせるもの。

杉板の木目は目に優しいとされ、眠る時によく見る天井板にはいいそうです。
そんなことを聞いたら、無性にこの天井を見ながら寝てみたい…!と思ったり(笑)
最近、こういう天井を見ることもなくなりましたよねぇ。

s_P3302445
縁側でデザートとコーヒーをいただきました。

そういえば、先月実施した縁側ツアーで訪れた古民家のうちの一つだったのですが、デザートを食べた後、参加者のみなさんで縁側写真撮影を実施しました。
s_IMG_5297
小さな空間のところの窓から縁側を撮ると、とてもいい雰囲気に。
ここからの角度もいいけど、後ろ姿も雰囲気があっていいですよ。

s_PIC_0148
参加者のみさなんとも集合写真を撮りました。

これから6月となるとアジサイの時期で、鎌倉は大混雑に!
Y’cafeも混むようなので、空いている日に行きたい!という方は、アジサイが咲く前か(笑)雨や寒い日がオススメです。

Y’cafe

〒248-0021 
神奈川県鎌倉市坂ノ下24-20
0467-91-4326
営業時間: 11:00 – 17:00
定休日: 第1,3日曜日、毎週月曜日
※お子様連れ、大人数での来店NGです。
http://ycafe-kamakura.com/

鎌倉でゆっくりできる築83年の古民家カフェ「燕CAFE」

鎌倉でゆっくりできる古民家カフェを開拓してきました!

鎌倉で古民家カフェを検索しても、だいたい一緒のところが出てきません?
舞台のロケ地で有名なカフェ坂の下、こじんまりとしているけど、縁側が広くて庭を眺められる手ぬぐいカフェ。
でも、人気店だから時間帯によっては、すごく混んでる。
鎌倉だから混んでるのは仕方ないけど、それでも古民家カフェで混んでいるのって嫌じゃないですか?
まぁ、お店としては、回転率がいい方がいいのはわかるけども…。

今回は、まだ穴場のカフェです。
まだ、というのはこれから注目されると思っているからです。

今回お邪魔したのは、昨年オープンした燕CAFE
昭和9年に建てられた築83年の古民家を少しリノベーションしたお店です。


鎌倉の古民家カフェや古民家ゲストハウスって、特に和田塚駅から長谷駅の間に点在しているんですが、燕カフェは、ここ!
スクリーンショット 2017-04-03 15.56.43
燕カフェを知った時、小町通りや鶴岡八幡宮に近いといっても、ちょっと外れたところにあるので、なんだか足がそっちに向かないところにあるなーというイメージ。

でも、駅から歩いてみると、そんなに遠いわけではなかったです!
鎌倉駅から徒歩10分。住宅街にひっそりと佇んでいます。
s_P3132401
外観はこんなかんじです。
では、さっそく入ってみましょう。

s_P3132369
大きな玄関をあがって

s_P3132370
お店に入ってみると、畳でローテーブル席。
結構ゆったりとした席数でいいかんじですね。

s_P3132383
この窓枠もいい〜!

s_P3132373
縁側にも席があって、なんとコタツも!
コタツがある縁側席ははじめてかもしれないです。

s_P3132377
もちろん私は縁側席で。まだまだ寒いんで、コタツはありがたい。

s_P3132395
縁側から見る店内の様子はこんなかんじ。

s_P3132386
縁側席の隣になにかあるなーと思ったら、書道ができるスペースが。
聞いてみると、店主の福田さんが書道が趣味ということで置いてあるんだとか。
お客さんも書道していいらしいので、私も食事が来る間に書道してみました!

s_P3132390
もちろん「縁側」です笑
昔、習字をやっていたので、精神統一できてよかったです。
個人的に縁側で書道いいですわ。食事が来るまでに、書道するのおすすめ。
海外の観光客の人にもいいんじゃないかな?

面白かったのが、縁側の穴対策。
縁側って、どうしても穴とか隙間とかできるじゃないですか。
それが原因で寒いし。
s_P3132384
燕カフェでは、紙粘土をねじ込んで対策していました…!

s_P3132385
ここも。なんか、こういうところが垣間みれるのがいいですね。

s_P3132400
こちらが店主の福田さん。
奥にいるのが、調理担当の高橋さんです。

京都や奈良といった古都の文化がまだ残る街が好きな福田さん。
3年前にふと「カフェをやってみたい。」と思ったことがきっかけで、カフェをはじめることに。
本当は老後に、と思ってたらしいんですが、いろんなタイミングが重なり、昨年お店をオープン。

カフェをするなら、古民家がいい、と思っていた福田さんは鎌倉で物件探し。
しかし、物件はなかなか見つからず不動産屋さんからも門前払いが続きます。
鎌倉を諦め、横浜市内でほぼ決まりかけていたのですが
やはり鎌倉を諦めきれず、再度古民家物件を探すことに。
すると、運良く不動産屋さんからここの古民家を紹介されたみたいです。

少し店舗としてリノベーションされていますが、家の保存状態が良かったのが伺えます。

s_P3132391
ランチは、燕カレー(980円)を注文。
5種類の野菜を煮込んだスープに植物性素材のカレールーと香辛料を加えたオリジナルカレーです。

まだ、オープンして1年。穴場ではあります。
でも、もっといろんな人に知ってほしい気持ちもあります。
混んでしまうのは好きではないけど、鎌倉の新しい古民家スポットとしてオススメできます。

燕CAFE

神奈川県鎌倉市小町3-2-27
TEL 0467ー84ー7025
平日 10時30分~17時/土日祝日 10時30分~18時
定休日 : 毎週火曜日/第3・第5 水曜日(祝日の場合は営業)
https://kamakura-tsubamecafe.jimdo.com/

道後温泉に行ったら、鯛飯食べずにここへ行け! 道後の町屋カフェ

道後商店街にある町屋カフェ

「どうごや」で開催された「どうごやーとオープニングパーティー」で
道後商店街で、町屋カフェをしているオーナーの三好さんに出会い、
「うちにも縁側あるんですよ!」と写真をみせてもらい、いい感じだったので早速次の日縁側を見に行くことに!

道後商店街の中に、一軒だけセンスのいいお店があるな〜
道後の町屋 cafe
と思っていたんですが、看板には「ハンバーガー」と書いてあって
道後まできてハンバーガーを食べるのもなぁ、なんて思って
鯛飯を2日続けて食べていたんですが、なぜ、初日からここに入らなかったのだろう
悔やまれるくらい良いお店でした!

入口は、レトロなカフェという印象で
道後の町屋 cafe


BAKIBAKIさんが書いたすりガラス。(常連さんが気付かないほど馴染んでるらしい)
道後の町屋 cafe


奥に縁側の席があるということで奥座敷へ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


思っていたより広くて
道後の町屋 cafe


雰囲気もすごくいい!
道後の町屋 cafe
(鎌倉にある古民家カフェだったら、あと一席は増やすな…と思ってしまった)


もちろん私は特等席の縁側へ。
道後の町屋 cafe


外にも縁側が。
道後の町屋 cafe 縁側


特別にあけてもらい、縁側にちょこんと座ってみる。いいわ〜。縁側も畳だし。
道後の町屋 cafe 縁側


よかったのが、この窓!
道後の町屋cafe 縁側


アルミサッシって趣きなくなるけど、木のようにみえるやつは違和感なくていい!
道後の町屋 cafe


私は湯之町バーガーを注文。美味しかった・・・。
道後の町屋 cafe
デザートもつきます。
道後の町屋 cafe

実家をカフェに

カフェをオープンして、11年。
もともと、道後郵便局舎と奥は局長宅で、大正末年の建物を店舗用に改装。
オープン前は、人に貸していて工芸店だったそう。
そのお店が閉まり、物件が返ってくることになり、家族で話し合い、自分たちで店をすることに。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
三好さんは、カフェを開く前はNGOで働いていて、1年南アフリカに。
帰ってきて1年カフェで修行をし、カフェを開店。

なぜハンバーガーカフェになったかというと、三好さんのお母さんがパンを焼けるから、という理由から。
お店で焼いたパンというだけあって、バンズが美味しかったです。
また、昔からカフェを開きたかったわけではなく、この家に合わせて職業を変えたというかんじ。



道後の町家 cafe
居心地がよすぎて、2時間もいました笑
私がいた時は観光客より地元の人の方が多くて、それも道後の雰囲気を感じられてよかったです。

道後の町屋

愛媛県松山市道後湯之町14-26
10:00〜22:00
最寄り駅 道後温泉駅
定休日 火曜、第三水曜日

古民家カフェはいつから増えた?オープン時期からわかること

ここ数年で、古民家カフェが増えましたが、
「いつ」増えたのか調査しました。

まずは、私が行ったことのある縁側のある古民家カフェ。
私は、2011年の震災以降、自分の働き方や生き方を見つめ直す人が増えたから
古民家カフェも増えたのでは?と仮説をたてました。

都心にある古民家カフェ、DADA Cafe 
→DADA CAFE(代々木)2005年11月
dadacafe

一度は行っておきたい縁側の良さが出ているカフェ「手ぬぐいカフェ」
→手ぬぐいカフェ(鎌倉)2007年
tenugui

平日でも満席になる人気店!葉山にある縁側カフェ
→ENGAWA CAFE(葉山)2008年5月
縁側カフェ 玄関

『最後から2番目の恋』でモデルになったカフェ
→カフェ坂の下(鎌倉)2008年
鎌倉 カフェ坂の下 外観

縁側で日本一になったコーヒーを
→ツキコヤ(横須賀)2010年
ツキコヤ 古民家カフェ 縁側

小さな庭で縁側をみながら美味しいコーヒーを飲む、至福な時間
→OMOTESANDO KOFFEE (表参道)2011年1月
縁側なび オモテサンドウコーヒー

四国で1番人口が少ない町、上勝町で古民家を利用したシェアカフェ
→シェアカフェ(上勝町)2012年
kamikatu

お茶と美味しい田舎料理が300円!静岡の山奥にある縁側カフェに行ってみた
→縁側カフェ(大沢町)2013年6月
osawa

ゆったりとした時間が流れる、西荻窪のブックカフェ&ギャラリー「松庵文庫」 
→松庵文庫(西荻窪) 2013年7月
syoan

縁側のあるチーズケーキ屋さん@学芸大学
→AzzurroCafe(学芸大学) 2014年5月
aworks

家が文化財、、、趣きある縁側カフェ「昭和の家」で思い思いの余暇を
→昭和の家 縁側カフェ(竹の塚)2014年
縁側カフェ 昭和の家

築100年の古民家でマクロビランチ
→穀菜カフェ ソラフネ(鎌倉)2014年2月
雑穀カフェ 古民家

2015年3月、オープン予定
HUG CAFE(横浜)

震災は関係なさそうですね。安易すぎました。

私が行ったことあるところだけだと限られているので、
縁側あるなしに関わらず、縁側なびでは紹介していない「古民家カフェ」の年も調べてみました。

tenement 2002年
カフェ紅 2004年
mois cafe 2004年
English Teahouse Peko 2005年
こぐまカフェ 2006年
花想容 カフェ 2006年
iriya plus cafe 2008年
senkiya 2009年
keats 2010年
Re:gendo 2011年

全てを調べたわけではないですが、10年前に古民家カフェが増えだしたというかんじでしょうか。
確かに、10年前くらいからカフェブームができた気がします。

そして、これだと共通点がみつからないので余計にわからなくなりました笑

他になにか時代が変わるきっかけがあったんじゃないか?と調べてみました。

すると、2007年に「社会起業家 元年」と呼ばれていたようで
社会問題に取り組む起業家が出始めていました。
私は、この2007年の社会起業家 元年と少なからず関係しているのでないかと思っています。
古民家を残さず、取り壊し新築にしてしまうのではなく
リノベーションして残す流れになりはじめた頃なんじゃないかな、と。
それが世間的に「いいこと」ととしてうつった。
メディアもそういう取り組みを取り上げた。
そこから古民家カフェや古民家を使ったお店が増えたのではないかと私は考えます。

2007年なんて、私は
「花より男子2」「のだめカンタービレ」「イケメンパラダイス」など
ドラマの豊作年だったことしか覚えていません笑
そう思うと高校生にはまだ社会の流れなんてわからないもんだなと・・・。

古民家カフェにする経緯は人それぞれ違いますが、
時代の流れもあって、社会起業家元年がきっかけとなって後押ししたのではないかと思いました。

『最後から2番目の恋』でモデルになったカフェ

2012年に小泉今日子が主演した「最後から2番目の恋」
人気で昨年に続編も。その舞台が鎌倉なんです。

1話まで見た覚えがあるのですが、「なんかつまんない!」と思ってやめてしまいました。
結構面白かったみたいなのですが、ドラマは1話で決めるたちでして笑

カフェ坂の下は、”カフェ・ナガクラのモデルになったカフェ”みたいです。

で、平日14時でも満席で約20組待ちだとか…。
10時オープンということでこういうところはオープンと同時に入るのがいいから、と思って、亀時間から直行!
この日は雨ということもあって、オープン30分しても私だけでした笑
鎌倉 カフェ坂の下 外観
入ると、そこには縁側が…!古民家カフェとは聞いていましたが、縁側ないと思っていたんですよね。もちろん縁側の席へ。

土日にここに人がいっぱいいるんですね...

土日にここに人がいっぱいいるんですね…

鎌倉カフェ坂の下

鎌倉カフェ坂の下

鎌倉カフェ坂の下

鎌倉カフェ坂の下
そして、ここの名物はパンケーキ!

ドリンクセット1160円

ドリンクセット1160円


いや〜食べ応えあった。

今の時期、縁側は足が寒いので、ストーブの近くがオススメ!
鎌倉は1月〜2月が観光客が一番少ない時期なので、暖かい時期よりは今の方が待ち時間は短いかもしれません^^

カフェ坂の下

神奈川県鎌倉市坂ノ下21-15
平日10:00~16:00
休日10:00~17:30
ランチ営業、日曜営業
定休日 月曜日 火曜日

【鎌倉】ゆったりとした時間を過ごしたいなら「亀時間」

今回は、古民家好きの佐藤奈津美さんに教えてもらった
鎌倉にあるゲストハウス「亀時間」に泊まってきました。

「亀時間」は“鎌倉の暮らしを亀時間で旅する宿”をコンセプトにしたゲストハウスです。鎌倉時代に港町として栄えた材木座に、宮大工によって建てられた築88年の歴史を持つ古民家をゲストハウスに改装しました。材木座商店街は魚屋さん、酒屋さん、お米屋さん、八百屋さんなど古くからの個人商店が残り、コンビニはありません。鎌倉の中でも特にゆるりとした時間が流れています。

材木座は小さい頃よく行っていたので、久しぶりの材木座!と思って鎌倉駅から20分かけて歩いてきたけど、思ったより懐かしさが蘇らなくて(´・ω・`)

やはり鎌倉駅周辺とは違い、鎌倉に暮らしている人たちを垣間見える。

お!あれかな?
古民家ゲストハウス 亀時間 外観
亀時間に到着!早めの15時半にチェックイン。
古民家ゲストハウス 亀時間 外観
今までの古民家でこういう玄関をみたのは初めてかも!
古民家ゲストハウス 亀時間 玄関
夏はここで花火とかしたい(できるのかは別)
古民家ゲストハウス 亀時間 縁側
リノベーションする前は、ステーキハウスだったみたいで、食器やフライパンなど残ったまま空き家になっていたらしい。週末はカフェとしても利用できる。月に2回だけBarになったり。
古民家ゲストハウス 亀時間 カフェスペース
入るとそこには縁側が…!
古民家ゲストハウス 亀時間 縁側
入り口で料金を支払い、部屋へと案内される。
この日はおそらく2人しか泊まってなくて、男女混合ドミトリーということを夜まで忘れていた笑

この右に8畳部屋がある

この右に8畳部屋がある


古民家ゲストハウス 亀時間 カフェスペース
さて、鎌倉中心部で唯一残っている銭湯にでも行くか!
と思ったら、その日は休み・・・。
フリースペースで自由な時間を過ごすことに。
本当に時間の流れが遅く感じた

本当に時間の流れが遅く感じた


亀時間から抜粋

ゆっくりとした時間の中にこそ大切なことがあると、宿泊するお客さまに感じてもらえるように。大量生産と大量消費が良しとされた前世紀的なやり方ではなく、今あるものを大事に使い、すべてが循環する社会になるように。

よく沖縄にいくと、時間の流れが遅いなんて言われているけど
こういうところに来るだけでもゆっくりできるな、と思う。

おかげで私は9時に就寝。
部屋にいた人もびっくりだったろうな笑
もう寝るのかよ!みたいな。
それで7時半まで爆睡です。
いつもはテレビをみて過ごすけど、(かなりのテレビっ子)
時計もないし、本を読むくらいしかすることないから、なんか健康的!(寝過ぎではあるが)

ゲストハウスは基本的に食事は自分で買ってくるとか食べてくるとか、基本的にセルフサービス。
だけど、亀時間は朝ご飯500円を予約できる◎

手作り天然酵母パン二切れ、ゆで卵、寒い季節はスープ

手作り天然酵母パン二切れ、ゆで卵、寒い季節はスープ

朝ご飯を食べた後は、フリースペースで朝からまったり
古民家ゲストハウス 亀時間 カフェスペース

古民家だから寒いんだけど、ゆっくりとした時間を堪能できたかな。
縁側で何かをすることはできないけど、夏は縁側でのんびりできるのかしら?
ってかんじで夏になったらまた行ってみたい!

亀時間

〒248-0013
住所:神奈川県鎌倉市材木座3-17-21
TEL:0467-25-1166
チェックイン15:00
チェックアウト10:00
ドミトリー
・普通サイズ(4台):3,500円 身長が高い方でも安心の大きなベッドです。
・小さいサイズ(通称ドラえもんベッド 2台):3,200円
和室4.5畳
1泊9,000円
和室8畳
1泊16,000円

cafe kamejikan
土日祝祭日の12時〜16時半
亀時間BAR「ヨルカメ」
毎月第1、第3土曜日の19時〜22時

縁側で日本一になったコーヒーを

今回は、京浜急行の追浜駅(横須賀市)から徒歩20分のところにある
ツキコヤというカフェに行ってきました〜

食べログの口コミ欄では「眺めがいい!」とか
「タクシーの運転手はそこまで行くのに嫌がる」とか
どんなところよ…!と思っていたけど

確かに眺めがよかった
ツキコヤに向かう途中

でも、坂道ではあるけど運転手が嫌がるほどでもないっしょ?
て思ってたけど、お店の手前の坂がありえないくらい急だった笑

そして、到着〜!早足だったのもあって15分くらいだったかも。
ツキコヤ 古民家カフェ 外観

玄関もいいかんじ〜

玄関もいいかんじ〜

入ると平日の15時にも関わらず、店内はほぼ満席!

テーブル席に案内される

テーブル席に案内される


おそらく、ランチからデザートまで堪能するとこの時間までおばさまたちがいる模様。
私はあの縁側の席に座りたい...!

私はあの縁側の席に座りたい…!


14:30以降はデザートのみで、フレンチトーストとドリンクセットを注文。
ブラジルコーヒーを注文

ブラジルコーヒーを注文


実はこのお店、2014年の夏に、焙煎したコーヒーが日本一に!
NHKでも取り上げられるほど、注目のカフェ。
会計の時に「NHKみて、ここの来たの」という人が何人かいたり。
古民家カフェ ツキコヤ コーヒー
そして、名物はフレンチトースト972円
こんなに美味しいフレンチトースト食べたの久しぶりだ...

こんなに美味しいフレンチトースト食べたの久しぶりだ…


5分くらいでペロっと食べ終わっちゃった(´・ω・`)

15時半くらいになるとパラパラと帰り始める主婦たち

よし!縁側席空いた!

縁側の席に移動成功〜♪

縁側の席に移動成功〜♪


縁側席は足が若干寒いけど、店内で1番明るい場所。
ツキコヤ 古民家カフェ 縁側
おそらく1番人気な席だとみた。私が最初に座った席は若干暗くて。
残ってた席も奥の角で暗そうで。縁側に座って思ってけど、店の雰囲気が変わる。
古民家カフェツキコヤ 縁側からの景色

眺めがいいテーブル席

眺めがいいテーブル席

光が入って優雅な席

光が入って優雅な席

古民家カフェ ツキコヤ 

障子に布が貼ってある

障子に布が貼ってある

入り口近くには座敷もある

入り口近くには座敷もある

結局私もフレンチトーストを5分で食べたわりに2時間ちかくいて、最後は貸切状態に笑
古民家カフェ ツキコヤ
15時から18時が穴場とみた。

こんな玄関がいい♡

こんな玄関がいい♡


あ、ちなみに玄関で靴をぬぐかすごく迷って焦った〜
玄関に他のお客さんの靴がなくて、みんなどこに閉まったの!?というくらい下駄箱の存在感のなさ笑

ツキコヤは人気店ということもあって、ランチでも予約をしておいたほうがよさそう。

帰りは富士山を眺めながら帰れていい気分♪
富士山

ツキコヤ cafe tsukikoya

神奈川県横須賀市浦郷町3-51
追浜駅 徒歩20分
046-876-8988
[月~金]
11:00~23:00(L.O.22:00)
[土・日]
11:00~17:00 18:00~24:00(L.O.23:00)
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

仕事始めの1週間、疲れたかも?と感じたら「縁側浴」

仕事始めの1週間お疲れさまでした!
月曜バタバタしていたり、張り切っていたら昨日くらいにドッと疲れ始めちゃって
これは縁側のあるところにいかないとダメだ…と思って、縁側浴をしに自由が丘の古桑庵にいってきました。
縁側浴のススメ

いい天気〜♪

いい天気〜♪

古桑庵 自由が丘古民家カフェ

古桑庵 自由が丘古民家カフェ

古桑庵 自由が丘古民家カフェ
3ヶ月に1回くらいのペースで来るのですが、平日の昼間はかなり穴場。
今日も1時間くらい貸し切り状態。音楽もかかってないし、静かで過ごしやすい。
混んでいない時は「ゆっくりしていって下さいね」という感じで。

ポカポカしてて気持ちいい〜^^

ポカポカしてて気持ちいい〜^^

去年、おしるこ食べた気がするな〜と思ったら、抹茶白玉ぜんざいに変わっていました…!

抹茶白玉ぜんざい 930円

抹茶白玉ぜんざい 930円

古桑庵

土日もお昼だったら混んでないので、
新年の疲れ(?)をリフレッシュするために、縁側浴オススメします〜^^

古桑庵

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-24−23
自由が丘駅の正面口を出て、みずほ銀行を右にまがり
そのまま直進すると、目の前にわっさーと木が生い茂ってるのがみえます。
その木のところです。

1-24-3, Jiyugaoka, Meguro-ku, Tokyo, 152-0035, Japan
Nearest station JIYUGAOKA 

書いた記事が英訳されました!

スクリーンショット 2014-12-16 12.12.19

COMINCA TIMESでもライターとして縁側に関する記事を書いているのですが
この度、Tadaima Japanに英訳されました(`・ω・´)

An old Japanese house with a coffee shop. Let’s find silence on hectic Omotesando Street.
表参道にひっそりと佇む古民家×コーヒー専門店

縁側なびでも英語と中国語に対応させたいので、
お気づきの方もいると思いますが
古民家の住所だけ英語と中国語を最後に入れ始めました。

縁側なびってスタートした直後からいろんな国から見られていて
日本語だけって本当にもったいないと思っていたので。

今回、COMINCA TIMESで記事を書いたことで
英訳されたので、それはとても嬉しいことです♪

縁側なびでも書いた記事を書いたのですが
こちらの方が反応がいい…!笑
スクリーンショット 2014-12-16 12.17.26

縁側なび↓
小さな庭で縁側をみながら美味しいコーヒーを飲む、至福な時間
スクリーンショット 2014-12-16 12.18.44

いいんだか悪いんだか(´・ω・`)

有名ブロガーのちきりんさんの新刊「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記を読むと、

コンテンツを散逸させない

ことが大事だとか・・・。

ライターになりたい場合は、積極的に他メディアからの執筆を受け露出を増やした方がいいけど
自分のメディアを育てたいなら、それは逆効果だということ。




確かに(´・ω・`)

縁側の魅力をいろんなところで発信したい気持ちと
自分の「縁側なび」を育てたいという気持ち。

未来住まい方会議でもライターをしていることで
今年は多くの方に縁側記事を読んでいただきました。
スクリーンショット 2014-12-16 12.31.05


葛藤中です。

未来住まい方会議COMINCA TIMESも好きなサイトなので
発信の仕方を今後考えたほうがいいのかもな〜

と、自分の悩みも発信してみました(´・ω・`)