お好み焼き、銭湯、喫茶店と大阪下町を堪能!縁側のある古民家宿「ゲストハウスおどり」

こんにちは、縁側ちゃんです。

今回は、大阪にある古民家ゲストハウスおどりにお邪魔してきました!
大阪って、奈良や京都と比べると古民家が少ないイメージ。
実際「古民家 縁側 大阪」と検索してもあまり出てこなかったです。

s_pb141931
そんななか、ザ大阪を感じられる下町に縁側のある古民家宿があります。
ずっと気になっていたところ。

場所は美章園。通天閣から一駅のところにあります。
泊まる日は私は予定をつめすぎて、夕方の到着。

近くに銭湯があるので、旭湯というところへ。(写真ありません泣)
大阪三大銭湯といわれていたところらしく建物も立派でした。東京みたいに古いかんじというよりは、洋館のような昭和モダンなかんじで、天井も高く、露天風呂もありました…!
あと、脱衣所で普通にたばこ吸っている人がいて、東京ではなかなか見ない光景だったので、カルチャーショックも笑

そのあとは、美章園駅の高架下にあるお好み焼き屋さん「甘辛や」へ。
s_img_4143
大阪何度か行っているのですが、初めてお好み焼き屋さんでお好み焼きを食べるというベタなことができて満足。
それも、店員のおばちゃんがパンチパーマ!!!ザ大阪ってかんじで感動しましたわ。

さて、おどりですが、ちょっと変わっています。
s_pb141932

s_pb141933
玄関がめっちゃ家!!!笑
引き戸とかではなくて、人んちに来ちゃったかな?と一瞬間違いそうになった笑

それでは入って行きましょう。

玄関の奥が共有のリビングで、そこに縁側があります。

s_pb141955

s_pb141935

s_pb141940
おどりの庭は、表庭・中庭・坪庭があるんですが、こちらは中庭。

s_pb141938
市松模様の壁が特徴的。

さて、今回は家族で泊まったので、2階の個室を予約。

img_4350
広々としていてよかったです。

img_4352
ちなみに、この部分、2階だと縁側といえるのか?
いつも疑問に思っていました。
外に出れるから縁側ではないのか。
だから、2階にあるのは縁側とは言わないのではないか。

そんなことを思っていたのですが、私が師と仰いでいる大工さんに聞いたところ、ここも「縁側」だそうです。

縁側の語源は、縁は家と外の境界のこと言い、側はその辺という意なので、縁側らしいです。



s_pb141961
こちらがおどりの女将さん。
印象的だったのは、ここの古民家をどうやって見つけたの聞いたら
「不動産屋さんに、自分の想いを熱く語ったら、不動産屋さんの若いお兄さんが頑張って見つけてきてくれた!」
と言っていて、やはり熱い想いはちゃんと伝わるものだなぁと思いました。


ゲストハウスなので、ご飯は各自で用意するのですが、朝ご飯だけ何も決めてなかったので、女将さんに聞いたら
「ここらへんは喫茶店があるから、モーニングがオススメ」と何軒か喫茶店を紹介してもらいました。

そこで、食べた卵焼きサンドイッチがこちら。
s_pb141926
こういうの食べたかったんで、満足満足。甘いかなと思ったら、しょっぱい系でした。
当たり前か。甘いのは東京だけか。

ゲストハウスに滞在している時間は短かったけど、ザ☆大阪の街を体験できてとてもよかったです。
下町らしい大阪を感じたい!と思っている人にはぜひおすすめなゲストハウスです。

銭湯もお好み焼きも喫茶店も大阪らしさが詰まっていますよ。

古民家ゲストハウスおどり

大阪府大阪市阿倍野区美章園3-6-6 
最寄り駅 美章園駅
ドミトリー 2,500円/1人
個室 3,500円〜4,000円/1人
HP:http://odori-osaka.com/index.html

田舎の風景を満喫したいならここ!那須ゲストハウスDOORz

昨年、縁側なびで口コミをいただき、栃木県那須にある
那須ゲストハウスDOORzの口コミをいただきました!

友人が半年前から始めたゲストハウスなのですが、縁側はもちろん里山の風景は、コンクリートだらけの中で生活する都会人に心の癒しをきっと与えてくれます。縁側が当たり前にある田舎の中でも、ゲストハウスと言う泊まって過ごせる場所はなかなか無いと思うので、是非お勧めです☆

そして今回、1年の時を経て、DOORzに泊まってきました!



2時間半かけて黒田原駅に到着。
黒田原駅 

すでに田舎感出てる駅で、楽しみ。


バスに乗り、芦野支所前下車。

ここでハプニング発生!
スマホをバスの中に忘れる事態発生…!

「ここから徒歩15分を歩くというのに・・・」

しかし、この日は運良く、家を出る前にPCを持っていこうか悩んだ末
PCを持参していたので、PCを手に持ちながら歩く。

みてください、この道!こういう道憧れてたんだよな〜
田舎
晴れてたらもっと田舎感出てたかも。
こういう道を自転車を引きながら友だちと歩いて帰りたかったな〜なんて

最近、地方に行く度に地方の高校生ってなんでこんな楽しそうなんだろ?
て思うんですけど。



ゲストハウス近くには田んぼも。
田んぼ


なんとかゲストハウスに到着〜!
DOORz外観


お!さっそく玄関横に縁側が。
古民家 縁側


広間には昨年訪れた旅人が遊びにきてました!
古民家
なんと、Youは何しに日本へ?の取材を成田空港でされたとか。
昨年奥の細道を辿って旅をしたんですって!


古民家 縁側
小さい机があるので縁側でまったりできることも。


縁側 古民家 夫婦
オーナーのアサミさんと、旦那さんのタツヲさん。
ご夫婦で運営されています。

きっかけはアサミさんがNYのゲストハウスに泊まったこと。

人があつまると、世界が広がる。
ゲストハウスは、自分では見つけられなかった、
新しい扉をひらく場所・・・私も、ゲストハウスをつくりたい!

そんなことを思い、行動していくと、出会ったのが今の旦那さん。

Web制作業の傍ら、これから地方で、
培った経験を活かし、過疎化へ向かう地域のために、何かできることを
考えた時、ゲストハウスが一つのきっかけになるのではと考えました。

と旦那さんは思ったそうです。



縁側からの眺めはこんなかんじで、夏は気持ちいいだろうな〜なんて
縁側からの風景


ちなみに縁側はこんなかんじ
縁側


夜ご飯は、みんなと作って、餃子パーティー。
(この日はゲスト私に対して、地元の人たちが6人ほど集まって大勢で)


朝は、アサミさん特製の朝ご飯。この煮卵がおいしかったな〜
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
毎日こんなご飯が食べたい・・・(がんばれ自分)

DOORzは週末限定なのですが、
田舎風景を楽しみたい人にとっては、もってこいの場所です!

夏休みの予定が決まってない方はぜひ!

那須ゲストハウスDOORz

栃木県那須郡那須町大字横岡125
営業時間は、週末(金土日泊)のみ

縁側で1時間爆睡!なぜ縁側での昼寝はこんなにも最高なのか

関西遠征記事(すでに1ヶ月以上経過・・・)
最後は、京都の町家「ゲストハウスひつじ庵」です!

80年以上の町家を改装して、2013年にオープンしたゲストハウス。
もともと、twitterでは交流していたのですが、今回やっとタイミングがあって宿泊してきました!

京都 町家 縁側 ひつじ庵
京都の二条城近くにあり、京都駅までのアクセスも良。
町家が立ちならぶ中に、ひつじ庵の白い暖簾が目立ちます。

さて、入ってみると、、、

「こんにちわ〜!」
京都 町家 縁側 ひつじ庵

お、結構きれい。

オーナーののりさんとご対面。

のりさん
「思ってた声と違う…!」

(結構ハスキーなんで)
「よく言われます笑」

京都 町家 ひつじ庵
こちらがフリースペース。

その先にあるのが、縁側!!!

「本当に小さい縁側なんで・・・」と言われていたけど

大きいも小さいも関係ないというか、縁側があればOKなんです!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
奥に生えていた苔を手間に移植して、苔が増えてきたとか。

やっぱり縁側から緑が見えるのはいい。
京都 町家 縁側 ひつじ庵 

早速、縁側浴を。(縁側でぼーっとすること)
京都 町家 縁側 ひつじ庵


なぜ縁側での昼寝はこんなにも最高なのか


この日は、古民家視察がひつじ庵で5軒目だったため、もうクタクタ。
いろいろ聞きたいことはあったけど、これはもう寝るしかないと思って

縁側で1時間爆睡しました笑
(残念ながら写真はないのですが)

縁側で寝るとかカラダ痛くないの?と思われがちですが
縁側での昼寝は全然痛くないし、気持ちいい風と共に寝れるから超気持ちいい!

疲れも取れる。お疲れサラリーマンにはぜひ試してほしいところ。


いい具合に放っておいてくれる


まぁもともとゲストハウスでゲストと交流するのが楽しみというより
ゲストハウスではゲストと交流しなくてもいいなら全然交流しない派です

まぁ、ほとんどゲストと交流しますけど笑

事前にそんなかんじでオーナーののりさんに伝えていたのもあってか
私のことは結構放っておいてくれました。
ありがたや。

全体的にこの日は静かだったから、なんかちょっと意外だなと思ったり。
twitterでは、フリースペースで海外観光客が盛り上がっているイメージがあったので。
(閑散としている時より、そりゃ盛り上がっている時の写真挙げますよね)

ゲストや時間帯、タイミングによってゲストハウスの雰囲気が違うみたいです。
また、のりさんが大切にしていることは、ゲストとの距離感

交流したそうな人や ほっといてほしそうな人は チェックアウト時のやりとりや、
共有ルームでの空気感でのりさんが可能な限りそれを読み取って対応を変えているんだそうです。

京都 町家 ドミトリー ひつじ庵
あと、良かったのは、ベッドのカーテン!

遮光カーテンになってて、ほぼ真っ暗。
ゲストハウスのベッドのカーテンって結構光が隙間から入ってきたりするんだけど
これだとベッドで電気付けてても、他のゲストに迷惑にならないから
こういうのはどんどん増えてほしいなと思った。

京都 町家 縁側 ひつじ庵
朝も縁側で、コーヒーを飲んでまったり過ごしました。

ゲストハウスひつじ庵

京都市中京区姉小路通小川東入宮木町472-1
075-203-0161
info@hitsuji-an.com
地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」(4-1番出口)
市バス「堀川三条」バス停
ゲストハウス付近のお店を紹介してくれるtwitterもオススメ

2年連続第1位!女子から圧倒的支持される『ゲストハウス錺屋』の魅力とは?

関西縁側視察の1日目に宿泊したゲストハウスは、ゲストハウス錺屋(かざりや)です。
2009年にオープンし、大正時代に建築された、モダンな町家。


いつもtwitterで縁側写真をみていたけど、ここまでモダンだったとは…!
ゲストハウス錺屋 京都 外観
気付かないで素通りしてしまいました。


もともと江戸時代より続く薬屋さんで、正面の壁には薬の名である「六神丸」
そして「亀田利三郎薬舗」という屋号の入った看板が飾られています。



この玄関みても町家感がない…笑 大正時代って面白い。
ゲストハウス錺屋 京都 玄関


なんだか昔懐かしの病院みたいじゃないですか?
ゲストハウス錺屋 京都 玄関


入り口は町家感まだないですね。
ゲストハウス錺屋 京都 玄関


しかし、入り口の先に行くと・・・

和な空間!ギャップがすごい。
ゲストハウス錺屋 京都

この廊下の先にある暖簾の先が、女性ドミトリーです。

風がひゅ〜って抜けていくかんじがいいですね。


お!縁側だ!ここが1番人気の個室「縁側付きトリプルルーム」
ゲストハウス錺屋 京都 縁側


ドミトリーに泊まる宿泊者でも、中庭に出れて、縁側を眺められる設計で素晴らしいですな。(そんなつもりで設計したかは謎w
ゲストハウス錺屋 京都 縁側


ちょっと薄暗いかんじがこれまたいいな〜
ゲストハウス錺屋 京都 和室


縁側からの眺めも最高だな〜
ゲストハウス錺屋 京都 庭

特別に縁側にも座らせていただき、女将のりょうこさんと立ち上げた経緯を。(写真撮るの忘れてショックすぎる
ゲストハウス錺屋 京都 縁側

旅行と町家が好きで、京都では老舗のゲストハウス「ゲストハウス 和楽庵」で働いたことをきっかけに「ゲストハウスを立ち上げたい!」と思ったそうです。その後、不動産屋さんで物件に巡り合う。

一人旅の乙女でも、安心して、もっと気軽に京都や町家の暮らしを楽しんでもらいたい!そんな思いでこの錺屋を立ち上げました。

最近、ゲストハウスも増え始め、昨年のJAPAN BACKPACKERS LINK AWARD 2014では、女子旅応援ゲストハウスとして大賞を受賞。
それも2年連続!
女性専用ドミトリーがあることから、女性も多く感じました。

あとは、女将のりょうこさんがレトロで可愛いものが好き♡ということもあって
そのセンスもうかがえます。

たとえば、このキッチン!とてもカワイイと思いませんか!?
11110986_530975373751910_2862407499086138756_n

こういうレトロな感じが女子の心をわしづかみにしますよね。

あとは、一番人気な個室は1室8,500円ですが、
3人で泊まれば3,000円もしないのでそういったのも女子に人気な理由かなと思いました。

実は、この日、本当に滞在時間が短くて(泣)
夜1時すぎにゲストハウスに帰ってきて、朝8時まで爆睡。
8時半にチェックアウトするというかなり弾丸なかんじで
もう少しゆっくりできたらここのゲストハウスを満喫できたのかな・・・と反省。

ゲストハウス錺屋

京都市下京区五条通室町西入南側東錺屋町184
地下鉄烏丸線五条駅(徒歩約2分)

【まとめ】縁側のあるゲストハウス

現在、縁側情報が86軒ありますが、都道府県情報でみると見づらいので、
まとめてみました。(臨時更新)

古民家ゲストハウスtoco.(入谷)
toco

東京ひのはらゲストハウス「へんぼり堂」(あきる野)
へんぼり堂

鎌倉ゲストハウス(鎌倉)
縁側なび 鎌倉ゲストハウス

湘南ゲストハウス耳日(鎌倉)
湘南ゲストハウス耳日 縁側

ゲストハウス亀時間(鎌倉)
古民家ゲストハウス 亀時間 縁側

お茶の間ゲストハウス(勝浦)
IMG_2171

ゲストハウス カナメ(簗場)
長野 カナメ

古民家ゲストハウス梢乃雪(北安曇郡)
梢乃雪 ゲストハウス

ゲストハウス金魚家(京都)
kingyo

えっ!なんで石垣島に?飛騨高山から移築された古民家が異空間すぎ

石垣島の古民家の2軒目も地元の人に教えていただいたのですが
これが本当にすごかった!

もう「すごい」とかしか言えない語彙力もすごいわ・・・。

タイトルにもあるように、石垣島に飛騨高山から移築された古民家がある!
と地元の人から情報をもらいました。

今回訪れたのは、1週間滞在型の宿、Le Lotus Bleu(ル ロチュス ブルー)
Le Lotus Bleu シーサー
白保という地域にひっそりと建っていて、隠れ家的お宿。

みてください、この外観!石垣島にいるとは思えない・・・。
Le Lotus Bleu 外観
2012年にオープンしたこの宿は、もともと30年前に飛騨高山から移築してきてもの。
専門家によれば明治時代の商家の建物で、築100年強。以前は、工芸館として使われていました。
Le Lotus Bleu

DSC_1287
早速、中を拝見していきます〜
Le Lotus Bleu
もうね、飛騨高山にいる気分なんだけど、外は南国なんですよ笑
Le Lotus Bleu
そして、ここを運営しているのが、フランス人の旦那さんと日本人の奥さん。
なんで、ここで宿をやろうと思ったんだろう!?と興味津々。
Le Lotus Bleu
フランスと日本での生活をして、なんで石垣島に移住したんですか?という質問には
奥さんの麻依子さんは
「私、バリバリに働くサラリーマンだったんですけど、この物質社会、消費社会から抜けて全く違うライフスタイルに変えようと思ったんですよね」と、物質的に豊かになった日本なのに、人は本当に幸せに暮らしているだろうか?ということを考えたという。

自然の中で、心と体と環境に優しい生き方を強く望むようになり

〝家族がいつも一緒に仲良く健康に暮らし、自然と共存していけるように”と、あれこれと模索しながら、生活しています。

(ホームページから抜粋)

バリバリ働いたからこそ「そこには何もない」景色が広がっていたのではないでしょうか…

/////////////
もちろん、縁側もあります!ここが広縁で
Le Lotus Bleu 広縁
このあとが衝撃的!






なんと
Le Lotus Bleu ガラスの縁側
ガラスの縁側…!もともとここには縁側はなく、広縁から庭に行くには段差がありすぎるということで、作ったようなのですが、クリエイティブすぎる!

それも、涼しい〜。ひんやりする縁側初めて!こんなに感動した縁側は久しぶりです。
Le Lotus Bleu ガラスの縁側
日本家屋の良さを残しつつ、自分たちが「イケてる」姿(和洋折衷)に変えて快適に過ごせる。

2階が客室で、全6部屋。どの部屋も大きさが違い、なんと全室にシャワー、トイレ、クーラー、冷蔵庫、電子レンジ等の設備されているという。
外国では、旅はもっとのんびりとひとつの場所に長く滞在するスタイルが多いのに、日本ではそういうニーズに対応した宿はあまり多くないことから、快適性も重視。
宿泊費もリーズナブルで、1週間57,000円〜。

時間も、場所も、国も飛び越えたチャンプルー空間。

素敵でした!
最後はお二人と写真を。
ご夫婦とともに
来年の石垣島マラソンはここに泊まりたい。

Le Lotus Bleu

石垣市白保148
0980-87-5567

【鎌倉】週末だけにオープンする湘南ゲストハウス耳日

今回も、古民家好きの佐藤奈津美さんに紹介していただき、またまた鎌倉、材木座にあるゲストハウス
湘南ゲストハウス耳日に行ってきました〜
ゲストハウス亀時間もご近所さん)

2012年にオープンした耳日は、旅好きの夫婦が営んでいて、週末の金、土、日のみの営業。
繁忙期である夏は平日も営業するとか。
元々、お互いバックパッカーだったこともあり、ゆくゆくは人と人とをつなげる場所を作りたいと思って始めたゲストハウス。ご夫婦は平日は違うお仕事をされているそうで、週末だけの営業。
でも、普段働いていて週末はゲストハウスってすごいな〜。素晴らしい!

鎌倉駅から徒歩20分。せっせせっせと歩いて、たどり着く。(見逃したが)

耳日は、築40年の古民家を利用。比較的新しい。

耳日は、築40年の古民家を利用。比較的新しい。

左から開けろって言ってるのに、右から開けた私。日本語読めないのかよッ!と1人ツッコミ。

左から開けろって言ってるのに、右から開けた私。日本語読めないのかよッ!と1人ツッコミ。

チェックインは16時なので、撮影も含め早めのチェックイン。

ここでゲストたちと交流

ここでゲストたちと交流


と思いきや、宿泊者は私1人だけ!
そして、縁側の撮影することを事前に話していたのですが…ご好意で和室に変更してくれました(´;ω;`)
この部屋に1人って贅沢なんだ

この部屋に1人ってなんて贅沢なんだ


早速、撮影を開始すると、ご夫婦の息子さんがハイハイして部屋までやってきたヽ(・∀・*)ノ
カメラが気になるご様子

カメラが気になるご様子


超癒しでしたわ。

湘南ゲストハウス耳日 縁側

湘南ゲストハウス耳日 縁側

湘南ゲストハウス耳日 縁側

湘南ゲストハウス耳日 縁側
夏は海からの風が最高だろうな〜。ここで線香花火とかしたいね。

以下、ホームページから抜粋

夏は海からの風が気持ちよく抜けるので寝苦しい夜は数えるほどかと思います。
 (私たち夫婦は扇風機さえも使いません)

やっぱりー!
夏も行きたいなぁ。いろんな人と出会えそう^^

冬はこの部屋超寒いんで、基本的に部屋にこもって何かすることはできないでしょう笑
湯たんぽを用意してくれたのですが、暖房なくても布団の中が温かくなってぐっすり。

今度は夏に行きまーす!



あ、そして、恒例。縁側に座った写真撮ってもらっちゃいました(`・ω・´)
湘南ゲストハウス耳日 縁側

湘南ゲストハウス耳日

〒248-0013
神奈川県鎌倉市材木座5-11-23
ドミトリー
【男女混合 、女性専用】
3500円
和室(6畳)
1名 7,600円
2名 4,800円/人
3名 4,000円/人

【鎌倉】ゆったりとした時間を過ごしたいなら「亀時間」

今回は、古民家好きの佐藤奈津美さんに教えてもらった
鎌倉にあるゲストハウス「亀時間」に泊まってきました。

「亀時間」は“鎌倉の暮らしを亀時間で旅する宿”をコンセプトにしたゲストハウスです。鎌倉時代に港町として栄えた材木座に、宮大工によって建てられた築88年の歴史を持つ古民家をゲストハウスに改装しました。材木座商店街は魚屋さん、酒屋さん、お米屋さん、八百屋さんなど古くからの個人商店が残り、コンビニはありません。鎌倉の中でも特にゆるりとした時間が流れています。

材木座は小さい頃よく行っていたので、久しぶりの材木座!と思って鎌倉駅から20分かけて歩いてきたけど、思ったより懐かしさが蘇らなくて(´・ω・`)

やはり鎌倉駅周辺とは違い、鎌倉に暮らしている人たちを垣間見える。

お!あれかな?
古民家ゲストハウス 亀時間 外観
亀時間に到着!早めの15時半にチェックイン。
古民家ゲストハウス 亀時間 外観
今までの古民家でこういう玄関をみたのは初めてかも!
古民家ゲストハウス 亀時間 玄関
夏はここで花火とかしたい(できるのかは別)
古民家ゲストハウス 亀時間 縁側
リノベーションする前は、ステーキハウスだったみたいで、食器やフライパンなど残ったまま空き家になっていたらしい。週末はカフェとしても利用できる。月に2回だけBarになったり。
古民家ゲストハウス 亀時間 カフェスペース
入るとそこには縁側が…!
古民家ゲストハウス 亀時間 縁側
入り口で料金を支払い、部屋へと案内される。
この日はおそらく2人しか泊まってなくて、男女混合ドミトリーということを夜まで忘れていた笑

この右に8畳部屋がある

この右に8畳部屋がある


古民家ゲストハウス 亀時間 カフェスペース
さて、鎌倉中心部で唯一残っている銭湯にでも行くか!
と思ったら、その日は休み・・・。
フリースペースで自由な時間を過ごすことに。
本当に時間の流れが遅く感じた

本当に時間の流れが遅く感じた


亀時間から抜粋

ゆっくりとした時間の中にこそ大切なことがあると、宿泊するお客さまに感じてもらえるように。大量生産と大量消費が良しとされた前世紀的なやり方ではなく、今あるものを大事に使い、すべてが循環する社会になるように。

よく沖縄にいくと、時間の流れが遅いなんて言われているけど
こういうところに来るだけでもゆっくりできるな、と思う。

おかげで私は9時に就寝。
部屋にいた人もびっくりだったろうな笑
もう寝るのかよ!みたいな。
それで7時半まで爆睡です。
いつもはテレビをみて過ごすけど、(かなりのテレビっ子)
時計もないし、本を読むくらいしかすることないから、なんか健康的!(寝過ぎではあるが)

ゲストハウスは基本的に食事は自分で買ってくるとか食べてくるとか、基本的にセルフサービス。
だけど、亀時間は朝ご飯500円を予約できる◎

手作り天然酵母パン二切れ、ゆで卵、寒い季節はスープ

手作り天然酵母パン二切れ、ゆで卵、寒い季節はスープ

朝ご飯を食べた後は、フリースペースで朝からまったり
古民家ゲストハウス 亀時間 カフェスペース

古民家だから寒いんだけど、ゆっくりとした時間を堪能できたかな。
縁側で何かをすることはできないけど、夏は縁側でのんびりできるのかしら?
ってかんじで夏になったらまた行ってみたい!

亀時間

〒248-0013
住所:神奈川県鎌倉市材木座3-17-21
TEL:0467-25-1166
チェックイン15:00
チェックアウト10:00
ドミトリー
・普通サイズ(4台):3,500円 身長が高い方でも安心の大きなベッドです。
・小さいサイズ(通称ドラえもんベッド 2台):3,200円
和室4.5畳
1泊9,000円
和室8畳
1泊16,000円

cafe kamejikan
土日祝祭日の12時〜16時半
亀時間BAR「ヨルカメ」
毎月第1、第3土曜日の19時〜22時

よみがえる、30年の空き家

瀬戸内海行ってきました!
ほぼ移動の弾丸旅……笑

今回は、毎年着物を着て古民家ゲストハウスをまわって年を越す
エンタメ(?)集団「栗毛」のみなさんたちと。

名古屋に8時集合で、佐島に着いたのは16時。
私は1時から夜行で移動だったので、12時間以上を車で過ごす笑

西村さんに案内され、汐見の家へ。

こういう玄関が好き。
瀬戸内海 佐島の汐見の家 玄関

瀬戸内海 佐島の汐見の家 玄関

DSC_0880

瀬戸内海 佐島の汐見の家 和室

瀬戸内海 佐島の汐見の家 和室と縁側

汐見の家 縁側 佐島

DSC_0897
寒い中、縁側でみかんを食べてもらいました笑
縁側でみかんを食べる着物美人
庭は雑草や木が生い茂っていて、綺麗にしたらとてもいい空間になること間違いないです。
縁側でみかんを食べる着物美人
夕日が綺麗だからみにいこう!ということで、港まで。
久しぶりに夕日が沈むのをみたな〜
瀬戸内海の夕日

縁側視察でしたが、オープン前ということで、どういう形で展開していけばいいか
私から意見も言わせて頂いたり……。

30年近く空き家だったので、手放す準備をしていた西村さん。
あとちょっとのところで、「これでいいのかな?」と思って手が止まったそうです。

その後、古民家を活用する方に会ったりしていくなかで
1日を通して、学生に家を紹介することがあった時

「家に誰もいなかった時とはまるで違って
家が生き生きしていて、なんだか蘇るのがわかって・・・
それがすごく嬉しかったの!」

「この家を活用していくなかで、家を博物館みたいにしたらと言われることがあるんだけど
家の良さ、というかああいうところって家が死んでいるかんじがするじゃない?」

「家がちょっと明るくなって生き生きしているのをみたら、
この家やご先祖様のためにも、人が出入りできるところにしたいなと思ったの。」

確かに、いい家なのに博物館だから人は出入りしているけれど、
そこで生活していないから、空気が違いますよね。
説明しがたいけど、とても共感しました。

30年近く空き家だったところがなぜこんなに保たれていたのか?
それは伯父さんが時々訪れ、メンテナンスは近隣の方に頼んでいたようです。
近隣住民との関係構築がないとできないことですよね。

春からはリノベーションをしていくようなのですが
オープンしたらまた行きたいところです。

しまなみ佐島 汐見の家

愛媛県越智郡上島町弓削佐島299
最寄り駅は新尾道駅

愛媛県古民家再生協会のブログ
佐島の家 改修 2014/12/2
http://s.ameblo.jp/kominka-ehime/entry-11959573487.html?frm_src=thumb_module
11/12の河原学園の現地調査の様子
http://s.ameblo.jp/kominka-ehime/entry-11951472282.html